iPhoneでQRコード/バーコードを読み取る方法

LINEで送る
Pocket

スマートフォン以前のフィーチャーフォン(ガラケー)にあった特徴のひとつとして、QRコードの読み取り機能が挙げられます。iPhoneには標準ではQRコードの読み取り機能は搭載されていませんが、別途アプリケーションをインストールすることで、QRコードやバーコードの読み取りが可能になります。

本稿ではiPhoneでQRコード/バーコードを読み取る方法を説明します。

スポンサーリンク

QRコードの読み取り

QRコード読み取りのアプリケーションとして「QRコードリーダー for iPhone」を紹介します。

01-qr-code-reader-icon

QRコードリーダー for iPhoneはかんたんな操作でQRコードの読み取りが行える無料アプリケーションです。QRコードリーダー for iPhoneでQRコードを読み取るには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. QRコードリーダー for iPhoneを起動してください。
2. 初回起動時、カメラへのアクセスを要求されるので「OK」をタップしてください。

02-qr-code-reader-permit-camera-access

3. カメラが捉えている内容が画面に表示されます。読み取りたいQRコードをカメラに映してください。
4. QRコードの読み取りが成功すると、その内容を表示する画面に自動的に切り替わります。

03-qr-code-reader-read-text

QRコードリーダー for iPhoneはテキストやURLなどの単純なQRコードだけでなく、連絡先の情報などを収めたQRコードの読み取りにも対応しています。読み取った連絡先情報を標準の「連絡先」アプリケーションに保存することも可能です。

04-qr-code-reader-read-vcard

タブバーの「履歴」をタップすることで、それまで読み取ったQRコードの履歴を見られます。

05-qr-code-reader-history

バーコードの読み取り

バーコードを読み取る動機としては、何らかの商品の情報を得たい、インターネット通販での価格を知りたいなどが考えられます。そこで本稿ではバーコード読み取りアプリケーションとして「Amazonアプリ」を紹介します。

06-amazon-icon

Amazonアプリは言わずと知れたインターネット通販大手「Amazon」の公式アプリケーションです。Amazonアプリを用いることでバーコードの読み取りが行え、そのまま商品の価格等の情報を見られます。

Amazonアプリでバーコードを読み取るには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. Amazonアプリを起動してください。
2. 起動後の最初の画面にある検索欄からカメラアイコンをタップしてください。

07-amazon-home

3. カメラによる読み取り画面に切り替わり、カメラが捉えている内容が画面に表示されます。読み取りたいバーコードをカメラに映してください。

08-amazon-read-barcode

Amazonアプリはバーコードを読み取れるだけでなく、商品そのものの姿から情報を読み取れます。商品を正面からカメラに捉えることで(書籍やCDなら表紙/ジャケット)、バーコード読み取りと同様の結果を得られます。

09-amazon-read-cover

カメラ読み取り画面下部に表示される「履歴」をタップすることで、それまで読み取った商品の履歴を表示できます。

10-amazon-history

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneでQRコード/バーコードを読み取る方法を説明しました。QRコードやバーコードの読み取りをしたい時は本稿で紹介したアプリケーションを試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です