オリジナルのFacebookのカバー写真を作成できるサービスと登録方法

LINEで送る
Pocket

3
Facebookを利用していると、友人のカバー写真、意外と気になりませんか??同じように、あなたのカバー写真も多くの人に見られています。せっかくなのでいいモノをのせておきたいですよね?

今回は、Facebookのカバー写真を作成するサービスCover Designerを紹介します!

スポンサーリンク

pagemodoでシンプルに、かつ本格的なデザインを、素早く。

無料でかっこいいFacebookカバー写真をつくれることで定評のあるpagemodo。
画像をアップロードして、テキストや絵をを追加することで簡単にカバー画像が作成できます!
※利用にはFacebookアカウントが必要です。

とにかく作ってみよう!

まずはホームページへアクセス

https://www.pagemodo.com/ja/welcome/cover-photos
へアクセスしましょう!
1

出典:pagemodo公式

中央の「さっそく、スタート!Facebookへログイン」ボタンをクリックすると、別ウィンドウがひらいてFacebookへのログインが表示されますので、ログインを行ってください。
次に「カバー画像を作成しよう」を選択してください。
途中何度かFacebookへのアクセス許可を聞かれますが、すべてOK(承認)してください。
2

デザインの選択

まずはじめにデザインを選択します。
複数あるデザインの中から、気に入ったものを選択してください。
後から自由に変更することが可能なので、良さそうなものをテキトーに選んでしまってもかまいません。

背景画像の選択

背景画像を一覧から選ぶか、PCからアップロードします。
これも後から自由に変更することが可能なので、とりあえずでもかまいません。

編集作業

ここが一番大切な作業かもしれません。
画像のサイズや角度を自在に操作することができます。
はじめて行う場合はまずは画像サイズの変更や角度を調節し、背景デザインとマッチさせてみましょう。
これだけでも十分かっこいいカバー画像ができるはずです。
操作は日本語で行う事ができます。PCからであれば直感的に動かすことができるので便利でしょう。

もっと高度な画像をつくりたい

高度な画像を作りたいという方は、オンラインサービスに頼らず、自分で編集を行うのが一番よい方法です。
というのも、オンラインサービスで高度な編集を行う場合は有償である場合が多いのです。

AdobePhotoshopなどを使って編集作業を進めていきましょう。サイズは幅851ピクセル×高さ315ピクセル、解像度は72ピクセルです。
AdobePhotoshopElementsは、比較的価格は安価ですが画像処理能力は素晴らしいです。
画像処理を頻繁に行うというのであればもっておいて損はないでしょう。

4

まとめ

いかがでしたか?
このようなツールは他にもたくさんあります。「Facebook カバー画像作成」で検索するとたくさんのサービスが出てきますが、どれも登録方法は基本的には同じです。
あなたもイケてるカバー画像をつくって、公開してみませんか??

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です