Home / iPhone / iPhoneの遠隔操作方法と悪用対策

iPhoneの遠隔操作方法と悪用対策

Pocket

fdc4279e87c9552e92b0b230d942e98f_s

さまざまな機能が搭載されているiPhoneですが、遠隔操作ができることをご存知ですか。また、アプリなどを使った悪質な遠隔操作により個人情報の盗難や監視が問題になっていることを知っていますか。遠隔操作されると勝手に写真を撮られたり、iPhone内のデータを見られたり、生活の様子を盗撮されてしまいます。

遠隔操作は非常に便利な機能でありながら、悪用されると非常に悪質な機能となります。ここでは、iPhoneの遠隔操作や悪用対策について紹介します。

スポンサーリンク

1.遠隔操作について

57081f02482ba4f1b0d5aaf73f70dfb3_s

iPhoneを遠隔操作できればさまざまなシーンで便利に使うことができます。iPhoneに保存されているデータを見たり・削除したり、パスワードを変更したり、メールを送ったりなど、たくさんの使い方が可能です。ここでは、iPhoneの遠隔操作について見ていきましょう。

1.そもそも遠隔操作は可能なのか

そもそもiPhoneの遠隔操作は可能なのでしょうか。iPhoneが遠くにあってもさまざまな操作ができればとても便利ですし、万が一紛失した際も見つける手掛かりを得たり、悪用を防ぐことが可能です。iPhoneを遠隔操作することは可能です。

ただし、すべての機能を使えるわけではなく、あくまでも子供の見守り目的や紛失した際の遠隔操作などが目的となっています。専用アプリなどを使えば遠隔操作が可能ですが、悪用することはもちろん禁止されています。

2.遠隔操作するにはどんな方法があるのか

iPhoneを遠隔操作する方法は、専用のアプリをインストールする方法があります。専用アプリは、紛失や盗難時にiPhoneを探したり、保存しているデータを削除したり、iPhoneのカメラを使って窃盗した人を撮影したりするようなセキュリティ用のアプリが多いです。

本来は自分を守るためや犯人を捕まえることなどを目的にしているのですが、悪用されてしまうと常に監視されてしまいます。

通常こういったアプリの多くはiPhoneにインストールできないようになっていますが、iPhoneの脱獄をするとインストールができます。iPhoneを人に預けている時にアプリをインストールされたり、脱獄されたりしないよう注意が必要です。

2.遠隔操作アプリmSpyの使い方

pak12_10naname_tp_v

iPhoneを遠隔操作できるアプリであるmSpyが非常に出来が良いです。便利すぎて悪用されることを心配になってしまうレベルのアプリとなっています。ここでは、mSpyアプリの内容や使い方について見ていきましょう。

1.mSpyアプリとは?

mSpyアプリを使えば、遠隔操作によってすべての履歴の閲覧や保存が可能になります。

  1. 通話の録音や履歴の取得
  2. 位置情報の取得
  3. カレンダーやタスクの確認
  4. SMSのログ取得
  5. 保存された写真や動画の確認
  6. ブラウザのブックマークや履歴の確認
  7. メールや電話帳の情報の取得

など、さまざまなことが可能です。mSpyアプリはアイコンが表示されないため、当事者はこのアプリがインストールされているかどうかを確認することができません。つまり、相手に告知しなれければバレずに使えてしまうということです(絶対に告知しましょう)。

悪用することはいけませんが、自分のiPhoneにインストールしておけば、iPhoneと離れてしまう事情があっても遠隔操作して状況を確認することができます。

2.mSpyアプリの使い方

mSpyアプリを使う場合は、希望のライセンスを選択して購入し、該当のiPhoneにインストールするだけです。

インストール後はバックグラウンドモードで作動するため、モニタリングするiPhoneには表示されません。mSpyの設定完了後、すぐにコントローラーパネルからモニタリングを開始できます。また、シングルライセンスではなく、2つライセンスを購入すれば2つのデバイスのモニタリングが可能です。

3.「iPhoneを探す」の使い方

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ワンタッチで完了!iPhoneで指紋認証設定する際のコツ6つ

iPhoneの指紋認証(Tou …

Facebookでのご購読が便利です