Home / Microsoft / Excel / エクセルを使いこなす!iPhoneで閲覧・編集する方法

エクセルを使いこなす!iPhoneで閲覧・編集する方法

Pocket

エクセルと言われると、パソコンで使うソフトというイメージがあります。しかし、iPhoneでもエクセルファイルの閲覧だけではなく、ファイルの作成や編集も可能になっています。

パソコン版に使い慣れていると若干戸惑ってしまうこともあるかもしれませんが 出先でもエクセルファイルを編集することが出来る 明確なメリットも。正しい使い方を把握すれば、iPhoneでもエクセルを有効活用できます。

本記事では iPhoneのエクセルの使い方 そして パソコンと同期させる方法 について解説していきます。これまでパソコンでしか行えなかった作業を、iPhoneでもこなせれば日々の効率アップ間違いなしです。

スポンサーリンク

iPhone版エクセルについて

Microsoftが開発・販売している表計算ソフトのiPhone版となります。無料版でも使える機能は多く、大変有用なソフトになっています。

本項目では iPhoneでエクセルを使うために必要な手順 を解説していきます。

エクセルをインストールする

エクセルは App Store より無料でインストールできます。
Microsoft Excel App Storeはこちら

Microsoftアカウントを作成する

エクセルファイルの閲覧自体はMicrosoftアカウントがなくても可能です。それ以上の機能を使うためには、Microsoftアカウントを作る必要があります。アカウント作成も無料となっています。エクセルアプリを開くとアカウント作成が要求されますので作成しておきましょう

Microsoftアカウントは、パソコン側で作成しておくことも可能です。また、アカウントを作成する際にメールアドレスも必要になります。無料メールソフトである GmailYahoo!メール を使うのをおすすめします。

Microsoftアカウント作成手順

  1. Microsoftアカウントのサインインページ を開く
  2. 作成 をクリック
  3. または、既にお持ちのメールアドレスを使う をクリック
  4. メールを入力して 次へ をクリック
  5. パスワードを入力して 次へ をクリック
  6. 入力したメール宛に届いた 4桁のコード を入力して 次へ をクリック
  7. 画像認証の文字を入力して 次へ をクリック
  8. 問題ありません をクリック

無料版と有料版の違い

iPhone版エクセルは無料版と有料版があります。無料版でもほとんど重要な機能は使えるようになっています。

有料版で使える機能

  • ピボットテーブルのスタイルおよびレイアウトをカスタマイズする
  • 作成した色を図形に追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 影や反射のスタイルを画像に追加する
  • グラフ要素を追加および編集する

有料版で使える機能は以上のようになっています。エクセルファイルの作成・保存セルの編集や書式設定 など、エクセルで行いたい作業はほとんど無料版でも使えます。

iPhone版エクセルの使い方


iPhone版エクセルで使える基本的な操作をご紹介します。

エクセルファイルを閲覧する

エクセルファイルはファイルを開くだけで閲覧可能です。エクセルアプリや特別なアプリは不要となっています。

ただ、表がずれてしまったり見れなかったりする場合もあるようです。その際にはエクセルアプリをインストールすることで正しく表示・閲覧可能になります。

エクセルファイルを作成する

エクセルファイルを作成・編集するためには、Micorsoftアカウントにサインインしている必要があります。Micorsoftアカウントをお持ちでない方は、先にアカウント作成をしてください。

本項目では エクセルファイルの作成と編集方法テンプレート:空白のブック を例に挙げて解説していきます。

エクセルファイルを作成する

  1. 画面下部の 新規 をタップ
  2. 用意されているテンプレート一覧から 空白のブック をタップ

iPhone版エクセルで使える編集メニュー

ホームボタンをタップするとエクセルで使える編集メニューが表示されます。いずれも使用頻度の高い機能になっています。どのような機能が含まれているか、大まかに見ていきましょう

挿入

挿入は グラフ、画像、図形 など様々なものが使えるようになっています。この機能を使うことでグラフや図形をテンポよく組み込むことが可能になり、簡単操作による表作成を実現させています。

※無料版をご利用の場合、ピボットテーブルの新規挿入や行や列の入れ替えはできません。

数式

数式メニューからはエクセルに入っている関数を利用することができます。400種類以上の関数が導入されていますが、無料版でもほとんどのものが使えるようです。

操作も関数名をタップするだけで関数を入力できたり、iPhoneで使いやすいような作りになっています。

校閲

iPhone版ではコメント機能のみが使えるようになっています。スペルチェックやリサーチといった文章校生機能は使えません。

表示

表示メニューでは 数式バー、目盛線、見出し、シート見出しの表示切替え そして ウィンドウ枠、先頭行、先頭列の固定 の設定が使えます。

パソコンで作成したエクセルファイルをiPhoneで編集する


エクセルファイル作成の全工程をiPhoneで行うのは大変な作業が求められます。パソコン版とiPhone版を同期させることにより 大まかな骨組みはパソコン版で作り、残りの細かい作業をiPhone版で行う というような使い分けが可能になっています。

本項目では パソコン版とiPhone版を同期させる方法 を解説していきます。

DropBoxアカウントを作成する

DropBox App Storeはこちら

DropBoxは必要なファイルを複数のデバイスで管理するために使うアプリになっています。こちらの機能を使ってiPhone版とパソコン版のエクセルを同期させます。

DropBoxをインストールして起動すると、アカウント作成が求められます。DropBoxを利用するために必要になりますのでアカウント情報やメールアドレスを入力して作成しましょう。

エクセルとDropBoxを連携させる

DropBoxのアカウント作成が済んだら、エクセルとDropBoxを連携させましょう。

エクセルとDropBoxの連携

  1. iPhone版エクセルを起動する
  2. 画面下部の アカウント をタップ
  3. サービスの追加 をタップ
  4. DropBox をタップ
  5. 起動したDropBoxの画面にて アカウント名とパスワード を入力してログイン

以上の操作で連携が完了となり、DropBoxに保存されているファイルをiPhone版エクセルで閲覧・編集できるようになります。

まとめ

エクセルはパソコンでの使用が向いていると思っていましたが、いつの間にかiPhoneも十分実用レベルになっていたようですね。基本的なファイルはパソコンで作成しておき、出先でファイルを編集する。iPhoneならではの使い方もあります。

皆さんもiPhoneにエクセルをインストールして、その使用感をぜひ試してみてください。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ARに注目!世界で大人気のARゲーム・アプリ5選

世界で注目されている新技術「A …

Facebookでのご購読が便利です