iPhoneケーブルは交換?買い替え?

LINEで送る
Pocket

anker_paku8954_tp_v

現在日本で、一番保有率の高いスマートフォン。それはもう言うまでもなく、iPhoneです。ですがこのiPhone、ケーブルもとってもスマートで、むだを省きスタイリッシュな代償として、ケーブルが断線しやすいというデメリットが有ります。

普段、iPhoneを充電する時、毎日使っているものです。iPhoneが生活に必要不可欠なのと同様に、iPhoneを充電するケーブルもまた、生活に不可欠であると言えるでしょう。

そこで、その必要不可欠なiPhoneのケーブルをApple公式に交換して貰う方法や、新しいケーブルを購入する際の注意点等について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ケーブルの無料交換

pakuimgl9498_tp_v

iPhoneのケーブルは、ある条件を満たすことで、純正のケーブルを無償で交換する方法がございます。まずはそちらについて、ご案内していきます。

ケーブルの交換条件

ではまず、ケーブルを交換できる条件から確認していきましょう。条件はシンプルで、4つの条件があります。「iPhone本体が製品保証期期間内」「純正の、壊れてしまったケーブルが手元ある」「ケーブル本体には目立った損傷がない」「ケーブル内の配線に断線の形跡がない」といった条件です。

つまり、こちらに落ち度が無いと認められた場合、ケーブルの交換が認められるのです。

条件の確認手順

続いて、こういった条件を満たしているかの確認手順についてご案内していきます。ですが、ケーブルが中で断線しているかどうかは自分の目では中々確認できないため、ケーブル交換の必須条件の一つである、製品保証期間内であるのかを調べる方法について、手順を解説していきます。

まずは、iPhoneの設定を開き、一般へと移っていって下さい。すると、一番上に「情報」という項目があるので、そちらを選択して下さい。その中に、シリアル番号という項目があるので、そちらを長押しして、シリアル番号をコピーして下さい。

次は、補償畳の確認です。お好きなブラウザを立ち上げ、Apple公式にアクセスして下さい。そしてそのページから、保証状況の確認ページを開いて下さい。すると、画面内にシリアル番号を入力する項目がございますので、そこに、先程事前にコピーしておいたシリアル番号を貼り付けて下さい。その後、人工知能での操作ではないことを証明するためのコードを入力します。

コードは、画面上にアルファベットや数字がランダムに書いてありますので、それを見たまま入力して下さい。これで、お使いのiPhoneが保証期間内であるかを、確認することが出来ました。

条件を満たした場合の交換方法

iPhoneのケーブルを交換できる条件が整った場合は、実際にAppleに交換を申し込みましょう。申込方法は簡単です。

まず、iPhone内にあるブラウザ等からApple公式にアクセスし、Appleサポートへのお問い合わせのページを開きましょう。開いたら、Appleが提供しているどのデバイスのサポートかをせんたくできますので、そこで「iPhone」を選択して下さい。そしてその中にある、「修理と物理的な損傷」を選択して下さい。

するとその中に、「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」という項目がございますので、それを選択して下さい。

すると画面が推移し、「基本的なシステム情報を、Appleに送信して下さい。」という文言が現れ、メールアドレスを入力する項目がありますが、それを無視し、「いいえ、続ける」を選択して下さい。すると、希望のサポート方法を選択できるので、「配送修理」を選択して下さい。そしてその中にある、「ケーブル」を選択します。

すると画面がさらに推移し、個人情報の入力を求められますので、正しいものを入力し、Appleに情報を送って下さい。これで、ケーブル交換のお申し込みは完了です。

なお、お電話からお申し込みをする場合は、「0120-277-535」にダイヤルすると、ガイダンスが流れるので、その指示に従って必要な情報を入力して下さい。なお、平日は朝の9時から夜の7時まで、土日祝日は朝の9時から夕方の5時までの、受付時間となっております。ウェブサイトからの受付は24時間行っております。

ケーブルの買い替え

iphone35mm_tp_v

例えば保証期間を過ぎてしまっている場合や、ケーブル交換の条件を満たしていない場合、ケーブルの買い替えが必要となります。毎日使うアイテムですので、すぐに必要なものとなるでしょう。中には格安のケーブルもあるので、ケーブル買い替え時の注意点等を含め、ご案内していきます。

純正ケーブルとMFi認証品とは

純正ケーブルとは、Appleが公式に販売しているケーブルのことです。様々な家電量販店はもちろん、ネット通販でお馴染みのAmazonでも取り扱っております。

MFi認証品とは、M(Made)F(For)i(iPhone/iPod/iPad)の事を指します。これは、Appleが提供するiPhone、iPod、iPad向けに作られた製品であるということを意味します。これはAppleが認定している製品で、利用するにあたって間違いなく安全であることの証明です。これらのMFi認証品も、ネット通販各社やお近くの家電量販店で購入することが出来ます。

格安ケーブルとは

純正ケーブルやMFi認証品のケーブルとなると、当たり前のように1,000円以上の値段がします。ですがこの格安ケーブルは、1本当たり50円から取扱があります。

製品は様々な企業が様々な製品をリリースしておりますが、どれも値段は格安です。これも、ネット通販はもちろん、お近くの家電量販店で販売しております。ですが、ネット通販の方がバリエーションは豊富です。

格安ケーブルの注意点

格安ケーブルを使う上での注意点は、何よりもその安全性と堅牢性です。格安ケーブルは、格安を実現するために製品の安全確認や動作確認の工程を省いていることがほとんどです。発火するといったようなことは考えにくいですが、これまでのケーブルに比べて充電速度が遅いとか、気が付くと充電されていない時があるだとか、より断線しやすいといったデメリットがあります。

格安ケーブルは、その格安さ故に様々なことを削ぎ落としています。ですので、格安ケーブルを購入したとしてすぐに断線しても、それは納得せざるを得ません。ある程度、割り切って使う方が良いでしょう。

充電ケーブル断線対策

fe747e57861602f9e15dcbbfaa685e55_s

最後に、iPhone充電ケーブルの断線対策についてご案内致します。これまでにケーブルの交換方法やケーブルの購入についてご案内してきましたが、出来ることなら一つのケーブルを長く使いたいものです。そこで、ケーブルの補強方法や断線しにくいケーブルについて、ご案内していきます。

ケーブル補強方法

ケーブルの補強方法は色々あります。ケーブルの断線確率が最も高い場所は、差し込みユニットとケーブル部分の境目です。折り曲げたり充電をする時に、一番力が強くかかってしまうのがこの部分なのです。つまり、この境目を補強することが出来れば、ケーブルの断線対策が出来たと言って良いでしょう。

オススメの補強方法は、ボールペンのバネを巻きつける方法です。安くてそれなりの強度を保つことが出来ます。このバネを、差し込みユニットに近い部分に巻きつけると、ケーブル部分も補強できるため、とても有効な補強方法です。是非試してみて下さい。

断線しにくいおすすめケーブル

では、断線しくいオススメのケーブルをいくつかご紹介致します。まずは、巻取り式の充電ケーブルです。このケーブルは、使わない時はコンパクトな状態で持ち運ぶことも可能であり、ケーブルが断線しやすい差し込みユニットとケーブル部分の境目も含め、巻取りユニットの中にケーブルを収納することが出来ます。価格は平均約1,000円程になりますが、一つ持っておいて損は無いでしょう。

また、ケーブル部分がナイロン製の充電ケーブルもおすすめです。これは、通常のケーブルの外装は樹脂製ですので、折り曲げに弱いといった弱点を持っています。ですが、このナイロン製のケーブルであれば、柔軟に折り曲げることが可能ですので、少し強引に折り曲げなければならないことや折り曲がってしまうことがあっても、それに対応することが出来ます。

この2種類は、iPhoneのケーブルを選ぶ上で念頭に置いておきたい項目です。

まとめ

cat9v9a9026_tp_v

このように、iPhoneのケーブルはスタイリッシュでクールですが、断線しやすいといったことが弱点です。そのため、ケーブル本体に何らかの工夫をしたり、断線しにくいケーブルを購入したほうが、よりストレスなくiPhoneを使うことが出来るでしょう。

iPhoneのケーブルでお悩みの方がいらっしゃれば、この記事をケーブル選びの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です