AndroidとiOSの比較

LINEで送る
Pocket

現在、スマホの人気をシェアしている二大OSといえば、Google「Android」とApple「iOS」。最新のものでは、大画面や高性能多機能などの面でもお互いにひけをとりません。しかしあえて、今回はこの二つのハイスペックなOSを徹底比較してみました。

特徴と性能

【特許企業とシェア】

Android
1
・Google社が開発したOS。開発環境が公開されており、各企業や個人がアプリを作って公開することができる。
・世界的なシェアNO.1

iOS
2
・Apple社が開発したOS。iPhoneやiPadなどApple社製品でのみ、利用可能。
・日本でのシェアNO.1

【デザイン・UI】

<メリット>
Android
・各メーカーによって、色々なデザインを選ぶことができる。
・スマホケースの種類も増えてきている。
・ホーム画面や着信音はもちろん細かなところもこだわって、自分なりのカスタマイズを自由に行える。
iOS
・シンプルで持ちやすさ、使いやすさは抜群。
・スマホケースの種類が豊富。
・直感的な操作で初心者でも簡単に操作することができる。

<デメリット>
Android
・カスタマイズ性が高い分、操作も複雑になる。
iOS
・壁紙・着信音程度のカスタマイズしかできない。

カスタマイズ性の高いAndroidは、自分の好みに合わせてアイコンやウィジェットを追加したりすることができるのに対し、iOSは最低限のカスタマイズしかできない分、直感的で分かりやすい設計になっているようですね。

【バックアップ・データ保存】

<メリット>
Android
・パソコンとの接続が容易(USBケーブルやBluetoothなど)。
・SDカードを利用できる。
iOS
・オンラインでのクラウドサービス「iCloud」が標準搭載されており、簡単にバックアップを行うことができる。

<デメリット>
Android
・パソコンもしくはGoogleアカウントへバックアップを行うが、機種によって操作方法が異なる。
・バックアップアプリを利用することもできるが、アプリによって使い方が異なる。
iOS
・専用コードでのみ接続可能。
・SDカードは利用不可。

バックアップの便利さではiOSに軍配が上がりそうです。Androidは、使用機種や使用するアプリによって使い方が異なるため、その操作性を十分把握しておくことが必要となります。

【電池バッテリー】

<メリット>
Android
・iOSよりも電池容量が大きい。
iOS
・使っていないアプリは制御されているので、Androidと比べると電池のもちがよい。
・すべてApple社製品を使用しており、互換性が強いため、熱を持つことがない。

<デメリット>
Android
・バックグラウンドで動いているアプリが多いと、消耗が多くなりバッテリーの減りも早くなる。
・機種によっては長時間使用時や充電時に熱を持って暑くなる場合がある。
iOS
・Androidよりも電池容量が少ない。

そのほかの各種機能

【ロック画面の解除】

Android
・顔認証・指紋認証(機種によって異なる)でセキュリティ管理。
iOS
・Touch IDによる指紋認証。

【操作性】

Android
・「スワイプ」や「戻る」ボタンで、片手でも楽に画面移動や操作ができる。
iOS
・「戻る」ボタンは、アプリに依存しているため、いつでも安定して利用することができない。
・大画面の端末では、両手での操作が必要になることが多い。

【その他】

<メリット>
Android
・ワンセグが利用できる。
・おさいふケータイが利用できる。
・防水機能に優れている。
・ブルーライトカットアプリを利用できる。
・たくさんの便利なアプリを活用することができる。
・高性能なカメラ。
・デコメや絵文字を利用できる。
iOS
・快適に利用できるための機能、「3D Touch」(iPhone6s以降)が利用できる。
・アプリ動作が安定しているので、いつでもサクサクとした動作を行える。
・価格設定が安い。

<デメリット>
Android
・アプリ開発の自由度が高い分、やや安定性に劣る。
・操作が複雑化しやすい。
・コストパフォーマンスが高い。(端末料金が高め)

iOS
・画面が損傷しやすい。
・故障した場合、高額な修理費が必要で、Appleストアまで持っていく必要あり。
・各種周辺機器が高い。

上記からすると、シンプルで安定した操作性を誇るiOSは初心者向け、自由なカスタマイズが行えるAndroidは、中級〜上級者むけといったタイプになるのでしょうか。いずれにしてもどちらも高性能ハイスペックなOSです。それぞれ一長一短、好みに合わせて選ぶのがよさそうですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です