Home / Apple / iPad / iPadレジとは?特徴と仕組み、おすすめサービス5選

iPadレジとは?特徴と仕組み、おすすめサービス5選

Pocket


iPadをレジ代わりに使うことができるPOSレジアプリが最近注目を集めています。一般的なレジと比較すると小型なので場所をとることもありませんし、タッチ操作なので扱いやすいなどの特徴があります。

本記事では iPadレジの特徴や仕組みとおすすめサービス5選 をご紹介します。POSレジの導入を検討している方も多いかと思いますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPadレジとは


「iPadレジ」とは、POSレジアプリをインストールしたiPadのことを指します。ネットに繋がるレジ をイメージすると分かりやすいと思います。

持ち運びできるレジ

スーパーなどに設置されている一般的なレジは非常に大型なので持ち運びなどとてもできるものではありません。しかしiPadであれば小型ですから気軽に持ち運ぶこともできますし、店舗のレジスペースを他のことに利用できるなどのメリットがあります。

初期費用が抑えられる

レジは店舗にとって必要不可欠なものなりますが、導入するには非常に高額な資金が要求されてしまいます。小規模店舗にとっては痛い出費になるのは間違いありませんし、費用を捻出するのも一苦労になってしまうでしょう。

一方、iPadレジは、アプリを無料で使えるものも多く、初期コストはiPadや周辺機器の端末代だけで済むことも少なくないです。iPadに要求されるスペックはそれほど高くありませんから 手頃なものを選択すれば5万円前後に抑える ことも可能です。

商品管理がしやすい

iPadレジを使うと商品管理がしやすい特徴もあります。

親しみのあるタッチ操作

通常のレジは若干癖のあるものも少なくなく、扱いに慣れるまで時間がかかってしまうこともあります。新人のレジ担当の方が慣れてなくて行列ができてしまうレジなど珍しくない光景ですよね。

その点、iPadはタッチ操作なので、誰でも簡単に扱うことができます。直感的な操作で情報を閲覧できますから扱いにも即座に慣れることができるでしょう。

リアルタイムの在庫確認

iPadレジでは商品の在庫管理を行うこともできます。店舗情報とリンクさせることでリアルタイムの在庫情報を常にチェックすることが容易に可能となるのです。

チェックした在庫に不安が出てきて新たに発注する必要性が生じた場合はiPadからそのまま発注することも可能です。iPadレジは決済機能だけではなく商品管理機能も備えているんです。

顧客情報を管理することも

商品管理だけでなく顧客情報管理にも秀でています。飲食店のテーブル予約管理や、利用中の座席中などをiPadから簡単に確認可能です。

忙しい時間はつい座席管理がおざなりになってしまったりするものですが、iPadレジでしっかりと管理することで行き違いなどは一切生じることがありません。

多種多様な機能が満載

iPadレジは、POSレジアプリや周辺機器によっては使える機能が変わってきますので、色々な機能を使うことができます。

クレジット決済

周辺機器にクレジットカードリーダーを用意することでクレジット決済を行うこともできます。お客目線だとクレカ決済はぜひ欲しい所なので導入したいところですね。

中には電子マネー決済に対応しているリーダーもあります。需要に応じて検討してみてください。

売上管理

iPadレジは、インターネットに繋がっていますから、クラウド上に売上情報が更新されることになります。リアルタイムに集計を行うことが可能です。

勤怠管理

勤怠管理機能が搭載されているアプリもあります。スタッフの出退勤状況を正確に管理することで、より健全な店舗運営をすることができるようになるでしょう。

iPadを利用するおすすめのPOSレジサービス5選

①ユビレジ

価格 無料(アプリ内課金有り)
参考URL AppStore

世界初のiPadを利用したPOSレジサービスです。

優れた操作性

特徴の一つとして操作性が非常に優れている点が挙げられます。新しいシステムを導入すると従業員は取り扱いになれるまで時間がかかってしまうことが少なくありませんが、ユビレジであればそういった心配もありません。

無料で使える機能が豊富

無料で使える機能が豊富なのも嬉しい点です。基本的な機能をすべて抑えてありますので試験的な導入であればアプリ使用に料金が発生することはありません。ハードルがとにかく低めになっていますので気軽に試せるのもありがたいです。

色々なサービスとの連携も

クラウド会計ソフトや楽天ポイントなどのサービスとの連携も充実。決済機能だけではなくあると嬉しいプラスαまで充実。

②Airレジ

価格 無料(アプリ内課金有り)
参考URL AppStore

ほとんどの機能を無料で使えるPOSレジサービスです。

導入までの手順が簡単

特徴の一つとして、店舗にiPadレジを導入するまでの手順が非常に簡単な点が挙げられます。アプリをインストールしてアカウント登録をすると専用のページにログイン。後は必要に応じた商品情報の登録や決済方法を登録するだけです。

カスタマイズ機能が充実

店舗に合わせたカスタマイズが簡単にできるのも嬉しい点です。「商品」「割引メニュー」など店舗によって変わってくる要素を自由にカスタマイズすることができます。

周辺機器の販売も

Airレジサイトでは「専用のレシートプリンター」「キャッシュドロア」など、決済に便利な周辺機器を販売しています。公認の機器のため接続不良の心配もありません。安心して導入することができます。

③スマレジ

価格 無料(アプリ内課金有り)
参考URL AppStore

300以上の多彩な機能を搭載したPOSレジサービスです。

とにかく機能が豊富

レジの基本性能はもちろん、「複数店舗のリアルタイム一括管理」や「会員ポイントシステム」など、多彩な機能が搭載されている特徴があります。欲しい機能がなかったということはほぼありませんのでチェックし得なサービスです。

基本的なプランは無料で利用

用意されているプランも豊富で、無料で使える基本的なプランも用意されています。とりあえずお試しで使ってみたい時にも安心して使うことができます。利用してみてもっと色々な機能が欲しくなったら有料プランへの切り替えがおすすめです。

④poscube

価格 無料(アプリ内課金有り)
参考URL AppStore

飲食店専用のPOSレジサービスです。

飲食店に特化した設計

飲食店に特化しているため、コース料理やメニューの設定などが細かく設定できる設計に。「オーダーステーション運用」や「10台以上のプリンタ制御」なども対応しているので幅広く使うことができます。

導入実績多数

公式サイトには導入事例が載せられており、非常に多くの飲食店に導入されていることがわかります。レジ1台のみの小規模店舗もあればレジ4台を導入している大型店舗も。幅広い層に受け入れられていることが伺えます。

豊富な機能が売上に貢献

売上や顧客情報はクラウド上で管理されるため、データの集計や閲覧が容易に。これまでかかっていた手間を大幅に短縮することで売上に貢献します。

⑤スクエアレジ

価格 無料(アプリ内課金有り)
参考URL AppStore

アメリカに本社を構えるSquare社が提供しているPOSレジサービス。

設定が簡単

導入するまでに必要となる設定はいずれも簡単なものばかりです。手軽に扱うことを重視した設計となっているため初めて扱う方でも心配は要りません。

決済方法が豊富

クレジットカードや現金はもちろん、ギフトカードなどにも対応。幅広い決済方法に対応しているのも嬉しい点です。

色々な端末に対応

スクエアレジはiPad限定ではありません。iPhoneで使うこともできますし、Android端末にも対応しているのも特徴の一つです。手元にある端末で気軽に始めることができるのでハードルがとにかく低くなっています。世界中で利用されている理由に深く影響していそうですね。

まとめ

iPadレジは、初期費用を抑えることが可能で、小型で扱いやすいというものでした。時代に流れもスマート化が進んでいる傾向にありますので、お客目線でも「貧乏くさい」というよりは「スマートな店」という印象を持ってもらえる時代になってきている気がします。

またPOSレジサービスを提供しているものは基本プランが無料なものも多く気軽に導入できるものばかりでした。店舗経営を行ってる方はぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPadを格安で入手するための4つの方法

iPadは汎用性の高さから利用 …

Facebookでのご購読が便利です