Home / iPhone / 抑えよう!iPhoneのブックマーク機能の4つの基本と2つの応用ポイント!

抑えよう!iPhoneのブックマーク機能の4つの基本と2つの応用ポイント!

Pocket

92d2fdc983c83fc145dbcb261613e636_s

iPhoneのブックマーク機能は利用していますか。ブックマーク機能を利用すればさまざまなサイトにいつでもスピーディーにアクセスできます。特にブラウザベースでいろいろな情報を随時チェックしている人は、ブックマークを利用すれば毎回検索する必要がなく、効率的に情報を得られます。

ここでは、iPhoneのブックマーク機能の基本的な操作方法から応用まで紹介していきます。特に、毎日のように同じ情報を検索し、アクセスしている人は、これを機にブックマーク機能を使うようにしてみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneのブックマーク機能とは

559fbef33f6c5933ff33d2889848c335_s

iPhoneのSafariにはブックマーク機能が搭載されており、使い方によっては非常に便利な機能です。頻繁にチェックするサイトがある場合は、ぜひブックマークを活用しましょう。

iPhoneでブックマークを使っていない人が多い

iPhoneのブックマーク機能を使っていますか?iPhoneにブックマークがあること自体知らず、使用していない人は多いです。ブックマークは簡単に使え、かつ便利なので是非利用してみましょう。

iPhoneでブックマークを使うメリット

ブックマーク機能を使えば、お気に入りのサイトを毎回検索しなくても確認でき、スピーディーかつ効率的に情報を得ることができます。

iPhoneのブックマークに関するポイント~基本編~

548fffa6f022476d08890a262fbe7c12_s

iPhoneのブックマーク操作は非常に簡単です。閲覧・登録・編集・削除と、いずれもすぐに実行できます。それぞれの操作方法を覚えて、より便利にブックマーク機能を使っていきましょう。

1.ブックマークを閲覧する

iPhoneのブックマークを閲覧したい場合は、以下の方法で行います。

  1. ①ホーム画面よりSafariを開きます
  2. ②Safariを開くと出てくる画面下部のメニューより、右から2番目の「ブックマーク」アイコンをタップします
  3. ③ブックマーク一覧が表示されるため開きたいものをタップすれば閲覧できます

2.ブックマークを登録する

いつでもチェックしたいサイトをブックマーク登録するのは簡単です。ブックマーク登録したいサイトがあれば以下の方法で登録しましょう。

  1. ホーム画面でSafariを開きます
  2. 画面下部に表示されるメニューより、真ん中に位置する「追加・共有・保存」アイコンを選択します
  3. いくつかメニューアイコンが表示されますので「ブックマークを追加」を選択します
  4. 登録する際のタイトルは任意で決められます
  5. 登録場所は「お気に入り」「ブックマーク」から選べます
  6. 登録場所を「ブックマーク」にして保存するとブックマークへの登録が完了します

3.ブックマークを編集する

保存したブックマークを編集することもできます。よく閲覧するブックマークを上部に持ってきて、常にすぐにアクセスできるようにしましょう。

  1. ホーム画面でSafariを開きます
  2. 画面下部のブックマークを選択します
  3. ブックマーク一覧画面で画面右下の「編集」を選択します
  4. 各ブックマーク一覧の右側にマークが表示され、マークを押したまま動かすことができます
  5. 並び替えが終わったら画面右下の「完了」をタップすれば編集終了します

4.ブックマークを削除する

登録したブックマークはいつでも削除が可能です。そのため、不要になったブックマークがいつまでも残っていることはありません。

  1. ホーム画面でSafariを開きます
  2. 画面下部のブックマークアイコンを選択します
  3. ブックマーク一覧画面で画面右下の「編集」を選択します
  4. 各ブックマークの左側に赤い-マークが表示されるため、削除したいブックマークの-をタップします
  5. 画面右側に「削除」ボタンが表示されるためボタンをタップすれば削除完了です
  6. 削除が終了すれば画面右下の「完了」を押して終了します

.iPhoneのブックマークに関するポイント~応用編~

iPhoneのブックマークでは復元やバックアップも簡単に行えます。それぞれいくつか方法がありますので、やりやすい方法で実行しましょう。

1.ブックマークを復元する

iPhoneのブックマークをうっかり消してしまった場合も簡単な操作ですぐに復元できるため安心です。以下の3つの方法によりブックマークの復元が可能です。万一、必要なブックマークを消してしまった場合は以下の方法で復元しましょう。

1-1.Safariの再起動

ブックマークデータを復元したい場合、まずはSafariの再起動をしてみましょう。Safariを再起動することで消えたブックマークが復元する場合があります。Safariの再起動とはSafariを一旦完全に終了し、再度Safariを開くことです。

ホームボタンでSafariを閉じても完全終了していませんので、ホームボタンを2回押してマルチタスク画面を表示しSafariを終了させましょう。

1-2.iPhoneの再起動

もし、Safariの再起動でも消えたブックマークが復元されない場合は、iPhoneの再起動をしましょう。iPhone自体の再起動は、スリープボタンとホームボタンの同時長押しで電源を落とし、電源が落ちたら再度スリープボタンを長押しして起動させます。

iPhoneを再起動することにより、ブックマークが復元します。

1-3.iCloudからサインイン

SafariやiPhoneの再起動をしてもブックマークが復元されない場合は、iCloudからサインインをしてみましょう。まずはiCloudをサインアウトして再びサインインします。

サインアウトする際は、iPhoneの設定アイコンを開いて「iCloudを選択し、「サインアウト」をタップします。

サインアウトが完了したら再びサインインをします。サインインする際は設定アイコンよりiCloudを選択して、AppleIDなどを入力したうえで「サインイン」をタップすればサインインの完了です。これによりブックマークが復元されます。

2.ブックマークのバックアップを取る

iPhoneのブックマークのバックアップを取ることも可能です。iCloud・iTunesを利用してバックアップが簡単に取れますので、ぜひ試してみましょう。

2-1.iCloudでバックアップ

iCloudを使ってブックマークのバックアップが取れます。手順も非常に簡単なため便利です。

  1. ホーム画面で設定を開きます
  2. メニューよりiCloudを選択し「Safari」をオンにします

これによりiCloudでのバックアップ完了です。

2-2.iTunesでバックアップ

iCloudではなくiTunesでSafariのブックマークのバックアップを取ることもできます。普段からiTunesでのバックアップ作成が多い方はこちらの方法で行いましょう。

  1. パソコンでiTunesを起動しiPhoneを接続します
  2. iTunesの「デバイス」でiPhoneのアイコンを選択します
  3. 「このコンピュータ」を選択して「今すぐバックアップ」をクリックします

これによりiTunesでバックアップが作成できます。

まとめ

iPhoneのブックマークは同じサイトを頻繁にチェックしている人にとって、非常に便利な機能です。ブックマークへの登録や編集、閲覧、削除などが簡単な操作で実施できます。

また、ブックマークのバックアップや復元も行えます。iPhoneのブックマーク機能を使ったことがない方は、ぜひ試しに使ってみましょう!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です