Home / Google / Android / android端末でファイルをダウンロードする手順

android端末でファイルをダウンロードする手順

Pocket

日常生活の中で最も親しみが深いデバイスと言えばスマホ。登場してから爆発的にシェアを伸ばしており、モバイル型デバイスとしてはガラケーに代わる立ち位置を築きました。

そんなスマホは現在Android・iOSと呼ばれる2種類のシステムを搭載するものが主流。それぞれ好みはあるものの、使っている方がたくさんいます。

今回はそんなスマホを使ったファイルのダウンロード手順に関わる話題をご紹介。ファイルのダウンロードと言えばパソコンを使って音楽・動画などを落とすことを思い浮かべますが、スマホでも可能です。

中でもAndroidにおける手順を紹介するほか、iOSとの違い・特徴なども紹介するので簡単に知識を身に着けてください。

スポンサーリンク

Androidとは

img_2742-660x330

Android端末によるファイルのダウンロード手順といっても、そもそもシステムについてよくわらからないという方もおられるはずです。そこで今回は、Androidの構造・特徴からiOSとの違いについてもまとめました。

iPhoneとの違い

iPhoneとは、Apple社が販売するスマホの1種。システムとしてiOSを搭載しているのが普通です。対してAndroidとは、Google社が提供するシステムの名前。近年販売されるスマホにはAndroidを搭載する製品が多く存在します。

iPhoneとAndroidの簡単な違いは、前者がiOSと呼ばれるシステムを搭載したスマホの名称であるのに対し、後者はシステムそのものの名前である点。スマホの名称かあるいはシステムの名前なのかという違いです。

なお、iPhoneに搭載するiOSと呼ばれるシステムはApple社のデバイスのみに搭載しています。対してAndroidはGoogleがどの会社でも自由に使ってよいシステムとして公開しているため、シェアで見たら後者のほうが圧倒的です。

システムに関して簡単にいうと、端末を動かすために必ず必要となるベースを指します。スマホのベースとしての役割を果たすのがシステムで、本体に内蔵された個別のソフトなどを動かすために動作するのが通常。

また、AndroidとiPhoneではダウンロードできるアプリも異なります。AndroidはGoogle Playを通してダウンロードするのに対し、iPhoneはApple Storeを使うのが普通。アプリに関してはサードパーティが公開しますが、両システムに対応しているかは開発会社次第です。

一般的にはiPhoneがAppleと呼ばれるブランド名を売りにした高級品というイメージが持たれ、Androidは自由度の高いシステムとも言われます。使いやすさに関しては、iPhoneのほうが初心者向き。Androidは使う人次第で上級者の方も満足する設計です。

Androidの構造

Andoroidは構造(アーキテクチャ)は4層から成り立っています。

最もハードウェアに違いのがカーネルと呼ばれる部分で、主にデータの受け渡しを担当。ハードウェアとソフトウェアを繋ぐ架け橋として機能するのが特徴です。

次にあるのが標準ライブラリカーネルから受け渡されたデータをアプリが理解しやすいように分類・変換する働きをします。

更にあるのがアプリケーションフレームワークと呼ばれる主プログラムアプリの動作をさせるための機能があります。

最後にあるのはアプリケーションユーザーに最も近い部分であり、いわゆるアプリがこの部分に相当。AndroidのアプリはGoogle Playと呼ばれるライブラリから自分好みのものを探してダウンロードするのが一般的です。

アプリケーションは便利なものから娯楽に特化したものまで幅広く存在。ユーザーはそれらを取捨選択して端末にインストールし、システムが答えるようにバックグラウンドで動作します。

Androidの特徴

Androidの特徴は、複数のハードウェアを扱えることやカスタマイズ性の高さによりアプリケーションが豊富に提供されている点などが挙げられます。アプリに関しては有料・無料問わず存在。

シェアで見たら全世界で見てもトップクラスです。Apple社のiOSやマイクロソフト社のWindowsが競合システムとしてありますが、両者は主に自社製品のみに搭載するためシェアも限定。その点Androidなら誰でも自由に開発として使えるため、シェアも高くなっています。

また、日常生活によく使われるアプリはGoogle製が多いのも有利な点。もともとGoogleが提供するAndroidなだけに自社の便利なアプリとの親和性も高く、スマホとして持っているだけでも便利です。

最近ではスマホ・タブレットだけでなく、組み込みモバイルOSやIP電話、テレビからネットワーク管理のシステムにまで幅広く搭載。IoTと呼ばれるインターネットに繋ぐ機器が最近では話題なので、今後もAndroidを搭載する製品は更に多く登場予定です。

ちなみにAndroidはオープンプラットフォームであることも着目したい部分。既定のアプリケーションが存在せず、ハードウェアの開発会社がオリジナルのものを作ったり、使用者が自分なりに改変して使うこともできます。

そのためハードウェア・ソフトウェア共に独自製品の開発が容易。そのおかげで機能を制限したものや格安または高級なスマホ・タブレットまで作るのが簡単です。

ダウンロードの手順

最初にファイル管理アプリをインストール

Android端末で動画や音楽ファイルをダウンロードしてから再生する方法は、最初にファイル管理アプリをインストールしておくと便利。ネット上から入手したファイルをSDカードに移動したり、再生したりする際にファイルを探す必要があるからです。

古いバージョンのAndroidにはファイル管理アプリが標準で搭載されていましたが、新しいバージョンでは搭載されていません。このため、最初に無料のファイル管理アプリをインストールしておきましょう。

ファイル管理アプリの中には、動画や音楽を再生するためのプレイヤー機能が付いているアプリがあります。バックグラウンドで再生することができる機能が付いているアプリを利用すれば、音楽を再生しながら他のアプリを立ち上げて操作をすることも可能です。

動画や音楽のファイルはファイルの容量が大きいため、本体ストレージでは容量不足になってしまう恐れがあります。ファイルの保管用として、大容量のマイクロSDカードを挿入しておくようにしましょう。

ダウンロード用のアプリをインストール

ファイル管理アプリをインストールしたら、次にダウンロード用のアプリをインストールします。Google Playから好きなアプリを探してインストールしましょう。

動画ファイルのダウンロード機能が付いたブラウザアプリをインストールすれば、欲しい動画を探してすぐに保存することができます。無料のアプリがたくさんあるので、試しにいくつかインストールして使ってみると良いでしょう。

ブラウザ型のアプリで動画を保存する方法

ブラウザ型のアプリで動画を保存する方法ですが、最初にブラウザを立ち上げて動画や音楽のストリーミング配信サイトにアクセスします。欲しい動画や音楽を見つけたら、「download」などのボタンをタップします。

ファイルの保存先を指定しなければ本体内のストレージに保存されるので、必要に応じてSDカードや他の外部メディアに保存するようにしましょう。外部メディアにコピーしたファイルは、パソコンや他の端末でも再生することが可能です。

その他諸々の注意点

ファイル読み込み中の操作

動画・音楽などのファイルを読み込んでいる最中は、端末の操作は推奨できません。

場合によってはフリーズや読み込みの失敗を招き、ファイルの破損もありえるからです。スマホ端末のスペックにもよりますが、基本的に操作をしていないほうが安全に読み込みを終えられます。

バッテリー残量の確認

バッテリー残量が少ない時は、USBケーブルを接続して充電しながら作業をするようにしましょう。もしも途中で保存に失敗すると、正常に再生できなくなってしまう場合があるからです。

ファイルの保存

動画や音楽のファイルを保存したら、好きな時に自由に再生することができます。保存したファイルは、ファイル管理ソフトを利用して移動したり消去したりすることができます。

SDカードに移動しておけばパソコンでもファイルの共有ができます。スマートフォンや回線契約をしているタブレット端末であれば、いつでも好きな時にインターネット上の動画や音楽をストリーミング再生することができます。

動画や音楽はファイルが大きいため、格安SIMで通信速度が遅い回線を利用している場合や通信量の制限を超えて速度制限を受けてしまう恐れがあります。通信速度制限を受けるとストリーミング再生ができなくなってしまう場合も存在。

外出時でも長時間の動画や音楽を再生するためには、あらかじめ自宅のWi-Fi環境でビデオや音声ファイルを保存しておくと便利です。何度も観たい場合やパソコンで再生したい場合にも、ファイルを落としてから保存しておく方がよいでしょう。

Android端末でもパソコンと同じように動画や音楽を保存して、インターネットが利用できない環境でも再生することができます。インターネット上の動画や音楽を利用する機会が多い方は、ダウンロードアプリを入れておくのがおすすめです。

ファイルのダウンロードに役立つAndroidおすすめアプリ

実際によく使われるダウンロードアプリについて、いくつか簡単に紹介します。

動画保存の定番「Clipbox+」

動画保存の定番アプリとして有名なのが「Clipbox+」アプリを開いた画面から検索をかけたりURLを直接貼り付けたりすることで目的の動画を開き、ファイルのダウンロードが行えます。

ダウンロードしたファイルはマイコレクションから簡単に視聴可能。オフライン再生できる動画はシャッフル再生やリピートなどもできるため、単体での運用も可能です。

パスワードロック機能もあるため、ダウンロードしたファイルを他人に見られないよう配慮されているのもポイント。Youtubeといった動画サイトからダウンロードしたい場合におすすめのダウンロードアプリといえます。

インスタ・ツイッターユーザーに「PhotoAround」

インスタグラム・ツイッターに特化したアプリ。両サービスをタブにして簡単に切り換えられるほか、画像・動画のみを表示できるため効率よく収集できるのが魅力です。

利用する場合はフォローアカウントの動画・画像をまとめて見られるほか、ハッシュタグの予測検索が充実しているため気になるファイルを探すのも簡単。流行を見逃さないようにしたい方にも便利に使えます。

気になる画像・動画はお気に入り登録できるため、見直すことも可能。そのまま保存したり拡散まで行えるのでおすすめです。

まとめ

今回はAndroid端末でファイルをダウンロードする手順を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ファイルのダウンロードはなかなかわかりづらい作業ですよね。本記事がAndroid端末利用者の人助けとなれれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Google Pixel3 XLの特徴とサイズ、容量、カメラ、料金

2018年11月1日に発売され …

Facebookでのご購読が便利です