iPhoneで簡単に動画編集する方法とおすすめ動画編集アプリ

LINEで送る
Pocket

iPhoneで撮った動画を保存したり、Lineやfacebook,twitterなどにアップする際、そのままではなくひと手間加えると、動画がよりよいものになります。

動画編集というと、少し前まではプロの領域であるという印象が強かったですが、最近はスマホのアプリがたくさんあり、簡単な編集であればパソコンすら必要 なく、スマホ上で簡単にできてしまいます。

ここでは、iPhoneでの簡単な動画編集の方法と、お勧めの動画編集アプリをご紹介いたします。また、スライドショーや字幕付きの静止画など、画像からでもいい感じの動画を作ることもできます。知っておくと何かと便利ですので、こちらも併せてご紹介いたします。

スポンサーリンク

iPhone「写真」アプリでの動画編集

iPhoneにデフォルトでインストールされている「写真」アプリは、撮り終わった動画をひとまず見るのによく使うと思いますが、普段の使い道ってホントにそれくらいで、あまり深く追求しませんよね…。
再生専用なイメージがあるこのアプリ、実はちょっとした編集ができます。ご存知でしたか?
あくまでも簡易な的なものですが、お手軽で手っ取り早いので方法をご紹介しておきます。

「写真」アプリでできること

動画のトリミング(不要部分の削除)

動画の前後を切り捨て、再生時間を短くすることができます。
【方法】
1.対象動画を選択し、下メニューにある右から二番目、スライダー的なアイコンをタップします。
2.画面下に動画のコマ割りが表示されています。この両端をドラッグすることで動画の前後を削除することができます。「完了」を押せば反映されますが、オリジナルを変更させてしまうか、コピーを作成するか選ぶことができます。

shashin_a

この処理では、途中部分だけを削除することはできません。途中を削除したいのであれば

  1. 対象動画を複製する
  2. 二つの動画で、前半部と後半部をそれぞれ編集
  3. 後述のスライドショーを使い、この2動画を続けて見る

といった操作が必要となり、かなりめんどくさくなります。さらに、写真アプリの標準機能では2動画の結合はできません。

スライドショー

動画もしくは画像を選択して、簡易的なスライドショーを作成できます。スライドショー設定の保存はできないものの、撮り終わったばかりの複数写真をひとまず見るには便利な方法です。
【方法】
1.写真アプリを起動します。
カメラロールでもアルバムでも、どこでも構わないのでとにかく写真一覧を表示させ、「選択」をタップし、対象の画像または動画にチェックを入れます。

slide_a

2.左下の□に↑のアイコン→「スライドショー」の順でタップしていくと、BGMと共にスライドショーが始まります(画面右)。

slide_b

動画編集アプリ

上記のように、iPhoneの標準機能だけでも簡易的な編集は可能ですが、別途アプリを導入するとさらに手の込んだ処理ができます。ここでは、動画編集アプリを2つほどご紹介します。
わかりやすさでは”VideoSmith”がピカイチですが、”PerfectVideo”も簡単は操作ですのでここでの詳細な操作説明は不要です。実際に使ってみるほうが早いです!

直感的でわかりやすい「Video Smith」

videosmithicon
appstore

動画編集未経験者でも心配要らないアプリです。特殊なエフェクト機能は備えていないものの、
再生時間および画面サイズの調整、字幕テキスト挿入程度であればこれで充分です。BGMを挿入することもできます。
最初に編集する動画を選択し、処理画面に移って作業をします。左が編集前、右が編集後です。
画面サイズを1:1(正方形)にし、字幕テキストを入れました。この程度でしたら2分もかからないです。
(videosmith_A.png)
このアプリの操作は画面下半分にある6メニューが全てで、ここから各種処理ができるようになっていてわかりやすくなっています。実際に使ってみるとよくわかりますが、本当に楽です。

手の込んだ編集も可能「Perfect Video」

perfectvideoicon
appstore

このアプリは複数動画の結合ができ、次動画への以降時にフェードを掛けたり、字幕を入れたりといった操作が簡単に行えます。
下記画像は編集中の画面です。動画1/3が6秒で終わるので2/3の字幕へ引き継ぎ、さらに3/3へ続く流れです。各動画の移行エフェクトはフェードアウトやスライドなど、多数備わっています。
スワイプすることで各動画が編集できるようになり、字幕やBGMを入れたりできます。この例では3枚ですが、もっと続けることも可能です。

henshu_a

下記画像は写真アプリで再生中のものです。PerfectVideo上で設定した通りに再生されているのがわかります。
なお、右下のアイコン(PerfectVideoの)は課金してPro版を入手すれば外すことができます。

henshu_b
動画はこんな感じです。画質はかなり落としてあります。

スライドショー作成アプリ「VideoShow」

複数枚の画像を紙芝居のように組み合わせて、「スライドショー」として動画を作成することも可能です。
上で紹介したPerfectVideoは、動画の代わりに画像を選択すればスライドショーを作成できます(VideoSmithは画像の読み込みができませんので不可能です)
さらにここではもう一つのアプリ”VideoShow”をご紹介します。このアプリは動画編集も可能ですが、いい感じのスライドショーが作成できます。

videoshowicon
appstore

【作成方法】
1.アプリを起動します。
2.「写真動画」をタップします。スライドショーにする画像を複数選択し、画面下の「スタート」をタップします。
3.編集画面に移ります。下方のメニューから「テーマ」「持続時間(一枚の画像を何秒表示するか)」「音楽」など、かなり細かく設定できます。
4.「プロ編集」では画面のエフェクト(雪、雷等)をかけたり、字幕を入れることもできます。字幕は、出現時間を秒単位で設定できます。

実際に4枚の画像を使って、5分程度で作成したものがこちらです。


画像の切替は「テーマ」の「フェードアウト」を選択しています。また、最後の数秒で字幕を「キックバック」というエフェクトで、一か所入れています。
単なる画像をちょっといじっただけでここまでできるとは。なかなか使えるなと思うのですがいかがでしょうか。
あとは皆さんのセンス次第です!すごくいいものができると思います。

まとめ

iPhoneで簡単に動画編集する方法と、お勧めの動画編集アプリをご紹介しました。
再生時間をちょっと端折るくらいでしたら、iPhone標準の写真アプリでも充分対応できますが、字幕を入れたい、各種エフェクトを掛けたい、音声を入れたいといった場合は、アプリが必要です。
ここでは、3つのアプリをご紹介しました。

  • VideoSmith:複数動画の結合およびスライドショー作成はできないものの、操作は最も簡単
  • PerfectVideo:3つの中では、一番凝った動画編集ができる
  • VideoShow:動画編集もできるが、スライドショー作成機能が特筆もの

ここで紹介した以外にも、動画編集ソフトは多数あります。AppStoreでいろいろ探してみれば、ご自分にあったものがきっと見つかると思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です