Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / Bluetooth / Bluetooth機器をマスターしよう~接続方法からおすすめ機器まで

Bluetooth機器をマスターしよう~接続方法からおすすめ機器まで

Pocket

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

Bluetooth機器は使っていますか?イヤホン、スピーカー、マウス、キーボード、カメラなど、さまざまなBluetooth機器があり、スマホと接続することで非常に便利に利用ができます。

ここでは、Bluetoothの接続方法やおすすめ商品について紹介しています。「これからBluetooth機器を使う予定」「使ったことがないけど興味がある」という方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Bluetooth機器とスマホの接続方法

Bluetoothの接続方法は非常に簡単です。Bluetooth機器とスマホを用意して、あとは下記のステップですぐに接続ができます。

①Bluetooth機器のペアリングモードをONにする

Bluetooth接続をしたい場合は、まずBluetooth機器のペアリングモードをON設定にします。OFFのままでは接続できませんので注意が必要です。

②スマートフォンでBluetooth機器を検索

iPhoneやAndroidスマホ側でもBluetooth設定をONにします。すると、Bluetooth機器を自動で検索してくれます。ペアリングをする際はできる限り、Bluetooth機器とスマホの距離を近づけましょう。

③スマートフォンで機器に接続

接続ボタンを押してスマホ側でBluetooth機器に接続をすれば完了です。これにより、スマホから音楽を送信して、ヘッドホンなどのBluetooth対応機器で音楽を楽しむことができます。製品によっては接続の際にコードの入力が必要です。

2.Bluetoothが繋がらないときに確かめること

0742e91a56165dd88071d324855b9126_s

日常の中でBluetooth機器を使うことが多いと、うまく繋がらないときがあります。そういうときはどうすればいいのか?何を確かめればいいのか?これからBluetooth機器を利用予定の方は把握しておきましょう。

BluetoothがONになっているか

Bluetoothが繋がらないときにありがちなのが、Bluetooth機器・スマホのどちらかがBluetooth設定がOFFになっている場合があります。Bluetooth機器・スマホそれぞれ設定がONになっているか確認をしましょう。

ペアリングができているか

ペアリングが正常にできていない可能性もあります。手順通り進めたとしても他の機器にペアリングされてしまうこともあります。再度、該当機器とペアリングできているか確認しましょう。

プロファイルがあっているか

初めてBluetooth機器を購入した場合には、プロファイルが異なり接続できない可能性があります。プロファイルがあっているか確かめましょう。

それでも繋がらないとき試してみること

上記の方法を試しても接続状況が改善しない場合は、一度、Bluetooth機能をOFFにしてみましょう。

一度Bluetooth機能をOFFにしてみる

一度Bluetooth機能をOFFにして再びONにしてみましょう。もしくは、登録されている機器を一度削除するのも効果的です。再び接続を試みることで、うまく繋がる場合があります。

3.Bluetooth機能搭載のおすすめ商品

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

ここでは、Bluetooth機能を搭載したイヤホン・スピーカー・マウス・キーボード・カメラのおすすめ商品について紹介します。

イヤホン系

【Apple】 AirPods

2017年にAppleから発売されたAirPods。光学センサーとモーション加速度センサーにより、AirPodsを耳に装着すれば自動で音楽が再生され、AirPodsを耳から外すと一時停止になります。

1回の充電で5時間再生ができ、iPhoneとの親和性・デザイン性の高く使いやすいイヤホンです。

【NuForce】 BE Sport3

BE Sport3はわずか13gと非常に軽いカナル型のイヤホンです。防塵・防水性能も備わっているので、運動中でも安心して使用できます。

使っていないときも首からイヤホンが落ちないようにイヤホン後部にはマグネットが備わっています。最長10時間使えるので、外出中も心配いりません。

【SoundPEATS】 Q30

SoundPEATSのQ30は、コストパフォーマンスの優れたイヤホンです。8時間の連続再生が可能で、迫力ある低音を楽しめます。価格は3,000円〜4,000円程度ですが、満足できるクオリティに仕上がっています。「安くて良いイヤホンが欲しい」という方におすすめです。

【JVC】 HA-FX33XBT

JVCから発売されているHA-FX33XBTは、メタルボディで最大14時間連続再生が可能で、重低音を楽しむことができます。ネックバンドスタイルなので、首回りにフィットし、ハンズフリー通話も可能です。

スピーカー系

【Anker】SoundCore Sport 防水Bluetoothスピーカー

Ankerの防水BluetoothスピーカーSoundCore Sportは、コストパフォーマンスの優れたスピーカーです。価格は2,999円と手頃で、IPX7防水認証で最長30分水深1Mまで対応できます。また、水の中に落ちたとしても、自然に浮いてくる作りになっています。

コンパクトサイズで持ち運びも便利なので、自宅の浴室で音楽を楽しんだり、海など外出先に持っていて使用することもできます。バッテリーも10時間持つため安心です。

【SONY】ワイヤレススピーカー SRS-X11(L)

SONYのワイヤレススピーカーSRS-X11(L)は、最長12時間の再生が可能で、キューブ型のオシャレなスピーカーです。カラーバリエーションも豊富で省スペースにも置けますので、インテリアにも馴染みます。

実用出力10Wのフルレンジスピーカーを搭載し、側面には2つのパッシブラジエーターを配置しているため、コンパクトボディでありながら迫力のある音質を楽しめます。

マウス・キーボード系

【ELECOM】 3ボタン Bluetooth IRマウス M-BT12BR

ELECOMのM-BT12BRは、1,000円前後のリーズナブルな価格でありながら、長く使っていけるワイヤレスマウスです。単4形電池2本で最長10ヶ月使うことができます。カラーバリエーションも豊富なため、好きなデザインが見つかります。

【Anker】ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

Ankerのウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードは、2,000円程度のリーズナブルな価格でありながら、非常に軽量で使い勝手の良いキーボードです。iPhoneやiPadなどと一緒に持ち運び、どこででも仕事ができます。

単4電池で3ヶ月以上使用することも可能です。キーの素材にもこだわっており、快適なタイピングを実現します。

カメラ系

【Canon】PowerShot G7 X Marlk II

CanonのPowerShot G7 X Marlk IIは、19種類もの撮影モードを搭載しており、初心者でもまるでプロのような写真を撮ることができます。1.0型CMOSセンサーやF1.8-2.8の光学4.2倍ズームレンズを搭載しているため、高画質な写真をいつでも楽しめます。

【Casio】EXILIM EX-ZR1800 GD

CasioのEXILIM EX-ZR1800 GDは、メイクアップ機能やドラマチックスロー機能を搭載したデジカメです。専用アプリを使いBluetooth接続することで、スマホからカメラの画像を見ることができます。価格も2万円〜2万5千円程度と高くありません。

まとめ

いかがでしたか。Bluetooth機器への接続は非常に簡単ですが、うまく接続できない場合もあります。その際は、紹介した内容を確認するようにしましょう。

Bluetooth機器はリーズナブルな価格のものも多いですので、ぜひ、実際に使ってみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

超便利?iPhoneでBluetoothイヤホンを使う理由3つ

Bluetoothイヤホンは使 …

Facebookでのご購読が便利です