HTMLって何?HTMLの役割と歴史、基礎知識

LINEで送る
Pocket

48a6de717d604813bc996fd9da712aef_s

HTMLという言葉を聞いたことはありますか。なんとなくでも聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。HTMLとはプログラミング言語の1つであり、最もメジャーな言語とも言えます。そんなメジャーなHTMLですが、どのような言語で、どんな役割や特徴を持っているのでしょうか。

ここでは、HTMLの役割や特徴などの基礎知識について、また、HTML・CSSの初心者向けおすすめ本について、紹介します。プログラミングに興味を持ち始めた方や、これから、勉強を始めたい方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.HTMLとは?

a5e6c80ab69e632f1cb269d0117384bb_s

多くの人が最初に勉強するプログラミング言語であるHTMLですが、どんな特徴を持つのでしょうか。役割や歴史、基礎知識など確認していきましょう。

1.そもそもHTMLとは?

HTMLは、Hyper Text Markup Languageの略であり、マークアップ言語の1つです。ほとんどのWebサイトがHTMLで作られており、最もメジャーなプログラミング言語とも言えます。HTMLの名前にもあるハイパーテキストが、Webサイト上にリンクを貼ったり、動画や画像などのデータをリンクで埋め込んだりできるようにします。

また、文章に見出しや段落を付けたりすることもできます。HTMLは文書構造を定義して骨組みや構造を作るための言語です。例えば、このサイト上の大きな文字の見出しもHTMLで「見出し」として定義しているため、大きな文字で表示されています。

内容を定義する際は、「HTMLタグ」というものを使い、HTMLタグを使えば「テキストに定義・意味を与える」ことができます。下記は一部のHTMLタグです。

  1. <head></head>・・・サイトの基本情報
  2. <body></body>・・・本分
  3. <title></title>・・・タイトル名
  4. <h1></h1>・・・大見出し
  5. <h2></h2>・・・中見出し
  6. <h3></h3>・・・小見出し
  7. <p></p>・・・段落を分ける
  8. <br>・・・改行する(閉じタグは不要)
  9. <b></b>・・・太字にする
  10. <i></i>・・・イタリック体にする
  11. <u></u>・・・下線を引く
  12. <del></del>・・・文字の削除・訂正(例:HTML)
  13. <ol></ol>・・・1.2.3…など順番を付けてリスト化
  14. <ul></ul>・・・●など順番を付けないリスト化

このようなHTMLタグを使って、テキストに定義付けを行い、Webサイトの骨組みを作っていきます。

2.HTMLの歴史

HTMLの最初の設計、考案者はティム・バーナーズ・リーというイギリスの計算機科学者と言われており、1989年にスイスにある欧州原子核研究機構のCERNで開発され誕生しました。その後、1997年にはHTML4.0が勧告され、1998年にはiTunesのリストなどにも使われているXML1.0がW3Cから勧告されます。

そして、2000年にはHTML4.0を基にXHTML1.0が勧告され、2008年には従来のHTMLより拡張性と互換性の優れたHTML5の草案が発表されます。そして現在では、プラグインを使わなくても動的な機能が扱えて、ブラウザ間の互換性を気にしなくていいHTML5が主流となっています。HTMLについて参考書などを使って学ぶ場合は、HTML5の内容を学び身に付けます。

3.HTMLとCSSの関係性

HTMLはCSSと非常に関係性が深いです。Webサイトを作るためには、HTMLだけでは味気ないデザインになってしまうため、CSS(Cascading Style Sheets)言語などを使用して見やすく・わかりやすいデザインに仕上げるのが一般的です。

HTMLはテキストを定義付けすることはできますが、テキストのフォントを変えたり、画像サイズを変えたり、背景色を変えたり、レイアウトを変更することはできません。しかし、CSSを使えば、HTMLタグで囲んだテキストなどを装飾することができます。CSSはセレクタ、プロパティ、値の3つの要素を用いて、デザインを施し、Webサイトの見栄えを整えます。下記は主要なプロパティの一部です。

  1. color・・・文字色指定
  2. font-family・・・フォントの種類を指定
  3. font-weight・・・フォントの太さを指定
  4. background・・・背景の指定
  5. background-color・・・背景の色を指定
  6. width・・・幅を指定
  7. height・・・高さを指定

HTMLだけでなくCSSも学ぶことで、見栄えの良いWebサイトを作れるようになります。

2.HTML・CSSを勉強する際のおすすめ専門書

ここでは、HTMLとCSSが初心者の方向けのおすすめの本を紹介します。

1.はじめてのHTML+CSS

はじめてのHTML+CSSは実際に架空の企業用ホームページを作成しながら、HTMLとCSSの知識・テクニックを学んでいきます。非常に内容がわかりやすく、間違えやすい箇所も丁寧に解説されています。HTMLとCSSの2つの言語を基礎から学びたい方におすすめの本です。

2.HTML演習HTML5対応版

HTML演習HTML5対応版は、HTMLを演習形式で学んでいけるため、項目ごとに確認問題があり、自分の理解度を客観的に確かめながら学べます。また、各章の終わりには演習問題も用意されており、実践的な内容となっているため、クリアしていくごとに知識・テクニックが身に付いているのが実感できます。

著者がプログラミングや開発演習の講師などをしている方なので、シンプルでわかりやすいのが特徴です。

3.スラスラわかるHTML&CSSのきほん

スラスラわかるHTML&CSSのきほんは、HTMLとCSS初心者のための基礎から学んでいける本です。実際にWebサイトを作りながら、学んでいけるため知識だけでなく実践的な技術も身に付きます。フリー素材などのコンテンツもすべても公式Webサイトからダウンロードでき使えるようになっていますので、まったく初めての方でも安心して作れます。

4.HTML5&CSS3デザインブック

HTML5&CSS3デザインブックは、Webページにおける段組みや、ブログ・ニュース系サイト、ビジネスサイト風などのサイトを作成しながら学ぶ本です。サイトの見栄えを良くするテクニックや、使い勝手を向上する方法などが学べます。

5.HTML5&CSS3標準デザイン講座

HTML5&CSS3標準デザイン講座は、HTMLとCSS初心者の方でも簡単に技術を身に付けられる本です。HTMLの概要や画像などの挿入方法、CSSで装飾する方法やレイアウトについてなど、基礎の基礎から学んでいけます。とてもわかりやすく解説されているのが特徴ですので、他の本で勉強が続かなかった方でも安心です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、HTMLの役割や特徴などの基礎知識、また、HTML・CSSの初心者向けおすすめ本について紹介しました。HTMLは、サイトのテキストなどを定義付けするための言語であり、ほとんどのWebサイトに使われています。

HTMLと合わせてCSSも勉強することで、装飾することができるようになり、より見栄えの良いサイトを作れるようになります。これから、勉強を始めていこうと考えている方は、今回紹介した本も参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です