iPhoneからAndroidへ電話帳を移行する方法と注意点

LINEで送る
Pocket

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

今回は、iPhoneからAndroidへ電話帳を移行する方法と注意点について紹介いたします。格安SIMが使えるようになったこともあり、iPhoneからAndroidスマホに乗り換える人も少なくありません。実際にAndroidスマホに乗り換える際に、困るのがiPhoneからのデータの移行です。

特に連絡先データが移行されないと、誰からの着信かも分かりませんし、連絡することもできません。1件1件入力するのも大変です。ここでは、連絡先データをiPhoneからAndroidスマホへ移行する方法を紹介していますので、これからAndroidスマホへ乗り換える予定の方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneからAndroidへ電話帳を移行する方法と注意点

iPhoneの電話帳データをAndroidスマホへ移行する方法を3パターン紹介しています。いずれの方法も実施する場合は、事前にiPhoneの連絡先データのバックアップを取っておくようにしましょう!

Googleアカウントを使って電話帳を移行する方法

普段、Gmailを使っている場合は、Googleアカウントを使うことで、簡単にiPhoneの電話帳をAndroidスマホを移行することができます。Googleアカウントを使って電話帳を移行する方法は次の通りです。iPhoneで設定アイコンを開き、「メール/連絡先/カレンダー」を選択します。「メール/連絡先/カレンダー」画面の「アカウント」欄で、Googleアカウントを選択します。Googleアカウントを選択したら、「連絡先」をオン設定にします。

ここまでの操作が完了したら、電話帳を移行させたいAndroidスマホの操作へ移ります。Androidスマホのホーム画面にある「アプリ」を開き、「設定」を選択します。設定を開いたら、「アカウント」をタップし、アカウント画面で「アカウントを追加」を選択します。「アカウントを追加」を選択すると、EメールやTwitter、Facebookなどの一覧が表示されますので、「Google」を選択します。

Googleアカウントの追加画面になりますので、iPhoneで使っていたGoogleアカウントと同様のメールアドレスを入力し次へ進めます。同じくGoogleアカウントのパスワードを入力し、「次へ」をタップして進めます。利用規約の確認画面になりますので、内容を確認し問題がないようであれば、「同意する」をタップします。Googleサービスの画面でも問題がなければ「次へ」をタップして進めます。

「アカウント」画面で「Google」を選択すると、作成したアカウントが表示されますので、アカウントをタップします。「同期」画面が表示されますので、一覧の中から「連絡先を同期」をオンにすると、iPhoneからAndroidスマホへ電話帳のデータが移行されます。Googleアカウントを使うことで、簡単にiPhoneの電話帳データを移すことができますので、普段Gmailを使用している方は、この方法で移行すると良いでしょう。

JSバックアップアプリを使って電話帳を移行する方法

Gmailを使っていない方は、JSバックアップアプリを使うことで、iPhoneからAndroidスマホでへ電話帳データを移行することができます。JSバックアップアプリを開いたら、「かんたんデータ移行」を選択し、「移行元スマホからデータを取り出す」を開きます。「データを取り出す」画面で、「無料プラン(標準データのみ)」をタップし、パスワードを設定します。

パスワードの設定が完了したら「データ取り出しスタート」を選択します。電話帳データの取り出しが完了すると、画面にQRコードが表示されます。電話帳データを移行したいAndroidスマホでQRコードを読み取ることにより電話帳データを移行することができます。QRコードまで表示させたら、Androidスマホの操作に移ります。

iPhone同様、JSバックアップアプリを開き、「かんたんデータ移行」をタップし、「データを取り込む」を開きます。次の画面で「QRコード読み取り」を選択すると、カメラが起動しますので、iPhoneの画面に表示されていたQRコードを読み取ります。読み取りが終わったら、iPhoneのデータを取り込む際に設定したパスワードをAndroidスマホの方で入力します。

パスワードの入力が完了したら「このパスワードで実行」を選択します。次の画面で「データ取り込みスタート」を選択すれば、データ移行が完了します。アプリを使ってiPhoneからAndroidスマホへ電話帳データを移行したい場合は、この方法で簡単に移行することができます。

iCloudとパソコンを使って移行する方法

Gmailやアプリを使わなくても、iCloudとパソコンを使うことで、iPhoneからAndroidへ電話帳データを移行することもできます。iPhoneの設定アイコンを開き、iCloudを開きます。iCloudの画面で「連絡先」の同期をオン設定にします。次に、iCloudの設定をおこないます。パソコンでiCloudを開きAppleIDを入力しログインします。アイコンが表示されますので、「連絡先」アイコンを開きます。

アイコンを開くとiPhoneの連絡先データがパソコン上に表示されます。画面左下にある「設定」をクリックし、「すべてを選択」を選択します。すべてが選択されたら、再度「設定」をクリックし「vCardを書き出す」を選択します。「Exported iCloud vCards.vcfを開く」というメッセージが表示されますので、「ファイルを保存する」を選択して、「OK」で進めます。

ここまでをiCloudで設定したら、Gmailの設定へ移ります。Gmailの画面を開き、左上の「Gmail」のメニューを開き、「連絡先」をクリックし、「もっと見る」を選択後、「インポート」をクリックします。「インポート」をクリックすると、「以前のGoogleコンタクトからインポートしますか?」とメッセージが表示されますので、「以前のコンタクトを開く」をクリックします。

クリックしたら、Gmailのメニューから「連絡先をインポート」をクリックします。「連絡先をインポート」という画面が表示されますので「インポート」をクリックすると、保存したデータが「ダウンロード」フォルダに保存されています。

Gmailでここまでの操作が完了したら、Androidスマホの操作へと移ります。Androidスマホの「設定」を開き「ユーザー設定」を選択し「アカウント」を選びます。「アカウント」画面が表示されたら、「Google」を選択します。「同期」画面が表示されますので「連絡先」をオンに設定します。これで、iPhoneの電話帳データがAndroidスマホに移行されます。このように、iCloudとパソコンを使って電話帳データを移すことが可能です。

まとめ

今回、iPhoneからAndroidへ電話帳を移行する方法と注意点について紹介いたしました。時間もかからない簡単な方法で、iPhoneからAndroidスマホへデータを移行することができます。データ移行や機種変更の前には、必ずiPhoneのデータのバックアップを取るようにしましょう!Androidスマホへ乗り換え予定の方は、参考にしてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です