Home / Apple / iPhone / iPhoneの文字入力をより便利にできる小技と設定

iPhoneの文字入力をより便利にできる小技と設定

Pocket

手帳

今回は、iPhoneの文字入力をより便利にできる小技と設定についてご紹介いたします。様々なアプリやウェブサービス、LINEやフェイスブック、インスタグラム、Twitter、メモ、ブログなど、iPhoneを毎日使う中で、誰もが文字入力を行います。

日々行う文字入力を少しでも快適にすることができれば、文字入力の速度も上がり時間短縮することができたり、ストレスなく長文を入力することができたりします。

今回、少しでも文字入力が快適に、便利に、入力できるようになりテクニックや設定方法の変更について、下記のものを紹介していきます。

  • 日付や年数を簡単に入力できる方法
  • 時刻を簡単に入力する方法
  • 住所を簡単に入力する方法
  • アルファベットの連続大文字入力
  • ピリオドを素早く入力する方法
  • 大文字修正や自動修正をオフにする
  • 読めない漢字を入力できるようにする
  • ユーザー辞書を活用する

iPhoneヘビーユーザーの方も、これからiPhoneを使い始める予定の方も、毎日の文字入力に関わることですので、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの文字入力をより便利にできる小技と設定

より便利に入力していけるよう、いくつかのテクニックと設定について紹介していきます。

日付や年数を簡単に入力できる方法

文章入力をするなかで、日付を入力しないといけないことがよくあります。そんな時は◯月◯日など入力するのではなく、直近の日付であれば、【きょう】【あす】【きのう】【あさって】【しあさって】【おととい】などと入力することで、西暦や年号も含めた日付表記が変換部分に表示されます。

同じ要領で、文字入力の際に【ことし】【らいねん】【きょねん】【さくねん】【さらいねん】などど入力することで、西暦や年号表記が変換部分に表示されます。

時刻を簡単に入力する方法

文字入力の際に、3〜4桁の数字を入力するだけで、日付表記や時間表記が変換部分に表示されます。【522】と入力するだけで、5月23日、5/23、5:23、5時23分というような変換がでてきますので、より速く時刻や日付等を入力することができるようになります。

住所を簡単に入力する方法

文字入力の際に面倒に感じるのが、住所入力です。機会は少ないですが、入力する必要が有る場合は、面倒に感じてしまいます。

そんな時は、文字入力の際に郵便番号を入力することで、住所が変換部分に表示されます。郵便番号を入力する際はハイフン込みで入力する必要があります。これにより、大幅に速く入力を終えることができるようになります。

アルファベットの連続大文字入力

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneの非通知設定を解除しよう!ケース別非通知設定の解除法3つ

iPhoneは、非通知着信の拒 …

Facebookでのご購読が便利です