Home / iPhone / もう失敗しない!iPhoneメールの種類と3つの引き継ぎ方法

もう失敗しない!iPhoneメールの種類と3つの引き継ぎ方法

Pocket

iPhoneから新しいiPhoneへ機種変更を行う際、気なるのはデータの移行です。その中でも特に気になるのは、やはりiPhoneメールの引き継ぎではないでしょうか。

iPhoneのメール機能は私用だけでなく、仕事のメールとしても利用している方が多いため、iPhoneメールの引き継ぎが失敗してしまうと大きな痛手となります。

そこでこの記事では、iPhoneメールの引き継ぎに失敗しないための確実なiPhoneメールの引き継ぎ方法をご紹介します。

iPhoneで使える4種のメール

iPhoneで使えるメールには、どんなものがあるのでしょうか。

ここでは、iPhoneで利用できるメールの種類とその特徴をご紹介します。

1. キャリアメール

まずは、契約した携帯電話会社で発行される「@docomo.ne.jp」のようなキャリアメールがあります。

こちらは基本的に、キャリアで取り扱われているiPhoneのプロファイルをインストールすることで利用することが可能となります。

キャリアメールの場合はiPhoneの「メッセージ」ではなく「メール」で利用することが可能となります。

キャリアでiPhoneを契約した方であれば利用している方も多いスタンダードなメールです。

2. iCloudメール

iPhoneには、iCloudメールというメールも挙げられます。こちらはiPhoneを利用する際に設定するiCloudから発行されるメールアドレスで、Apple IDに紐付けて登録している方も多いメールです。

iPhoneだけでなくiPadやMacとメールが同期されるため、パソコンで送受信したメールの内容をiPhoneで確認したり、その逆を行うことも可能です。

3. SMS/MMSメッセージ

基本的に電話番号宛に送受信を行うSMS/MMSは、iPhoneの「メール」ではなく「メッセージ」でやり取りを行います。

SMSの場合は電話番号さえ知っていれば連絡を取り合うことが可能となっているため、SNSアカウントやメールアドレスを知らなくてもメッセージの送受信を行うことができます。

4. フリーメール

フリーメールとは、Yahoo!メールやGmailのようにパソコンでもスマホでも使えるメールアドレスのことを指します。

こちらに関してはiPhoneのメールアプリではなく専用のアプリが存在しているケースが多く、iPhoneの機種変更をしてもアカウント情報を入力してログインすれば、特に移行作業を行う必要がありません。

ほとんどのOSを問わずログインするだけでメールを管理することができ、一人で複数のメールアドレスを所有することができるため利用者も増えています。

次ページ:メールを引き継ぐ前に!3つのバックアップ方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

使いこなそう!iPhoneの電卓の知られざる機能4選

ショートカットからでも使える便 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です