Home / Apple / iPhone / iPhoneのアプリのデータをバックアップする方法

iPhoneのアプリのデータをバックアップする方法

Pocket

iPhoneで扱う大切なデータといえば、連絡先、写真、アプリに登録してある情報、ゲームの履歴・・・と挙げればキリがないほどです。 この大切なデータが何かの拍子に消えてしまったら、と考えただけでも恐ろしいですね。

そんなことが起こる前に、データのバックアップを保存しておけば慌てることはありません。 バックアップとは、あらかじめデータのコピーを作成、保存し、不慮の事故に備えることを言います。 簡単に説明すると保険のような役割です。

今回はiPhoneのアプリのデータをバックアップする方法を2通り説明します。 1つはWi-FiとiCloudを使ってバックアップする方法。もう1つはパソコンのiTunesを使ってバックアップする方法です。 どちらも煩雑な作業はありませんので、ご自身の環境にあった方法をお選び頂ければいいでしょう。

スポンサーリンク

バックアップの前に・・・

バックアップの前に、iPhoneのiOSバージョンとご使用アプリのバージョンを、最新バージョンにアップさせましょう。

    1. アップデート環境を整えます:まず、iOSのアップデートはWi-Fi環境またはパソコンにつないで行ってください。
    2. iOSバージョンを確認します:「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」をタップします。 「お使いのソフトウェアは最新です」との表示があればOKです。「4.アプリを最新バージョンにアップデート」へ移りましょう。
img1
img2
img3
img4
    1. iOSのアップデートを行います:最新バージョンが表示されたら、左下の「ダウンロードとインストール」をタップします。 パスコード入力し、「同意する」をタップします。 アップデート完了まで多少時間がかかりますが、終われば最新バージョンにアップデートされています。
img5
img6
img7
    1. アプリを最新バージョンにアップデートします:「App Store」をタップします
img8
    1. 全てのアプリをアップデートします:右上の「すべてをアップデート」をタップし、全てのアプリをアップデートします。
img9

以上でバックアップ準備は終了です。

Wi-Fi環境でiCloudを使ってバックアップをする

Wi-Fi環境が整っているのであれば、iCloudを使ってバックアップできます。 それでは早速、手順を詳しく説明しましょう。

    1. Apple IDを取得しましょう:iCloudを使うにはAppleIDが必要です。 すでにApple IDをお持ちの方はこの手順は不要です。
img10
      1. 「設定」>「iCloud」をタップします
      2. 「Apple ID」と「パスワード」を入力します
      3. 「サインイン」をタップします
      4. 「同意する」をタップします:利用規約の内容を確認し、「同意する」をタップします
      5. 「結合」または「結合しない」のどちらかをタップします:結合とは、iPhoneのデータとiCloudに保存されたデータを結合する。という意味です。 このメッセージは表示されない場合もあります。
    1. iCloudにデータをバックアップしましょう
      1. 「設定」>「iCloud」をタップします
      2. 「バックアップ」をタップします
img11
      1. 「iCloudバックアップ」をオンにし、「今すぐバックアップを作成」をタップします
img12
    1. 「前回のバックアップ」に表示される時刻がほぼ作業時刻であれば、バックアップが完成です。

パソコンのiTunesを使ってバックアップをする

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone7に対応!楽に改札が通れるFeliCaの特徴と使い方

Apple公式ホームページ上、 …

Facebookでのご購読が便利です