iPhoneで緊急地震速報を受信するための設定方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneは緊急地震速報および災害・避難情報等の緊急速報の受信に対応しています。いざというときに、事前に心構えをして冷静に対処できるように、緊急速報の受信設定をしっかりと行っておきましょう。

本稿ではiPhoneで緊急速報を受信するための設定方法について説明します。

スポンサーリンク

緊急地震速報とは

地震が発生すると、揺れが波となって伝わっていきます。この地震波はP波とS波の2種類あり、速く伝わるのはP坡ですが、強い揺れを起こすのは後から伝わってくるS波です。この時間差を利用して、P波を検知した段階で警報を発するのが緊急地震速報です。

緊急地震速報は気象庁が配信しています。携帯電話キャリアは緊急地震速報を受けると、それを当該地域の携帯電話に向けて一斉に配信する仕組みになっています。

緊急速報を受信する

iPhoneで緊急速報を受信できるようにするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。

01-launch-settings-app

2. 「通知」をタップしてください。

02-tap-notification

3. 通知設定画面の一番下にある「緊急速報」を有効にしてください。

03-turn-on-emergency-alerts

これでiPhoneが緊急速報を受信するように設定できます。

以前にこの設定を有効にしたことがあるひとも、何かの拍子に無効になっていないかをもう一度確認してみてください。

災害情報Twitterアカウントをフォローする

緊急速報の受信以外にも、Twitter等で国や自治体が流している災害情報を得ることも可能です。災害情報を発信している代表的なTwitterアカウントには、以下のようなものがあります。

@TwitterLifeline
@Kantei_Saigai

上記以外にも、居住地域など関係地域自治体のアカウントでも災害情報がツイートされるので、あわせてフォローしておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneで緊急速報を受信するための設定方法について説明しました。いざというときに備えてこの設定をしっかりと確認しておきましょう。

あわせて災害情報を流してくれるTwitterアカウントを紹介しました。事後にも継続して情報を得るために、それらアカウントのフォローを検討してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です