iPhoneで画面キャプチャを実行する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneは画面キャプチャ(スクリーンショット)が簡単に撮れますが、これは静止画に限った話です。動画のスクリーンショットはiPhoneの標準機能では撮影することができないため、動画の画面キャプチャをする場合には準備が必要です。

しかし、自分がゲームなどをプレイしている様子をSNSにアップしたい時や、操作方法を動画で説明したい時など、動画の画面キャプチャを撮影できると便利ですよね。

本記事では、iPhoneで画面キャプチャを撮影する方法についてご紹介します。静止画は簡単に撮れますので、動画撮影を中心に話を進めます。

スポンサーリンク

画像のスクリーンショット

通常

これは有名ですので詳細は説明いたしませんが、スリープボタン+ホームボタンで撮れます。写真アプリの「スクリーンショット」に勝手に保存されます。ホームボタンを先に押すとSiriが起動したりしますので、スリープボタン→ホームボタンの順で押すとうまくいきます。カメラアプリと同じでシャッター音がしますので、場所は選びましょう。

音なし

iOS10になってからというもの、スクリーンショットも含め、カメラのシャッター音が大きくなって困りものです。iOSを10.2にアップグレードすると、スクリーンショットに限りシャッター音を消せます(設定が必要です)。

動画のスクリーンショット

Macを使用できる方

Macを使える環境でしたら、MacとiPhoneをLightningケーブルで繋げば、「QuickTime Player」を使って、簡単に動画スクリーンショットを撮れます。ただし、MacにOS X 10.10以上がインストールされていることが条件です。筆者はMacを持っていませんので詳細手順のご紹介はできません。こちらをご覧ください。
Mac – iPhone/iPad のキャプチャ動画を撮影 – QuickTime Player

Windowsの場合

Windowsパソコンを使う場合は、”Reflector2″というWindowsソフトが便利です。
Reflector2
この手のソフトは他にもありますが、Reflector2の良いところは「USB接続のみでも繋がってしまう」ところです。もちろん、Wi-Fi経由でも可能です。方法が二つあるのはありがたい話です。

準備

・【パソコン側】Reflector2をインストール
・【iPhone側】「設定」→「インターネット共有」をオン

使用

1.Reflector2を起動、タスクバー右下からReflector2を出します。

ref1

2.iPhoneをUSB接続し、「AirPlayミラーリング」をオン、パソコン名をタップします。

ref2

これだけでパソコン上にiPhoneの様子が映し出されます。こんな感じです。もちろん、iPhoneを操作すればパソコン側の画面も追従します。なお、iPhoneの外枠形状は実際に接続している機種に合わせてくるようで、筆者の場合は勝手にSEを設定してくれてました(無しにすることもできます)。また、実機のカラーバリエーションからカラーを選べます。

この例では、壁紙の桜に合わせてローズゴールドにしてみました。こういうちょっとした遊びができるのも、このアプリの良いところです!

0

「レコーディング」ボタンを押せば録画も可能です。下記は実際に録画したものです(画質はかなり落としています)。ライセンスを購入すれば、ど真ん中の”Reflector2″の広告はおそらく消えると思います。ただし、フリー版は7日間のみのトライアル試用となっており、継続使用するにはライセンス購入が必要です。

iPhoneのみで完結する方法

パソコンを用意するのが億劫だとか、そもそもパソコンない・・・という方は、iPhoneのみで動画スクリーンショットを撮る方法がありますのでご紹介します。

AirShou

AirShouというアプリを導入すると、iPhone自身で動画スクリーンショットが撮れます。ただし、このアプリはApple公認ではありません(AppStoreで入手できません)。使用は自己責任でお願いします。

AirShouのインストール

AirShouはAppStoreにないため、いきなりインストールすることはできません。”TuTuHelper”というアプリを先にインストールする必要があります。説明が難しいですが、AirShouが置いてあるAppStoreのようなものと考えてください。

TuTuHelperのインストール

1.TutuHelperのサイトへ移動します。

パソコンから

1.TutuHelperのダウンロードページへ移動します。
2.ページを少し下ると、”You could download via…”のところにQRコードがありますのでiPhoneで読み取ります(アドレス直打ちが面倒でなければ、それでも問題ありません)。

iPhoneから

1.ブラウザで”TuTuHelper”と検索し、一番上の検索結果へジャンプします。この画面が出たら移動できています。
2.デフォルト画面は「VIP(有料)」となっています(画面左)ので、右側の”Regular”を選択し表示させた後(画面中央)、”Download Now”をタップし、「インストール」をタップします(画面右)。

tutu01

3.インストールが完了します。ホーム画面に”TuTuHelper”というウサギのアイコンが出ていれば成功です。

TuTuHelperからAirShouをインストール

1.(画面左)TuTuHelperのアイコンをいきなりタップしても、認証が済んでいないので起動しません。
2.(画面中央)「設定」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」を開き、”China General Technology…”をタップします。
3.(画面右)さらに”China…”タップします。

tutu02

4.(画面左)”China General Technology”を信頼します(「信頼」をタップ)。画面中央のようになれば完了です。
5.(画面右)これで、TuTuHelperを開けるようになります。最上段の”Search apps and games”をタップすると検索できます。

tutu03

AirShouのインストール

いよいよ、AirShouのインストールです。
1.TuTuHelperで”airshou”と入力し”Search”をタップします。この辺の操作はAppStoreと同じですね。
2.”Search”タップ後、しばらくするとAirShouが検索結果に現れますので”Get”をタップします(画面右)。

3.画面左のようなメッセージが出ても「OK」で問題ありません。3G回線でのダウンロードはサポートしてませんということなんだと思います。Wi-Fi環境下だと、このウインドウは出ないと思います。
4.「インストール」をタップします(画面中央)。
5.インジケータが100%になるとインストール完了です(画面右)。この辺もAppStoreと全然変わらないですね。

airshou02

AirShouも認証が必要です

AirShouも先ほどのTuTuHelperと同様、起動前の認証作業が必要です。手順は同じですので詳細は割愛します。キャプチャを貼り付けますのでご覧ください。AirShouの製造元(West Air Co.,Ltd)を信頼する作業になります。

airshou03

これでやっと、AirShouが使えるようになりました。

AirShouで動画スクリーンショットを撮る

1.AirShouを起動します。
2.起動画面で”Agree”をタップします(画面左)。
【注意】初回起動時のみ、画面中央のメッセージが出ます。「最新バージョン入手のため、私たちをSNSでフォローすべし」みたいな内容です。筆者はひとまずTwitterを選びました。未確認ですが、どれも選ばない場合はメールアドレス等の登録を促されるかも知れません。画面右の状態になったら、「録画」をタップしてください。

airshou04

3.録画の前に、画面の方向や解像度を決めることができますので各々タップして設定します(画面左)。設定が済んだら、「次のステップ」をタップします。
4.中央の画面になったら、「コントロールセンター」を下方よりスワイプして引き出します。この操作ですが、アプリが促すことはないので忘れないようにしましょう。
5.コントロールセンターが出てきたら、「AirPlayミラーリング」をタップします(画面右)。

airshou05

6.(画面左)「AirPlayミラーリング」の表示が出てきたら、”AirShou(○○のiPhone)”をタップします。
7.(画面中央)しばらくすると、裏で「録画中」に変わり、録画が始まります。撮りたいアプリなどを起動して普通に操作してください。
8.(画面右)撮り終わったら、中央の「中止」をタップします。

airshou06

9.(画面左)撮った動画を保存します。ちょっとわかりにくいのですが、右上のアイコンをタップします。
10.(画面左)保存する動画を選択します。上へ行くほど新しいものとなっています。
11.(画面右)保存先を選択します。ひとまず「写真に保存」にします。ちょっとわかりにくいですが、写真アプリに保存という意味です。

airshou07

これでやっと、動画スクリーンショットが撮れました。こんな感じです。画質はかなり落としています。

まとめ

iPhoneで画面キャプチャを実行する方法についてご紹介しました。
静止画は何も難しくありませんが、動画スクリーンショットの撮影は少々苦労します。パソコンを併用する方法、iPhoneのみで可能な方法の二通りがありますが、iPhoneのみでできる方法のほうが需要が高いと思いましたので、詳しく説明いたしました。
AirShouについて、以前はTuTuHelper経由じゃなくても直接ダウンロードできたようです。ネット上でもそのやり方をよく見かけますが、2017年1月現在は上記の通りで、TuTuHelperの導入が必要ですのでご注意ください。

Reflector2の方は、iPhoneの様子をプロジェクタに大写しにして操作方法の説明をする、といったプレゼン向きかも知れません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です