auユーザー向け!通信速度制限対策

LINEで送る
Pocket

多くの方が一度は経験してしまう、「通信速度制限」。
スマートフォンの通信が途端に悪くなり非常に煩わしいですよね。

今回は、auユーザーの方向けに、通信速度制限の対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1-3-660x330

au通信速度制限の確認方法と対策について

携帯電話の各社では、iPhoneやAndroidスマホで月の通信量の上限が超えた場合に通信速度の制限を課していますが、そもそもなぜ規制がかかったのか、また制限はいつまで続くのか、出来ればこの規制を解除したり、制限自体を回避できる様に工夫する事ができないのか、その方法について説明致します。

通信速度制限とは

iPhoneやスマートフォンは、各社の契約プランにもよりますが、毎月の利用できるデータ通信量には上限があります。その上限の通信量を超えると、ペナルティーとして通信規制がかかって早さが、送受信最大128kbpsまで下がってしまいます。

ピンとこない数値かも知れませんが、LTEの通常の回線は100Mbpsと言われ、この128kbpsと言う数値は単純に計算すると781分の1の速度です。

Webページの表示はだいぶ待たされ、動画などはスローでしか動きません。下手をすると止まっている様な感覚にもなります。

しかも、ネットだけではなく、通信を利用するアプリ全てが影響を受けるため、相当のストレスがかかります。auの旧料金プランのLTEフラットでは、当日を除く直近3日間の規制もかかります。

尚、auの定額制は現在7GBが主流となっています。そして、この通信速度の規制は、auの場合は月末まで続き毎月1日は、順次解除されていきます。

但し、追加チャージをする事もできて、課金をする事により通信速度制限を即時解除する事ができます。

やり方としては、規制する予告メールや実際に規制を開始したことを知らせるメールが届きます。このめーるに書かれているURLからサイトへ入っていき、追加用のデータ通信量を購入する事で通常に戻す事ができます。

ちなみに追加の料金は、他2社が1GBからの購入に対して、auは0.5GBの追加で550円、1GBで1000円となっています。また、各社もそうですが、この追加課金を自動的に行う事もでき、auではエクストラオプションといった名称で、月間の通信量を超過したら自動的に追加課金をして容量を増やす事ができます。

なぜ通信速度制限になるのか

ここからが基本的な事で大事な話になりますが、元々なぜ通信速度が制限されたか説明します。

データ通信量は、単純に説明するとその名の通りデータのサイズにあたります。
例えば100MBの動画を再生すれば、当たり前ですが100MBの通信量を消費します。

結局、You TubeもしくはHuluの動画などを長時間見たり、大容量のゲームアプリを多くダウンロードしたり、大きなサイズのコンテンツを利用する分だけ通信量は消費されてしまいます。

最近では、LINEミュージックやAppleミュージックなど音楽を聴き放題のサービスがありますが、この様な音楽を長時間聴くだけでも通信量は大きく増加します。

具体的に説明すると、音質が192kbpsの5分間の曲のサイズはおおよそ7.2MBになり、1GBで聴けるのは約694分。

7GBのデータ通信容量のプランなら約81時間、1日あたり3時間になります。あまり意識せず音楽をこの様に長時間聴いていると、知らずして所定のデータ通信量は超えてしまいます。

ちなみに、パソコンと繋いでデザリングを行っている状態で、高価質のHD動画を再生すると、2時間程で6GBに達してしまうので注意が必要です。

手軽にできる制限対策

この様な事を踏まえての対策ですが、スマホをWi-Fiを活用する事によりデータ通信量を減らす事ができます。

キャリアが提供しているスポットやコンビニなでを利用すると良いです。また、バックグラウンド通信を制御するのも良いです。

通信がオンになっていると常にアプリがネットに接続しているのでオフにします。

その他にも、プラウザデータ圧縮機能を使用したり、それから、毎月データ使用料をauサイトでマメにチェックし、速度制限がかからない様に注意していくと良いです。

auスマートバリューで通信費を節約

ol

auでは、この通信費を割引するサービスを展開したのです。
それがauスマートバリューです。

良く聴くこのサービスは、どんな形で割引されるのかというと、つまり、携帯電話の契約と固定通信サービスの契約を結びつけてそれに伴って割引をするという形になっています。

通信会社としては、各々のスマートフォンと基地局とで通信を行うことで、通信混線を起こすことを危惧しました。

やはり、通信回線の混線は、通信速度を遅くさせ、正常に起動しない障害を起こします。よく年末年始に「あけおめメール」など、皆が一斉に送ると通信混線を起こして、正常にメールが届かない、という現象があります。

あれは、各通信媒体が一気に通信を行うため、電波が混線することが原因となっています。

それを防ぐためには、各通信媒体から各々通信を行うのではなく、途中に小規模な通信基地局を通して行うことで、それが緩和されると目論んだのです。この小さな基地局というのが、個人宅の固定回線であったり、街中のWi-Fiスポットでした。

さて、ここまでご説明して、通信会社の目論見がわかったところで、では、通信会社が何の普及に力を入れないといけないか?というと、もうお分かりですね。次は、固定契約を更に拡大しようとしたのです。

スマートフォンの普及と同時進行で、auでは、auひかりなどの固定契約の促進に力を入れ始めました。

しかし、携帯電話と違って、自宅の固定回線を変えるのは、顧客側でもかなり抵抗のあるものでした。

それはなぜかというと、面倒な工事をしなくてはいけないのではないか?また新たにパソコンの設定をし直さなければならないのではないか?という心配があったからです。

確かに、そういった工事であったり、パソコンの設定のし直しは、メカにあまり詳しくない人々にとっては、大きなストレスになります。そう簡単には、なかなか契約に結びつかないのも理解できます。

そこで、この固定契約と携帯電話の契約を結びつけることで、携帯の通信費を割引するというサービスを発信したのです。自宅の固定回線を割引対象の固定契約に変えることで、携帯電話の通信費から980~2000円の割引を受けることができます。

しかも、一人分だけでなく、その固定契約のある自宅に住む家族全員の通信費を割引することができるので、家族単位で考えると携帯代が数千円、多い家庭では1万円近く割引することが可能になったのです。

このサービスが普及してから、自宅の固定契約を変える人々が増えてきました。
しかも、自宅で、Wi-Fiが使えることで、通信規制や通信速度の心配をせずに、更に快適にスマートフォンでWEB閲覧が可能になったのです。

このメリットの多い割引サービスは、携帯電話を買う際には、必ずチェックすべき項目であり、この割引を受けるか受けないかによって、月々の携帯代金が大きく違ってくることになります。

まとめ

通信速度制限になり、スマートフォンのレスポンスが遅くなると非常に不快ですよね。

しかし、最近では画像や動画といったものの通信が多く、しばし制限されてしまいます。

Auユーザーの皆さんは、快適な生活のためにもぜひ一度ご検討してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です