iTunesの音楽をiPhoneと同期する方法

LINEで送る
Pocket

iTunesは、Mac やWindows PC にインストールして利用するアプリの一つです。音楽や動画などさまざまなメディアを保存、管理することが出来る便利なアプリです。また、iPhone などのデバイスを接続すれば、自動的にデータの同期を取る機能があり、管理が非常に便利になります。

Mac や PC を持っている方は、iTunes をインストールして、ご自身の iPhone と同期を取り、音楽データを便利に利用することを検討してみて下さい。

スポンサーリンク

iTunesをインストールします

iTunes は、先に書いたように Mac や Windows PC にインストールして利用します。こちらのアップルの iTunes ページの [ダウンロード] からダウンロード、インストールすることが出来ます。OS は自動判別するので、表示されたページからインストールを進めれば問題ありません。
http://www.apple.com/jp/itunes/

iPhone をつなぎましょう

CW_151111_001
iTunes をインストールしたMac/PC とiPhone をつなぎましょう。利用するのはUSBケーブルです。付属のケーブルで問題ありません。ケーブルを接続すると次の画面のようなメッセージがでて、iPhone との接続を開始します。画面の指示に従ってiPhone とiTunes との同期を進めて下さい。

同期の設定をします

CW_151111_002

同期が完了すると、赤く囲んだ画面上部の携帯のマークをクリックすると画面のような自分の名前のiPhone の情報が表示されます。一番下のメニューに同期のオプションが表示されますので、適切なメニューを選択して下さい。

wi-fiでの接続

[オプション] メニューの2番目に [wi-fi 経由でこのiPhone と同期] があります。これにチェックを入れれば、設定後 wi-fi での接続が可能となります。ただし、次の条件がそろっている必要があります。

  1. iPhone が電源に接続されている。
  2. コンピュータ上で iTunes が起動している。
  3. iPhone とコンピュータが同じ Wi-Fi ネットワーク上にある。

同期する内容の設定

次に、左側にあるメニューの [ミュージック] をクリックすると次の画面のようにさまざまな選択が可能となります。

CW_151111_003

一番上部の [ミュージックライブラリ全体] を選択すれば、他の項目はグレーアウトします。すべての音楽ファイルが同期されることになります。[選択してプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル] を選択すると、それぞれの項目で同期するかしないかを選択出来ます。

接続がうまくいかない場合

ケーブルを接続してもうまく接続が進まない場合は、いくつかの原因が考えられます。詳細は、アップルの iTunes のページを見ていただければ記載があります。こうしたトラブル対策で一番大切なことは、OS やアプリを最新の状態にしておくことです。

いつでもどこででも

iPhone はもともと音楽を高音質に再生するように設計されています。従って、音楽プレーヤーとしても優秀です。

一方、iTunes は、MacやPC に音楽データを保存し管理することの出来る便利なアプリです。iTunes を利用して同期を取っておけばバックアップにもなります。iPhone を買い換えたときなども iTunes と改めて同期設定をすれば、すぐに元の情報が iPhone にコピーされるわけです。せっかく整理したプレイリストなども元に戻りますので、是非有効に活用してiPhone とミュージックライフを楽しんで下さい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です