初心者向けandroid講座~ホーム画面のカスタマイズとライブ壁紙設定

LINEで送る
Pocket

スマートフォンの有用性の高め方はいろいろありますが、今回はホーム画面をカスタマイズすることや壁紙の設定をお勧めしたいと思います。

本記事では、androidのホーム場面をより、機能的に、かつファッショナブルにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

tsuch160130520i9a6560_tp_v

androidのホーム画面をカスタマイズして使い勝手を向上させる

自分に合ったランチャーを設定する

androidのスマートフォンからアプリを実行するには、基本的にホーム画面にあるアイコンをタッチするという方法を採ることになります。

スマートフォンを使い込んでいくと、元々入っていた標準アプリ以外に様々なアプリをインストールすることになるので、ホーム画面をカスタマイズすることで使い勝手を上げた方がいいでしょう。

そうしないと、不要なアプリのアイコンがあって邪魔だったり、外出時によく使うアプリのアイコンが見当たらなかったりして使いにくいからです。

では、ホーム画面をカスタマイズするにあたり、どういった点に気をつければいいのでしょうか。

まず、ホームのシステムについて知っておきましょう。ホームはランチャーと呼ばれるアプリに基本的に依存します。

つまり、どのランチャーを利用するかによってホームのシステムは変わってくるということです。

なのでまず、自分に合ったランチャーを探すのが大事になってきます。たとえば、ランチャーによって端末のメモリ消費量が変わってくるので、搭載メモリサイズが少ない端末でメモリ消費量の多いランタャーを使うと、常に動作が重くなってしまうことがあり得ます。

よって、スペックの低いスマートフォンを使っている場合は軽いランチャーを導入するといいでしょう。

最新型のスマホでスペックも十分であれば、重いランチャーでも問題ありません。

アイコン配置を工夫しよう

ランチャーを決めたら、アプリのアイコンを配置していくことになります。

ここで需要なのは、よく使うアプリのアイコンは必ずトップに置くということです。

アイコンをおける場所はランチャーの設定によって複数用意することができます。感覚としては横スライドの棚をイメージするとわかりやすいでしょう。

棚をスライドさせるごとに置き場所が出てきて、そこにアプリを置いていけるのです。

この棚の真ん中がトップ、つまり、ホーム画面の中でもっとも基本的なところということになり、端末のホームボタンをクリックすると瞬時に表示されます。

なので、よく起動するアプリのアイコンはここに置いておけば、探す手間がかからないのです。

そして、トップの両脇の部分に、使用回数はそれほど多くないものの、使うことがあるというアプリのアイコンを置いていきましょう。

この場合、場所ごとにジャンルを決めておくと便利です。

たとえば、動画を見たり、音楽を聴いたりといったメディアに関するアプリのアイコンはこの辺、仕事に関係するアイコンはこちらという風に分けておくと探しやすくなります。

また、ホームにはアイコンだけではなく、ウィジェットと呼ばれるプログラムを置くことも可能です。

ウィジェットとはアプリの機能の一部を取り出し、それを実行させたもので、たとえば株価を閲覧するアプリのウィジェットをホームに置くと、自分が持っている会社の株がリアルタイムでいくらなのか、アプリを起動しなくても表示させることが可能です。

ウィジェットをうまく使うと、画面を見るだけで必要な情報をすぐに確認することができるので有効に使ってみましょう。

ただ、注意しなければならないのは、ウィジェットをたくさん置いてしまうと、アプリをそれだけ動かすということになるので、バッテリーの消費量が増えるということです。

なので、バッテリーの減りをできるだけ少なくしたいという場合は、必要最低限のウィジェットを置くようにしましょう。

では、ホームに設置したアイコンやウィジェットを移動したり、削除したい場合はどうすればいいのでしょうか。

この場合は、指で該当するアイコン、ウィジェットを長押しすることで別の場所に移動させたり、ゴミ箱に入れることが可能になります。ゴミ箱はアイコンやウィジェットを画面上部に持っていくと自動的に表示されます。

androidのライブ壁紙の紹介と設定方法

20981bbb14a81aae253d012d9b0634ef_s

壁紙の変更方法

パソコンや携帯電話(ガラケー)を利用している人で、ホーム画面の壁紙を自分が気に入った画像に変更することができます。

パソコンや携帯電話と同じように、androidのスマートフォンやタブレット端末でも自分の好きな画像を自由に壁紙に設定することができます。

壁紙の変更方法ですが、「設定」画面から「壁紙」をタップします。

するとメニューが表示され、「ギャラリー」「フォト」「ライブ壁紙」「壁紙」から選択することができます。

デフォルトの設定は「壁紙」の中の画像が表示されています。自分で撮影した写真などを選択する場合には、「ギャラリー」をタップして好きな画像を選ぶことができます。

「ライブ壁紙」とは

androidはパソコンや携帯電話にはない機能として、「ライブ壁紙」があります。

これは“動く壁紙”で、アニメーションを壁紙に設定して動かすことができます。デフォルトでも動く壁紙が何種類か入っているので、実際に設定して試してみると良いでしょう。

デフォルトでも数種類の「ライブ壁紙」が入っていますが、好きな壁紙をダウンロードして自由に設定することも可能です。

Google Playで検索をすると、時計やカレンダー、天気予報などが表示される実用的な壁紙から、動く魚や動物、街や自然の風景、アニメーションなどが表示される壁紙を入手することができます。

人気の高いライブ壁紙

人気の高いライブ壁紙を紹介します。

実用的なもので一番人気が高いのは、時計が表示される壁紙です。

壁紙はウィジェットよりも大画面で表示されるので、見やすくて便利です。

アナログ時計やデジタル時計が表示される壁紙があり、いろいろなデザインの時計を選ぶことができます。

インターネット上から自動的に天気予報の情報ロードして、時計と天気予報を表示してくれる便利な壁紙もあります。

実際の天気情報を元に、擬似的に空模様を合成して表示する壁紙もあります。これらの壁紙は、Google Playで「壁紙」「時計」「天気」などのフレーズで検索すると見つけることができます。

美しいアニメーションが表示される壁紙も人気があります。

星空や銀河が表示されて、端末を動かすと加速度センサーが反応して星空の風景が変化する壁紙があります。

国際宇宙ステーションに設置されたカメラの画像がインターネット上に公開されていて、宇宙から撮影した最新の地球画像を壁紙に表示することができるアプリがあります。

星空や宇宙と並んで人気が高いのは、水槽の中を泳ぐ魚(熱帯魚や鯉など)が表示される壁紙です。

手で触れると魚が反応したり、魚が成長するアニメが表示されるような壁紙もあります。

滝を流れる水や、雨や雷などの自然現象をモチーフにした壁紙も人気があります。

インターネットを通して街中に設置されたライブカメラの画像をダウンロードして表示する壁紙や、メッカ(イスラム教の聖地)の様子を撮影したビデオなど、街の風景が表示される壁紙も人気があります。

ライブ壁紙のアプリをインストールしても数MB程度なので、複数の壁紙を入れておいて変更することができます。

ライブ壁紙の使用方法ですが、アプリをインストールするとホーム画面にショートカットが表示されます。

最初にショートカットをタップしてアプリを起動すると、壁紙として表示されるアニメーションや動画などの設定メニューが表示されます。

アニメーションが動く速さや表示させる内容などを自由に選べる場合があります。

自分の好みの設定にしてからアプリを閉じて、「設定」画面内のメニューから、壁紙の表示を切り替えることができます。

アニメーションを速く設定すると、CPUに負荷がかかってアプリの動作が遅くなったりバッテリーの持ちが悪くなる場合があるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

より快適に、かつスマートにandroidをご使用してくださいね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です