iPhoneで半角カナ入力をする方法

LINEで送る
Pocket

7271d26f801d3c2305d0a876bb7230f1_s

今回は、iPhoneで半角カナ入力をする方法について紹介いたします。iPhoneで文字入力をしている際に、半角カナが打てなくて困ったことはありませんか?LINEやTwitterなどでも、デフォルトの状態のiPhoneだと半角カナを入力することはできません。ここでは、iPhoneで半角カナを入力するための方法について解説しています。特に最近iPhoneを使い始めた方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneで半角カナを入力する方法

iPhoneでは、基本的に半角カナを入力することができません。半角カナを入力するには専用のキーボードアプリを使うか、専用サイトなどからコピペをするしか方法はありません。これらの方法について紹介します。

半角カタカナキーボードアプリを使って半角カナを入力できるようにする方法

半角カナ専用のアプリを使用することで、iPhoneで半角カナを入力することができるようになります。使用するアプリは「半角カタカナキーボード」です。半角カタカナキーボードアプリをiPhoneにインストールをし、設定アイコンを開きます。設定アイコンを開いたら、一般を選択し、キーボードを選びます。

キーボードの画面が表示されたら、一番上にある「キーボード」を選択し、「新しいキーボードを追加」を選択します。一覧が表示されますので、「半角カタカナ」を選択すれば、キーボードに追加されます。キーボードに追加した後は、文字入力中に、左下のアイコンを選択すれば、半角カタカナのキーボードに切り替えることができます。

これで、コピペしなくても半角カタカナを入力することができるようになります。「半角カタカナキーボード」のアプリを削除してしまうと、キーボードからも半角カタカナがなくなってしまいますので、注意が必要です。

半角カタカナキーボードアプリ

半角カタカナキーボードアプリを使うことで、iPhoneで半角カタカナの文章が打てるようになります。キーボードのカラーバリエーション好みに合わせて選ぶことができ、iPhoneのキーボードへの追加方法も簡単です。カーソルキーや半角スペース、全角スペースキーなどもあり、円滑に入力していくことが可能です。フリック入力もできますので非常に便利です。

ATOK for iOSアプリを使って半角カナを入力できるようにする方法

ATOK for iOSアプリを使用することにより、iPhoneでも半角カナを入力することができるようになります。iPhoneへのキーボード設定の方法は、半角カタカナキーボードアプリ同様です。

ATOK for iOSアプリは、簡単に日本語入力ができるように作られたキーボードアプリです。最新の時事用語にも対応しており、ミスタップも自動で修正をしてくれます。フリック入力だけでなく、フラワータッチ入力もできるため、長文もストレスなくスピーディーに入力していくことができます。大きめのiPhoneを使っている場合もキーボードの大きさを変更することができるため、指が届かない、ということがありません。

簡単にカーソル移動することができたり、MacやWindowsで登録した単語を簡単にiPhoneへ登録することができます。アプリから単語登録や定型文登録をおこないたい場合は、アプリを起動し「ツール」を選択します。ツール画面で単語一覧や定型文一覧から、登録したり既存の文を編集したりすることができます。

Simejiアプリを使う方法

Simejiアプリを使用することでも簡単に半角カナが入力できるようになります。Simejiアプリはキーボードの着せかえを好きな写真などを使って自由に設定することができ、5万個ほどの顔文字を使えます。スタンプも自分で作ることができる便利なキーボードアプリです。多くの機能が無料で使うことができ、キーボードに追加設定をすることで、半角カナも入力できるようになります。

コピペして半角カナを入力する方法

アプリを使わない半角カナの入力方法は、コピペするやり方があります。他のWebサイトや半角カタカナの一覧が掲載されているサイトなどからコピーして、文章に貼り付ける方法です。少し面倒に感じるやり方ですが、アプリを使わない方法だと、サイトからのコピペが1番有力な半角カナの入力方法になります。

iPhoneのキーボード入力を素早くスムーズにおこなう方法

ここでは、iPhoneの文字入力をよりスムーズにおこなえるようにする設定方法を紹介します。

使わないキーボードを外す

日頃あまり使用していないキーボードを設定で外すことで、よりスムーズに文字入力をすることができるようになります。キーボードの切り替えも少なくて済みますし、キーボードを外すことによりiPhone自体も軽くなり動きが早くなります。デフォルトの状態で、「日本語ローマ字」「日本語かな」「英語」「絵文字」の4種類のキーボードが設定されています。

使わないキーボードがあれば外してみましょう。特に「日本語ローマ字」と「日本語かな」の2つも日本語に関するキーボードは必要ない場合もあります。どちらか一方の日本語キーボードを中心に使用している場合は、もう一方のキーボードを外しても問題ないでしょう。

キーボードを外す設定は、設定アイコンを開いて一般を選択します。キーボードを選択し、もう1度キーボードをタップします。「日本語ローマ字」「日本語かな」「英語」「絵文字」が一覧に表示されていますので、画面右上の「編集」をタップし、削除したいキーボードを削除していきましょう。

入力方法をフリック入力のみに絞る

キーボードの設定によって、文字入力方法をフリック入力だけに絞ることもできます。フリック入力のみにすると日本語入力のみがフリック対応になります。フリックのみにすることで、日本語入力がすべてフリックとなり、意識的にもスピードを上げて入力していくことが可能になります。

日本語入力をフリックのみにしたい場合は、設定アイコンを開き、一般を選択し、キーボードを開きます。「かな」の欄の「フリックのみ」をオン設定にすることで、フリック入力のみに絞ることができます。

辞書を上手く活用する

iPhoneにはユーザー辞書が備わっており、頻繁に入力するような内容であれば、事前に登録をしておくことができます。ユーザー辞書に文章などを登録する方法は、設定アイコンを開き、一般を選択し、キーボードを開きます。

「ユーザー辞書」とありますので選択をし、画面右上の+マークをタップすることで新規追加をすることができます。「よみ」を入力することで、登録していた「単語」に変換されますので、普段からよく使う文言に関しては、たくさん登録をしておくことで、文字入力をより素早くしてくことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、iPhoneで半角カナ入力をする方法について紹介いたしました。iPhoneでは半角カナを入力することはできませんが、専用のキーボードアプリを使用すれば、簡単に入力することができるようになります。

アプリのキーボード追加方法も簡単ですので、アプリをインストールすればすぐに使えるようになります。半角カタカナの専用サイトなどからコピペする方法もありますが、かなり面倒ですので、半角カナを入力できるようにしたい場合は、キーボードアプリを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です