Home / iPhone / iPhone用保護フィルムの選び方

iPhone用保護フィルムの選び方

Pocket

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

今回は、iPhone用保護フィルムの選び方について紹介いたします。

iPhoneの液晶を衝撃から守るため、また、よりiPhoneを使いやすくするために、様々な保護フィルムが販売されています。

今回は、それら保護フィルムを選ぶ際に気をつけることを中心に紹介しています。また、おすすめの保護フィルムも紹介していますので、興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

フィルムの種類で選ぶ

光沢タイプ保護フィルム

光沢タイプの保護フィルムは、1番ベーシックなiPhoneの保護フォルムの種類です。iPhoneの画面がよりキレイで鮮明に見えるようになります。画面タッチの感触もよく、反応も良いです。

iPhoneの画面を鮮やかに見えるようすることができる反面、外の明るい場所では光が反射してまぶしく画面が見づらくなる場合があります。

反射防止する保護フィルム

反射防止するタイプの保護フィルムは、若干くもっています。iPhoneの画面も通常の画面より若干暗めに見えます。

その代わり、外で見る時に明るい場所でも光が反射することが少なく、キレイに画面を見ることができます。

光沢タイプの保護フィルムと全く真逆の性質になります。外出先でよくiPhoneを使う場合に、使える種類の保護フィルムです。

のぞき見防止の保護フィルム

のぞき見防止タイプの保護フィルムは、人がたくさんいるような場所でiPhoneを良く使う人におすすめの保護フィルムです。

iPhoneを使う時のように、正面から見る場合は通常通り何ら影響なく画面を見ることができますが、正面以外から見る場合は、画面が真っ黒に見えるようになります。

通勤・通学時などにiPhoneを使う際に周りからののぞき見などが心配な場合におすすめの保護フィルムです。

また、周りから見られたくないプライベートに関する内容のやり取りやビジネスのやり取りなどを頻繁にiPhoneでおこなう人にもおすすめです。

ブルーライトカットの保護フィルム

ブルーライトカットタイプの保護フィルムは、iPhoneの画面から発せられるブルーライトをしっかりとカットしてくれます。

パソコンやiPhoneなどの画面から発せられ、目にも悪いため、ブルーライトカットのメガネなど製品がたくさん販売されていますが、iPhoneの保護フィルムにもブルーライトカットタイプがあります。

iPhoneを長時間使うことがクセになっている人は、知らない内に目が疲れ、全身の疲れへと広がってしまいます。

健康的にiPhoneを使っていくためにもブルーライトカットの保護フィルムを使うと良いでしょう。

耐衝撃の保護フィルム

耐衝撃の保護フィルムは、フィルムを貼るだけで、衝撃からiPhoneの画面を守ることができます。

iPhoneを落としたらさすがに画面が割れてしまいますが、iPhoneを使っていてのちょっとした衝撃であれば、画面を傷などから守ります。

指紋防止の保護フィルム

指紋防止の保護フィルムは、iPhoneに貼るだけで指紋がつかなくなり、画面をいつまでもキレイに見ることができます。シートの表面に特殊な加工がしてあり、指紋を防ぐことができます。

通常、何も画面に貼らないとすぐに指紋がついてしまい、画面が見づらくなってしまいますし、iPhoneの画面を消したときに指紋がとても目立ってしまいます。

指紋防止の保護フィルムを貼ることで簡単に指紋のつきをカットすることができ、iPhoneの画面をキレイに保つことができます。

指紋のついている画面などが苦手な方におすすめの保護フィルムです。また、指紋防止の保護フィルムを貼ることで、女性のファンデーションなども画面につきずらくなりますので、女性の方にもおすすめです。

気泡防止の保護フィルム

気泡防止の保護フィルムをiPhoneに貼ることにより、フィルムと画面の間に気泡が入りにくくなります。

また、iPhoneを使っている途中でフィルム内に気泡が入る場合などもありますが、それも防ぐことができます。

気泡などが少しでもあると気になってしまう方におすすめの保護フィルムです。

素材で選ぶ

保護フィルムには大きく2つの素材があります。強化ガラスとプラスチックのフィルムです。強化ガラスは衝撃に強いのが特徴です。

しかしその分値段が高かったりします。また、プラスチックタイプの方は軽くて柔軟性があり操作しやすいのが特徴です。

多くのフィルムに使われていて値段は安めの設定のものが多いです。プラスチックにするか強化ガラスにするか選ぶようにしましょう。

おすすめのiPhone保護フィルム

ここでは、おすすめのiPhone保護フィルムを紹介していきます。

ラスタバナナ スーパーさらさら光沢フィルム

ラスタバナナのスーパーさらさら光沢フィルムは、値段が安く非常に操作がしやすい感触と光沢機能が特徴のiPhone保護フィルムです。

名前にある通り、画面が本当にさらさらで指滑りも良く、iPhoneの画面をキレイに映し出します。価格も700円程度と、非常にコストパフォーマンスに優れた商品です。

レイ・アウト 高硬度5H耐衝撃アクリルコートフィルム

レイ・アウト 高硬度5H耐衝撃アクリルコートフィルムは、光沢タイプとなっており、一般的なフィルムの3倍厚く作ることで、耐衝撃を高め、iPhoneの液晶を守ります。

滑らかな指滑りで使いやすく、指紋や皮脂などがつくのも防ぎます。柔軟で耐衝撃もあり、汚れもつくにくいiPhone保護フィルムです。

ドラゴントレイルX 強靭

なんと世界の中でも大手のガラスメーカーでもある旭硝子が開発したiPhone保護フィルムです。弾力性に優れた素材のため、衝撃にも強く、割れにくい素材となっています。

iPhoneの液晶部分全面をカバーするように作られているため、どんな傷からもiPhoneを守ることができます。

ELECOM PREMIUM GLASS

ELECOM PREMIUM GLASSは、リアルガラスを使用したフィルムのため、非常になめらかな滑りを実現します。

さらに、採用しているガラスは、iPhoneの液晶画面を同じ素材を使っています。引っかかりにくいようにラウンドタイプとなっており、指紋防止コーティングが施されています。

非常に丈夫なうえiPhoneの画面をクリアに見ることができる人気のELECOM PREMIUM GLASSです。

OAproda TEMPERED GLASS Screen Protector

iPhoneの画面よりも一周り小さいサイズとなっており、日本の特殊ガラスの素材を使用しています。傷がつきにくい強化ガラスとなっているため、iPhoneの液晶を衝撃から守ります。

指紋などもつきにくく、ついたとしても、簡単に拭き取ることができます。さらに、気泡防止にもなっているため、気泡が入りにくく、iPhoneをスムーズに操作することができます。

まるで、フィルムをつけていないかのような操作性を実現したOAproda TEMPERED GLASS Screen Protectorです。

まとめ

今回、iPhone用保護フィルムの選び方と、おすすめのiPhone保護フィルムを紹介いたしました。

保護フィルムを貼ることで、iPhoneの液晶を傷などから守り、より長く使っていけるようになります。

特に、室内でも室外でもiPhoneをよく使う人ほど、保護フィルムを使うようにしましょう!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

0e79d2f735c75500b69e7c29d8ec5f70_s

iPhoneの画面が録画できる!iOS11の便利な新機能「画面収録」をご紹介

iOS11から「画面収録」機能 …

Facebookでのご購読が便利です