Home / iPhone / iPhoneのキャッシュを削除する方法

iPhoneのキャッシュを削除する方法

Pocket

iPhoneには様々なデータが日々蓄積されていきます。音楽や動画、写真などがその主なものですが、「キャッシュ」というデータも本体ストレージに日々蓄積されていきます。

あるデータにアクセスした時に、それを本来の保存場所よりも高速にアクセスできる場所へ一時的に蓄積しておきます。後から再度そのデータへのアクセス要求があった場合、本来の保存場所からではなく、高速アクセス可能な一時保管場所から取ってくることで、処理速度を速くするという技術が存在します。その技術や高速アクセス可能な一時保管場所、あるいはそこに蓄積されたデータ自体を「キャッシュ」と呼びます。

キャッシュという技術自体は処理の高速化や通信料の削減に役立ちますが、それらが蓄積されていくことでiPhone本体のストレージ容量を大きく消費していくことになります。

本稿ではiPhoneのキャッシュを削除する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Safariのキャッシュを削除する

履歴とWebサイトデータを消去する

Safariはウェブページにアクセスするたびに様々なデータをキャッシュします。

Safariのキャッシュは「履歴とWebサイトデータ」として管理されています。履歴とWebサイトデータを消去するには、以下の手順にしたがったください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「Safari」をタップしてください。

01-system-preferences-select-safari

3. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップしてください。

02-safari-preferences-delete-caches

4. 「履歴とデータを消去」をタップしてください。

03-safari-preferences-delete-caches-alert

リーディングリストのキャッシュを消去する

Safariが管理するキャッシュは他にもあります。リーディングリスト機能が使用するオフラインキャッシュです。リーディングリストのオフラインキャッシュはウェブページをローカルに保存し、通信ができない時にもページを閲覧できるというメリットがあります。しかし、読み終わったページのオフラインキャッシュが溜まり続けてしまうというデメリットもあります。

リーディングリストのキャッシュを消去するには、以下の手順にしたがってください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「一般」をタップしてください。

04-system-preferences-select-general

3. 「ストレージとiCloudの使用状況」をタップしてください。

05-general-preferences-select-storage-usage

4. 「ストレージの管理」をタップしてください。

06-storage-preferences-select-manage-storage

5. 「Safari」をタップしてください。

07-storage-preferences-select-safari

6. ツールバーから「編集」をタップしてください。

08-safari-storage-tap-edit7. 「リーディングリスト」に「-」ボタンが表示されるのでタップしてください。

09-safari-storage-tap-minus

8. 「削除」ボタンが表示されるのでタップしてください。

10-safari-storage-tap-delete

他のアプリケーションのキャッシュを削除する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です