Home / Apple / iPhone / iPhoneでQRコード/バーコードを読み取る方法

iPhoneでQRコード/バーコードを読み取る方法

Pocket

スマートフォン以前のフィーチャーフォン(ガラケー)にあった特徴のひとつとして、QRコードの読み取り機能が挙げられます。iOS10以前のiPhoneには標準ではQRコードの読み取り機能は搭載されていませんが、別途アプリケーションをインストールすることで、QRコードやバーコードの読み取りが可能になります。

本稿では、様々なアプリやiOS11以降の標準カメラを使った iPhoneでQRコード/バーコードを読み取る方法 を説明します。

スポンサーリンク

QRコードの読み取り

QRコード読み取りのアプリケーションとして QRコードリーダー for iPhone をご紹介します。

QRコードリーダー for iPhoneはかんたんな操作でQRコードの読み取りが行える無料アプリケーションです。QRコードリーダー for iPhoneでQRコードを読み取るには、以下の手順にしたがって操作してください。

QRコードリーダー for iPhoneの使い方

  1. QRコードリーダー for iPhone を起動してください。
  2. 初回起動時、カメラへのアクセスを要求されるので OK をタップしてください。
  3. カメラが捉えている内容が画面に表示されます。読み取りたいQRコードをカメラに映してください。
  4. QRコードの読み取りが成功すると、その内容を表示する画面に自動的に切り替わります。
02-qr-code-reader-permit-camera-access
03-qr-code-reader-read-text

QRコードリーダー for iPhoneはテキストやURLなどの単純なQRコードだけでなく、連絡先の情報などを収めたQRコードの読み取りにも対応しています。読み取った連絡先情報を標準の「連絡先」アプリケーションに保存することも可能です。

04-qr-code-reader-read-vcard

タブバーの「履歴」をタップすることで、それまで読み取ったQRコードの履歴を見られます。

05-qr-code-reader-history

バーコードの読み取り

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone XRの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

2018年10月26日に発売さ …

Facebookでのご購読が便利です