iPhoneの画面録画を行う方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneの画面に映っている内容を録画したいと思ったことはありませんか?

近年ではゲームプレイを実況して動画にする「実況プレイ」が流行しており、iPhone用ゲームもその例外ではありません。またゲームに限らず、iPhone用のアプリケーションを解説/レビューするとき、操作内容を動画にすると解りやすく伝えられます。

本稿ではiPhoneの画面録画を行う方法を説明します。

スポンサーリンク

QuickTime Playerで画面録画を行う

QuickTime Playerで画面録画する場合に必要な機材は、

– Mac
– iPhone等のiOS端末
– Lightningケーブル

の3つです。特別なアプリケーションは必要なく、Macに最初からインストールされている「QuickTime Player」を用います。MacユーザかつiPhoneユーザであれば、追加投資の必要なく画面録画を行えます。

MacでiPhoneの画面録画を行うには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. iPhoneをMacに接続してください。
2. MacでQuickTime Playerを起動してください。QuickTime Playerは「アプリケーション」フォルダの中にあります。Spotlightで「QuickTime Player」と検索して起動することも可能です。
3. メニューバーの「ファイル」から「新規ムービー収録」を選択してください。

01-quicktime-movie-recording

4. 「ムービー収録」ウィンドウ内にマウスカーソルを入れてください。録画ボタンや音量調整スライダーなどのコントローラが表示されます。録画ボタン横の「⌄」をクリックしてメニューを表示し、「カメラ」と「マイク」両方で接続したiPhoneの名前を選択してください。

02-quicktime-window

5. 「ムービー収録」のウィンドウにiPhoneの画面が表示され、iPhoneで再生される音がMacから鳴るようになります。この状態でiPhoneを操作すると、MacのQuickTime Playerのウィンドウに同期されるようになっています。
6. 録画ボタンをクリックしてください。
7. 録画を終えるときは停止ボタンをクリックしてください。
8. メニューバーの「ファイル」から「保存…」を選択して録画した動画を保存します。

03-quicktime-save

上記の手法で画面録画したものが以下になります(サイズの縮小とmp4形式へのエンコーディングを行っています)。

映像の乱れや音ズレもなく、良好な画面録画が行えています。

Reflectorで画面録画する

Reflector」というアプリケーションを用いると、LightningケーブルでMacと接続することなくワイヤレスで画面録画を行えます。また、MacとWindowsに両対応しているので、Windowsユーザも画面録画を行えます。

ReflectorはiOSの「AirPlay」という機能を利用します。これはiPhoneから音声や動画をApple TV等のAirPlay対応端末にストリーミング配信する機能です。ReflectorはMac/Windows PCをAirPlay対応させ、さらに受信した映像を録画する機能を持ちます。

Reflectorを用いてワイヤレスで画面録画するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. ReflectorをMac/Windows PCで起動してください。
2. iPhoneでコントロールセンターを表示してください。コントロールセンターは画面下辺から上スワイプで表示できます。
3. コントロールセンターから「AirPlay」をタップしてください。

05-tap-airplay

4. AirPlayのストリーミング先が表示されるので、Reflectorを起動しているMac/Windows PCをタップし、「ミラーリング」のスイッチを有効にしてください。

06-turn-on-mirroring

5. 「完了」をタップしてください。
6. Mac/Windows PCにiPhoneの画面が表示されます。
7. 録画を開始するにはReflectorで「Record」をクリックしてください。
8. 録画を停止するにはReflectorで「Stop」をクリックしてください。
9. 録画を停止すると動画ファイルが作成されます。

Reflectorは有償のアプリケーションですが7日間の試用が可能です。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneの画面録画を行う方法として、MacでQuickTime Playerを用いる方法と、Reflectorを使う方法を紹介しました。

Macユーザであれば追加投資が必要ないQuickTime Playerを使う方法を、WindowsユーザであればReflectorを使う方法を検討してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です