Home / Google / Gmail / Gmailは仕事で使えるか?現場で使えるセキュリティ強化方法5つ

Gmailは仕事で使えるか?現場で使えるセキュリティ強化方法5つ

Pocket

2009年に本格使用が開始されたGmail。いまや世界中で10億人以上ものユーザーがいます。

世の中にはいろいろなメールクライアントがありますが、果たしてGmailは仕事で使えるのでしょうか?プライベートで使うだけにとどめておいたほうがいいのでしょうか?

ここでは、Gmailの特徴と、現場で使えるセキュリティ強化方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Gmailが世界中の人から選ばれる理由

Gmail

ではまず、どうして世界中の人が自分の使うメールクライアントにGmailを選ぶのか、考えてみましょう。

Gmailのメール検索機能が素晴らしい

世界中の多くの人の毎日に、なくてはならないGmail。何気なく使っているメールクライアントですが、実はメール検索機能がとっても優れているってご存知ですか?

「あれっ?あのメールどうしたかな?」そういえば、あの人からメール来てないのかな?という時、Gmailを検索すれば、即座にメールを探し出してくれますよね。

これは流石に検索エンジンもやっているGmailとも言える技術で、「あいまいなキーワード」でも該当のメールを探し出してくれるからです。これはとても他のメールクライアントには太刀打ちできません。

「クローラー」、「インデクサー」、そして「サーチャー」という3つのプログラムで、情報を探し出して記録、そしてそこからピックアップすることに長けているのです。

また、最近ではAIも導入されているとのことですので、ますます検索力に拍車がかかったというわけですね。

だから私達は日々、必要な情報を即座に得ることができるのです。

PCだけでなく、スマホやタブレットでも使える

GmailをPCだけで使っているという人は、今はもはや少数派なのではないでしょうか?Gmailは、発表当初でこそPC版のみでしたが、その後スマホ版、タブレット版も発表されています。

いまでは、スマホやタブレット版をメインに使っているという方も多いのではないでしょうか?

PCでMacとWindowsの区別がなく使えるように、スマホでもiPhone、Android両方のアプリが発表されています。もちろんGoogleですので、Androidのスマホにはデフォルトでインストールされています。

また、PCやスマホ版とは多少、インターフェイスが違うかも知れませんが、タブレット版もあります。こちらも左にメールリスト、右側にメール内容が表示され、慣れるとすごく使いやすいです。

PCやスマホを変更してもGmailのメアドはそのまま

Gmailのメールはクラウドに保存されていますので、PCやスマホなどのハードを交換したとしても、昔のようにメールアドレスを変更する必要はありません。

いままでは、携帯を買えましたからメールアドレスも変更しました、という通知がよく飛び交っていた時期もありましたが、大半の方がGmailにしてからはそういえばそういうメールを打つ必要もなくなったのではないでしょうか?

それというのもGmailがクラウドに保存されているため、必要な時はクラウドからメールを呼び出してくればいいだけの話だからなのです。

Gmailのセキュリティ診断をしよう

Gmailには強固なセキュリティー診断ツールもあります。いったいそれはどうやれば使えるのでしょうか?ご紹介致します。

実はこの「セキュリティー診断」は2018年になって新しくなったものなのです。より強固にメールをスパムやウイルスから守ってくれます。

スパムやマルウエアをフィルタリング

スパムとか、マルウエアというインターネット関連の用語を聞いたことがある人も多いかも知れません。実はこれらはインターネット上を常に飛び回っていて、他人のPCなどに侵入して悪さを働くウィルスなのです。

Gmailはなんとこれらのスパムやマルウエアを自動的にフィルタリングしてくれています。

そのため、時々Gmailを開くと「不審なメールをブロックしました」という旨のメッセージが出ることもあるかと思います。

私達がGmailを使っていない時でも、一生懸命害を与えるようなメールが送られてきていないか、見張っていてくれているのです。

現在の端末の状態を診断

Gmailのセキュリティー診断のひとつである「お使いの端末」では、最近使った端末を表示してくれます。

例えばPCとスマホで使ったのであれば、PCならWindowsかMacか、スマホなら機種名まで特定して表示してくれます。それにアクセスされた日時や国名も特定してくれるのです。

これにより、変な端末からアクセスがないか、ひと目で確認することができます。身に覚えがない国名や端末名があれば、「端末に心当たりがない場合」という文字をクリックし、すぐにパスワードを変更しましょう。

サードパーティによるアクセス

Gmailのセキュリティー診断画面には「サードパーティによるアクセス」という項目があります。これは、アプリ中でGoogle関連の権限へアクセスが可能となっているものを表示しています。

また、Androidスマホの場合はGoogle Play以外のアプリからのアクセスだと、「危険度が高く問題あり」と表示されるようです。

このような場合には、自分がアクセス可能な権限を確認し、見に覚えがないものがあれば、不正にアクセスされている可能性もあるので、パスワードを変更したほうが賢明です。

次ページ:セキュリティを強化するには

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

gmailの受信通知をカスタマイズ!gmailの通知設定方法全3種類

Gmailは、今や使っていない …

Facebookでのご購読が便利です