Home / ネットワーク・IT / SNS / Facebook / Facebookの「知り合いかも?」を非表示にする方法

Facebookの「知り合いかも?」を非表示にする方法

Pocket

1
Facebookの「知り合いかも?」は、本当に知り合いである場合も確かに多いのですが、実際には知り合いでないのに、ここに表示されてしまうという場合も多いですね。今回は そんな「知り合いかも?」リストを非表示にする方法 をご紹介します。

スポンサーリンク

リストから個別に消していく方法

Facebookの公式ヘルプページでは、「知り合いかも」リストについて次のような説明がなされています。

”これは自動機能であるため、時には、知らない人や、友達になりたくない人が表示されることもあります。このような人を表示から削除するには、その人の名前の横にある[X]をクリックします。Facebookがあなたに代わって、このリストに表示された人に友達リクエストを送ることはありません。”

「知り合いかも?」で表示させたくない人の名前の横に表示されている 「X」 をクリックすることで、リストからその人を個別に削除できるようです。

特定の人をブロックする方法

特定の人をブロックしてしまえば、その人が「知り合いかも?」リストに表示されることはありません。この方法は非常に有効な手段でありますが、「知り合いだけれども、友達になりたくない人」にこの方法を行ってしまうと、現実の人間関係に影響を与えかねませんので十分注意してください。

もちろん、ブロックした人に対してFacebookから通知が送られることはありませんが、その人が自分のページを見ようとした時や友達リクエストを送信しようとした時にはすぐにわかってしまいます。

自分を他人の「知り合いかも?」に表示させないようにするには?

結論から申し上げると、自分の存在を完全に隠すことは不可能です。どうしても嫌な場合はFacebookアカウントを削除するしかありません。しかしながら、全く無関係な人に対して、自分を「知り合いかも?」リストに表示させない方法はあるようなので、ご紹介します。

方法1「自分を検索できるユーザー」範囲を設定する

Facebookの設定の「プライバシー」という項目の中から、「私を検索できるユーザー」を「友達」に設定します。これで、友達以外の人が自分をむやみに検索することはできなくなります。

方法2 Facebookにインポートした連絡先を削除する

特にスマホアプリでFacebookを利用している方に多いのですが、Facebookは自分の持つ連絡先情報からも友達を検索しています。この連絡先情報をFacebookから削除しましょう。

Facebookの「知り合いかも」の仕組みとは


Facebookの「知り合いかも」は自分が知っている人かもしれない人を表示してくれる機能です。旧友との再会を手助けしてくれることもあるかもしれません。

しかし実際は知り合いでも何でもない人が表示されることの方が圧倒的に多く、邪魔であると感じてしまう人も少なくないようです。

本項目では Facebookの「知り合いかも」の仕組み について解説します。

「知り合いかも」に表示される基準

「知り合いかも」に表示されるユーザーが選ばれる基準についてはFacebookの公式ヘルプページで明記されています。

「知り合いかも」に表示される基準

  • 共通の友達がいる人
  • 同じFacebookグループに参加している人、または同じ写真にタグ付けされている人
  • 同じネットワーク(学校、大学、職場など)に所属する人
  • アップロードした連絡先に登録されている人

共通の友達がいる人

「共通の友達がいる人」は最も一般的な理由となっているようです。友達の友達は知り合いである可能性も高いですからね。

同じFacebookグループに参加している人

Facebookには仲の良い友人同士が集まる「グループ」という機能があります。そのグループに所属しているユーザーの中から友達登録を行っていない人が選ばれるようになっているようです。

同じグループに参加していても友達登録はしていないというパターンもあるでしょうから、これをきっかけに友達になることもあるようですね。

また写真のタグ付けも「知り合いかも」に選ばれる要素となるようです。「写真のタグ付け=同じ写真に写っている=知り合いかも」という判断だと思われます。

同じネットワーク(学校、大学、職場など)に所属する人

プロフィール設定を参照することで共通点を持つ人を表示するようです。

細かくプロフィールを設定している場合、こちらから知り合いが見つかる可能性もあるようですね。しかしあくまで「知り合いかも」ということでまともに会話したことない人が表示されることも少なくありません。あまりあてにはできないかもしれません。

アップロードした連絡先に登録されている人

Facebookではスマートフォンの連絡先を同期させる機能があります。同期できるものは携帯電話やメールアドレスとなっており、アップロードしておくと「知り合いかも」に表示されるようになります。

実際に連絡先を交換済みである人が表示されるため「知り合いかも」ではなく「知り合い」であることが確定しています。この点で肝心なのはFacebook上で友達になりたいかどうかだと思います。

携帯の連絡先が友達ばかりなら良いのですが、ビジネスメインで使っている場合はアップロードしないほうが良いかもしれませんね。

検索すると「知り合いかも」に表示される?

Facebookユーザーが気にしている「足跡機能」は存在するのか?という疑問があります。

mixiなどでは足跡機能から訪問した日時が分かるようになっています。このことから 「Facebookにも足跡機能があるのではないか?」 と考える人も少なくないようです。

結論から言うと現状Facebookユーザーが訪問履歴を確認できるような手段は存在していません。そのようなページも存在していませんし「知り合いかも」に表示される基準として訪問履歴が参照されている気配もありません。

アップデートによって変更される可能性はある

訪問履歴はFacebookユーザーが確認できないだけで、Facebook運営側ではしっかりと保存されていることは確かでしょう。それらのデータが有効活用できることが判明したら、ユーザー側にも分かる形で利用されることもあるかもしれません。

「知り合いかも」の機能は定期的なアップデートによって繰り返し改善が行われています。現在は訪問履歴を使っている様子はありませんが、突然の方針の変更がされる可能性もゼロではありません。

一括して削除することはできない?

「知り合いかも」に表示されるユーザーは全く知らないという人であることも少なくありません。一つ一つ削除していくのは骨が折れてしまいますから、一度に削除できないの?という気持ちもありますよね。

残念ながら「知り合いかも」の一括削除はできないようになっています。削除していくには一人一人削除していくことが求められています。知り合いかどうか確認してもらいたいというFacebook側の思惑からこのような処置が取られていると思われます。

あくまで「知り合いかも」ということ

表示ユーザーはあくまでも「知り合いかも」に過ぎないということです。「友達登録のおすすめユーザーですよ」と押し付けがましいものではなく「知り合いかもしれないから確認してくださいね」といった趣旨の機能です。

リストに表示されたからといって勝手に友達申請が送信されることもありませんし、放置しておいても全く問題ありません。気が向いた時に「もしかしたら知り合いがいるかも」と軽い気持ちで見てみる程度で良いのではないでしょうか。

もしかしたら古い親友との再会を果たしてくれるかもしれませんし、素敵な出会いのきっかけとなる可能性も否定できません。Facebookの出会いを手助けしてくれる機能として向き合うことをおすすめします。

まとめ

そもそもSNSは、インターネット上で多くの人と関係を保つためのツールですから、関係を狭めるようなオプションはそう用意されているものではありませんし、当然といえば当然です。(逆にそのような機能が嫌である場合は使わなければよいのです)Facebookにむやみやたらに個人情報を上げているわけでもなければ、過剰に敏感になる必要はないのかなとも感じます。しかしながら、あまりにも無関心でいると、アップロードした画像から自分の居場所がわかってしまったりなどという恐ろしい側面も持ちますので、SNSの利用にはある程度の注意が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

相手にバレる?Facebookで友達をブロックする手順と効果8つ

ツイッターやインスタグラムとい …

Facebookでのご購読が便利です