iPhoneの日本語入力を快適にするためのキーボードの設定方法

LINEで送る
Pocket

パソコン③

今回は、iPhoneの日本語入力を快適にするためのキーボードの設定方法についてご紹介いたします。メールやウェブ検索、メモ、アプリへの書込み、LINE、フェイスブック、インスタグラムなど、iPhoneを毎日使っていくなかで、どのアプリ、サービスを利用する際も文字入力が必要になってきます。

文字入力の中でも特に日本語入力を1番使います。この日本語入力が少しでも速く、快適で、スムーズに入力することができるようになれば、ストレスもなく、スピーディーに作業等をしていくことができるようになります。

今回は日本語入力をより快適に入力するためのキーボード設定方法として下記について紹介していきます。

  • 不要なキーボード設定を外す
  • フリック入力のみに設定する
  • 変換されないように設定する
  • ユーザー辞書を活用する
  • 遅い変換速度を元に戻す

ヘビーiPhoneユーザーの方も、これからiPhoneを使っていく予定の方も、毎日使うキーボードのことなので、知っている・知っていないに関わらず、ご覧ください。

スポンサーリンク

日本語入力を快適にするためのキーボードの設定方法

日本語入力を快適にするための方法を説明いたします。

不要なキーボード設定を外す

文字入力を快適にするために、まずは不要なキーボードの設定を外します。iPhoneには機種に関係なく【日本語ローマ字】【日本語かな】【英語】【絵文字】の4種類のキーボードが用意されています。

しかし、4種類のキーボードを必ず使う必要はなく、また、人によって使いやすいキーボードが分かれます。使わないキーボードが多いと毎回キーボードの種類を切り替えるのだけで面倒に感じてしまいます。そのため、使わない不要なキーボードを使わないようにすることで、より快適に日本語入力をしていくことができます。

まず、多くの人達が使うのが日本語です。日本語のキーボードは【日本語ローマ字】と【日本語かな】の2種類です。

【日本語ローマ字】はパソコンと同様の入力方法です。【日本語かな】はテンキー式の入力方法になります。

どちらを使うか決めたら、使わない方を設定で削除するようにしましょう。同様に【英語】や【絵文字】のキーボードも使わないものがあれば設定で削除しましょう。設定方法に関しては、ホーム画面の【設定】アイコンを開き、【一般】をタップします。

次の画面で【キーボード】をタップし、キーボードの画面になります。キーボードの画面では、【日本語かな】【日本語ローマ字】【英語】【絵文字】とキーボードの一覧が表示されています。削除したいキーボードは、右上の編集をタップし、削除していきます。

ここでキーボードを2つまでに絞り込んだ場合は、文字入力の際に、1タップでもキーボード切り替えができるようになります。

フリック入力のみに設定する

スマートフォンならではの入力方法であるフリック入力。フリック入力はタップしながら文字入力するのではなく、ボタンをフリックした方向の文字が入力されるため、高速入力をすることができる文字入力方法です。

iPhoneでは、日本語入力をフリック入力のみに絞ることができます。フリック入力のみに絞ることで、タップが無効になり、連続した文字を素早く入力していくことができます。フリック入力のみにするための設定方法は、ホーム画面の【設定】アイコンを開き、【一般】をタップします。

次の画面で【キーボード】をタップすると、キーボードの種類が表示された画面になります。そこで、【日本語かな】をタップします。次の画面で【フリックのみ】をONにすると、フリック入力のみの設定になります。

変換されないように設定する

iPhoneでは、英語で商品名などを入力すると自動で別の英単語に置き換わる場合や、1文字目が自動的に大文字に変わる場合があります。

こうなる原因は、英語のキーボードで文字入力する場合の入力補助機能によるものです。入力補助機能とは、入力し始めた文字から単語を予測し、その単語に置き換えることです。

日本語入力の際は、機能をOFFにしておくことでよりスムーズに文字入力していくことができます。設定方法は、ホーム画面の【設定】アイコンを開き、【一般】をタップし、【キーボード】を選択します。

【キーボード】の画面で【自動修正】をOFFにすれば設定完了です。さらに【自動大文字入力】をOFFにすれば、大文字に置き換わる機能も止めることができます。

ユーザー辞書を活用する

ユーザー辞書設定を活用することで、文字入力がスムーズに進みます。いつも入力する挨拶文や単語などがある場合は、ユーザー辞書に登録することで、文字入力の際にすぐに入力することができます。

ユーザー辞書への設定方法は、ホーム画面で【設定】アイコンを開き、【一般】をタップします。そして【キーボード】を開き、【キーボード】画面で、【ユーザー辞書】の【新規単語を追加】をタップします。

【単語】欄に定型文を入力し、【よみ】欄に定型文に変換する語句を入力します。完成したら右上の保存をタップします。登録した定型文を削除したい場合は、同じく【キーボード】の画面で、【編集】をタップし、削除したいものをタップし、削除します。

遅い変換速度を元に戻す

文字入力をしていると、やたら変換候補の表示に時間がかかる場合があります。これは、iPhoneを長く使っていくことで、発生する事象です。1度、iPhoneを再起動させてみましょう。

再起動後、文字入力の変換速度が元に戻っている場合もあれば、再起動後も変換速度は遅いままの場合もあります。遅い場合は、キーボードの変換用辞書を1度リセットさせましょう。リセットすることで、変換速度が元に戻る場合があります。

変換速度が遅いとどんなに早くフリック入力をしても、結果、入力が遅くなってしまいます。キーボードの変換用辞書のリセットの方法は、ホーム画面から【設定】アイコンを開きます。【一般】を選択し、【リセット】をタップします。リセットの画面で【キーボードの変換学習をリセット】をタップし、【辞書をリセット】をタップすると、リセットすることができます。

まとめ

今回、iPhoneの日本語入力を快適にするためのキーボードの設定方法についてご紹介いたしました。毎日使う文字入力に関しては、キーボード設定を変更するだけで、大幅に速く、快適に入力することができるようになります。

iPhoneでは4種類のキーボードがあり、4種類のキーボード全てを使い込んでいる人は少ないです。日本語入力に関してもローマ字入力とかな入力とがあり、かな入力でフリック入力している人が1番多いため、使わないキーボードを削除をすることで、キーボード切り替えの時間が短縮され、それだけで快適に入力できるようになります。

また、iPhoneを長く使っている人は、キーボードの変換学習機能がデータが溜まっていて変換速度が遅くなる場合がありますので、定期的にリセットしても良いでしょう。リセットすることで、初期化と一緒で、軽快な動きに戻ります。

意外にキーボード設定に関しては、iPhoneのヘビーユーザーの方でも知らなかったという方は多いので、今一度使っているiPhoneのキーボード設定を確認しても良いでしょう。また、これからiPhoneを利用される方は、最初に設定し、時間のロスがないようにしておくことが大事です。

多くの人は日本語かな、英語の2種類か、日本語かな、英語、絵文字の3種類で普段の文字入力は十分だと思います。ちょっとしたことですが、自分にストレスを溜めないためにもこの機会に確認・変更をしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です