Home / Apple / iPhone / 種類が豊富!iPhoneの既定ブラウザ変更方法5つと徹底解説

種類が豊富!iPhoneの既定ブラウザ変更方法5つと徹底解説

iPhoneの既定ブラウザを「Google Chrome」に変更する方法5ステップ


iPhoneの標準ブラウザはSafariとなっています。そのまま使っている人も多いと思いますが、パソコンや他の端末を同時に使っている人は、既定ブラウザを別ブラウザに変更したいと考えるでしょう。

ここでは利用者の多い「Google chrome」に変更する方法を紹介します。「Google chrome」に変更することでパソコンと同じIDでログインすることができ、より便利にお使いいただけると思います。

①リンクを開く既定のブラウザをアプリ内の「設定」からタップ

まず、左上のメニューからタップするか画面左端から右スワイプでメニューを表示して、その中の「設定」を選択します。

(1)「Google Apps」をタップ

「設定」画面から「Goggle Apps」を選択します。

(2)アプリ「Gmail」をダウンロード

「Gmail」をダウンロードしておきます。

(3)アプリ「「Chrome」をダウンロード

同じように「Chrome」もダウンロードします。

②ブラウザ選択メニューで使用するアプリを確定

ブラウザ選択メニューで、使用するアプリを確認するスイッチをオフに変更した上で、好みのブラウザでリンク先を開けば、そのブラウザがリンク先を開くブラウザとして固定されます。

まとめ

iPhoneはAndroidの仕様とは異なり、Apple社開発の製品なので、かなり複雑です。

そのため、iPhoneの標準ブラウザもSafariと定められており、そのブラウザの変更には様々な問題があります。そのことで頭を悩めている人も多かったのではないでしょうか?

実際、Safariではなく、他のブラウザを標準のブラウザとして使いたいという人がほとんどでしょう。

その方法として、他のアプリを経由してブラウザを開く、また、Safariを使えない状態にしてしまうなどの方法が試されてきました。

しかし、そこでも様々なトラブルが起きる可能性があり、iPhone側では推奨されていないのが事実です。

ここでは、安全でしかも確実にGoggle Chromeにブラウザ変更できる方法を検証してみました。ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。あなたのiPhoneがより使いやすく快適になると良いですね。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

今では多くの人が手にしているi …

Facebookでのご購読が便利です。