iPhoneをバックアップから復元する方法

LINEで送る
Pocket

34a79187d3044e90a1e2c6405a1fb582_s

今回は、iPhoneをバックアップから復元する方法について紹介いたします。iPhoneを初期化した際や、機種変更した際などに、バックアップから復元する必要があることがあります。バックアップからの復元は比較的簡単な方法でおこなうことができますので、iPhoneを使い始めて間もない方や、復元が必要な方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

iPhoneをバックアップから復元する方法

iPhoneをバックアップから復元する方法は大きく2つあり、iCloudのバックアップから復元する方法と、iTunesのバックアップから復元する方法があります。

iPhoneをiCloudのバックアップから復元する方法

iCloudのバックアップからiPhoneを復元したい場合は、iPhoneの初期設定の際に次の方法でおこないます。初期設定の「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。AppleIDとパスワードを入力し、iCloudにサインインをおこないます。バックアップ一覧が表示されますので、バックアップした日付などを確認し、希望のバックアップデータを選ぶようにします。再度、AppleIDアカウントでサインインをします。

「iCloudから復元」という表示がされ、復元の進捗状況が画面に表示されますので、完了すればiCloudのバックアップから復元が完了します。写真や音楽などに関しては、バックアップの容量が大きい場合は、復元完了後にも時間をかけて復元しく場合があります。iCloudにバックアップを取っている場合は、この方法で復元をおこないます。

iPhoneをiTunesのバックアップから復元する方法

iTunesのバックアップからiPhoneを復元したい場合は、次の方法でおこないます。iTunesを起動します。パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」という表示がされますので、許可しそのまま進めていきます。iTunesの画面の「バックアップ」の欄から、「バックアップを復元」をクリックします。

バックアップをしているデータ一覧が表示されますので、日付などを確認し希望のバックアップを選択します。「復元」をクリックし、復元が完了するまで待ちます。同期が完了したら、iPhoneをパソコンとの接続から外します。iTunesにバックアップを取っている場合は、この方法で復元をおこないます。

iCloudでバックアップを作成する方法

iCloudを使ってiPhoneのバックアップを作成する場合は、次の方法でおこないます。設定アイコンを開き、iCloudを選択します。iCloudのメニューの中から「バックアップ」を選択し、「iCloudバックアップ」をオン設定にします。「iCloudバックアップを開始」という表示がでますので、「OK」を選択します。同じ画面にある「今すぐバックアップを作成」を選択するとバックアップが作成されます。

「今すぐバックアップを作成」の下にバックアップ時間が表示されれば、無事にバックアップを作成できたことが分かります。iCloudは、無料で5GBまで容量が使えるようになっています。5GB以上のデータのバックアップをおこなう場合は、容量を有料でアップグレードしなければいけません。アップグレードをおこなう方法は、設定アイコンからiCloudを選択し、容量を開きます。

「さらに容量を購入」もしくは「ストレージプランを変更」を選択すると、プランが一覧が表示されますので、希望のプランを選択します。50GBで月額130円、200GBで月額400円、1TBで月額1300円、2TBで月額2500円となっています。

「容量」の画面で「全ストレージ容量」「使用可能」データを確認することができますので、必要なプランに変更してみましょう。容量が足りない場合はアップグレードをおこなうか、写真や動画など容量の大きいもので不要なものを削除するなどおこなうようにしましょう。iCloudの画面で、バックアップをする項目を選ぶこともできます。

iTunesでバックアップを作成する方法

iTunesを使ってiPhoneのバックアップを作成する場合は、次の方法でおこないます。iTunesを起動し、メニューを開きます。メニューの中の設定をクリックします。設定画面が表示されますので、画面上部にあるアイコンの中から「デバイス」のアイコンを選択します。デバイスを選択した後に、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

USBケーブルを使ってパソコンとiPhoneを接続します。画面左のメニューから「概要」を選択し、「今すぐバックアップ」をクリックします。「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップ作成が始まり画面上部に進捗状況が表示されます。Appleのロゴマークが表示されたら、バックアップ作成が完了したことを表します。

バックアップが完了したら、バックアップがしっかりとされているかを確認します。メニューを開き設定を選択します。設定画面の「デバイス」をクリックし、「デバイスのバックアップ」欄でバックアップしたデータを確認することができます。

iTunesでバックアップしたデータを機種変更したiPhoneに移行する方法

iTunesでバックアップを取っていたデータを機種変更後のiPhoneに移行することができます。移行方法は次の通りです。移行できるデータに関しては、メールアカウントやボイスメモ、ビデオ、写真、メモ、カレンダー、連絡先などです。iTunesを起動し、編集を開きます設定を選択すると設定画面が表示されますので、「デバイス」を選択します。

「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れて進めます。iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、iPhoneのアイコンを選択します。「バックアップ」欄にある「バックアップを復元」を選択します。バックアップデータの一覧が表示されますので、日付などを確認し希望のバックアップを選択し「復元」をクリックします。

パソコンの画面に「新しいiPhoneへようこそ」と表示されますので、「このバックアップから復元」にチェックをし、バックアップデータを選び「続ける」をクリックします。復元の進捗状況が表示され、画面上部に「同期中」の表示がされます。画面上部がAppleのロゴマークに変われば同期完了です。簡単に機種変更した新しいiPhoneにデータを移行することができます。

まとめ

今回は、iPhoneをバックアップから復元する方法について紹介いたしました。iCloudからもiTunesからも、簡単な方法でバックアップを復元することができます。初期化や機種変更など、復元が必要な場合は、これらの方法でおこないましょう。

都度バックアップを取っておくようにもしましょう。復元ができるからといって、バックアップを全然取っていない場合はあまり意味がありません。iCloudでバックアップを取る場合は、都度自動バックアップで最新のデータを保存していくようにすると良いでしょう。特に新しくiPhoneを使い始めた方はぜひ、参考にしてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です