Home / iPhone / iPhoneで画面キャプチャを実行する方法

iPhoneで画面キャプチャを実行する方法

Pocket

iPhoneは画面キャプチャ(スクリーンショット)が簡単に撮れますが、これは静止画に限った話です。動画のスクリーンショットはiPhoneの標準機能では撮影することができないため、動画の画面キャプチャをする場合には準備が必要です。

しかし、自分がゲームなどをプレイしている様子をSNSにアップしたい時や、操作方法を動画で説明したい時など、動画の画面キャプチャを撮影できると便利ですよね。

本記事では、iPhoneで画面キャプチャを撮影する方法についてご紹介します。静止画は簡単に撮れますので、動画撮影を中心に話を進めます。

スポンサーリンク

画像のスクリーンショット

通常

これは有名ですので詳細は説明いたしませんが、スリープボタン+ホームボタンで撮れます。写真アプリの「スクリーンショット」に勝手に保存されます。ホームボタンを先に押すとSiriが起動したりしますので、スリープボタン→ホームボタンの順で押すとうまくいきます。カメラアプリと同じでシャッター音がしますので、場所は選びましょう。

音なし

iOS10になってからというもの、スクリーンショットも含め、カメラのシャッター音が大きくなって困りものです。iOSを10.2にアップグレードすると、スクリーンショットに限りシャッター音を消せます(設定が必要です)。

動画のスクリーンショット

Macを使用できる方

Macを使える環境でしたら、MacとiPhoneをLightningケーブルで繋げば、「QuickTime Player」を使って、簡単に動画スクリーンショットを撮れます。ただし、MacにOS X 10.10以上がインストールされていることが条件です。筆者はMacを持っていませんので詳細手順のご紹介はできません。こちらをご覧ください。
Mac – iPhone/iPad のキャプチャ動画を撮影 – QuickTime Player

Windowsの場合

Windowsパソコンを使う場合は、”Reflector2″というWindowsソフトが便利です。
Reflector2
この手のソフトは他にもありますが、Reflector2の良いところは「USB接続のみでも繋がってしまう」ところです。もちろん、Wi-Fi経由でも可能です。方法が二つあるのはありがたい話です。

準備

・【パソコン側】Reflector2をインストール
・【iPhone側】「設定」→「インターネット共有」をオン

使用

1.Reflector2を起動、タスクバー右下からReflector2を出します。

ref1

2.iPhoneをUSB接続し、「AirPlayミラーリング」をオン、パソコン名をタップします。

ref2

これだけでパソコン上にiPhoneの様子が映し出されます。こんな感じです。もちろん、iPhoneを操作すればパソコン側の画面も追従します。なお、iPhoneの外枠形状は実際に接続している機種に合わせてくるようで、筆者の場合は勝手にSEを設定してくれてました(無しにすることもできます)。また、実機のカラーバリエーションからカラーを選べます。

この例では、壁紙の桜に合わせてローズゴールドにしてみました。こういうちょっとした遊びができるのも、このアプリの良いところです!

0

「レコーディング」ボタンを押せば録画も可能です。下記は実際に録画したものです(画質はかなり落としています)。ライセンスを購入すれば、ど真ん中の”Reflector2″の広告はおそらく消えると思います。ただし、フリー版は7日間のみのトライアル試用となっており、継続使用するにはライセンス購入が必要です。

iPhoneのみで完結する方法

1 2

スポンサーリンク

Check Also

iphone, hk

初心者必見!iOSアプリ開発で知っておくべきポイントと費用

iosのアプリ開発って、一握り …

Facebookでのご購読が便利です