Home / Apple / iPhone / ロックアウト!iPhoneのパスコードを忘れた時の対処法

ロックアウト!iPhoneのパスコードを忘れた時の対処法

iPhoneのパスコードを忘れた時の対処法

あれ?iPhoneのパスコードって何だったっけ?」とパスコードを忘れた経験はありませんか。すぐに思い出したり、何かに記録していればいいですが、完全に忘れてしまった場合はデータをすべて消去しなければならない可能性があります。

万が一、パスコードを忘れた場合はどうすればいいのか。経験がない方も、もしものことを考えどういった対処法を行うのか把握しておきましょう。特にパスコードを何にも記録していない方は注意が必要です!

iPhoneのパスコード

iPhoneには、ロック画面から本人を確認する認証方法として、当初よりある「パスコード」(のみ)のほか、「Touch ID(指紋認証)」「Face ID(顔認証)」があります。

セキュリティの面や、操作の簡単な点から「Touch ID(指紋認証)」「Face ID(顔認証)」を使う方が増えていますが、パスコードはiPhoneの再起動や、アップデートの際に必要なものです。

パスコードでロックを解除している方でも、Touch IDやFace IDを利用している方は特に、ふとした時にパスコードを忘れてしまい、「1分後にやり直してください」という画面を見たことがあるかもしれません。

パスコードを忘れた場合どうなるのか、、、Appleの公式サポートでは、リカバリーモードを利用して消去し再設定するように伝えています。

Appleサポート:iPhone のパスコードを忘れた場合

1.パスコードを忘れたらどうなるのか

0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s
TouchID設定にしていても、再起動の際にはパスコードの入力が求められます。もし、パスコードを忘れてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。そもそも、パスコードは個人情報を守るための自分専用のパスワードであり、忘れてしまった場合は修理店やキャリア、Appleストアに持ち込んでも対応が難しいです(逆にすんなりロック解除できたら問題です。。)。

5回間違える

パスコードを1度間違えてもさほど問題はありません。なんとなく使っていそうな数字を2回、3回と試してみて、ビンゴ!となればiPhoneを使うことができます。

ただし、5回間違えると「iPhoneは使用できません 1分後にやり直してください」という表示とともにロックされたことを身をもって知ることとなります。

7回間違える

1分後にやりなおせる間に、パスコードを思い出しましょう。7回間違えると次の入力まで15分待つこととなります。8回間違えても同様です。

9回間違える

9回間違えてしまうと、あなた自身も、そろそろ思い出せる組み合わせが、つきてきたのではないでしょうか?9回間違えると、次も入力まで1時間待つこととなります。iPhoneが1時間使えないというのは、今の生活環境ではなかなか厳しい状況ではないでしょうか。そして10回目のトライまでに考えなくてはならないことが増えてきます。

10回間違えるとどうなるか

iPhoneの設定で、「Touch IDとパスコード」、「Face IDとパスコード」をタップした際に表示される画面で、「データを消去」をオンにしている場合は、10回目のパスコードが間違っていると、iPhone上の全てのデータが消去されてしまいます。しかし、この設定だと、データ消去はされてしまいますが、iPhoneが再起動した際に、パスコードを再設定できるため、iPhoneを使うことができる状態となります。

ただし、初期設定では、「データを消去」はオフとなっているので、まず、間違えてもデータが消去されることは無いと思われます。よって、再起動後の再設定もできません。

そして、10回間違えると、iPhoneは完全にロックアウトの状態となり、iPhoneだけでなんとかできるものではなくなります。

2.ロックアウトしたiPhoneは修理でなおるか?

1.修理店に持っていくと?

176345cfa0fd174c92134438228cd9d3_s
iPhoneが故障した時に便利な街のiPhone修理店。Appleストアよりも安く素早く修理してもらえるため、利用している人も多いです。しかし、修理店に持ち込んだとしてもパスコードを思い出せない限りロックを解除することはできません。修理店に持ち込んでも状況を改善することはできません

2.キャリアに持ち込むと?

契約しているドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアに持ち込んだ場合はどうでしょうか。キャリアに持ち込んだとしても修理店同様、状況が改善されることはありません。

パスコードを思い出すようアドバイスするか(生年月日、電話番号、1111など)、初期化の方法を説明するくらいしかできません。キャリアといっても、各自が設定したパスコードを知る術は持ち合わせていません。

3.AppleStoreに持っていくと?

AppleStoreといえども各自が設定したパスコードを解除することはできません。解除できたらセキュリティ上大きな問題となります。AppleStoreに持ち込んだとしても修理店やキャリアと同じような対応になります。

3.パスコードを再設定するにはどんな方法があるのか?

yuki86_musimegane15141124_tp_v
iPhoneのパスコードを完全に忘れてしまった場合の解決方法は初期化しかありません。初期化方法は「iPhoneを探す」「iTunes」「リカバリーモード」の大きく3つあり、iPhoneの状況によって使い分けます。初期化するとiPhoneのデータが消えますので、初期化後にバックアップデータを使い復元するようにしましょう。

そのためにも、定期的にバックアップを取ることが大事です。

1.iOSデバイスの「iPhoneを探す」で初期化する方法

iPhone「探す」機能がオンになっている場合は、iCloudでiPhoneを探す機能を使って初期化することができます。

  1. パソコンやタブレットなど別のデバイスからAppleIDを使いiCloudにアクセスします
  2. iCloudにアクセスしたら「iPhoneを探す」を開きます
  3. 「iPhoneを探す」の画面上部にある「すべてのデバイス」を選択します
  4. パスコードを忘れたiPhoneを選択し「iPhoneの消去」を選びます

これにより、該当のiPhoneのデータが初期化されます。バックアップデータから復元して使うようにしましょう。ただし、iPhoneがインターネットに接続していないとiPhoneを探す機能が使えないため、オフラインの場合は他の方法で初期化する必要があります。

2.iTunes(パソコン)で初期化する方法

「iPhoneを探す」がオン設定の場合はiCloudを用いてiPhoneのパスコード初期化が可能ですが、「iPhoneを探す」がオフ設定の場合はiTunesを用いて初期化します。iTunesのインストールがあればMacでもWindowsパソコンでもどちらでも大丈夫です。

  1. パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続します
  2. iTunesを起動し「デバイス」を選択します。もしパスコードを忘れた場合でも、1度同期したことのあるパソコンであれば、バックアップを取ることが可能です
  3. 「iPhoneを復元」を選択するとiPhoneのパスコード初期化が行われます

初期化した後にiTunesにバックアップしたデータを使い復元できます。

3.「リカバリーモード」で初期化する方法

iPhoneのデータをiTunesにもiCloudへも同期していない場合はリカバリーモードで初期化しましょう。

  1. iTunesを起動したパソコンにLightningケーブルを接続します
  2. iPhoneの電源を落とします
  3. 電源の落ちたiPhoneのホームボタンを長押ししたままLightningケーブルを挿し込みます
  4. iPhoneの画面にiTunesマーク(音符)とLightningケーブルのアイコンが表示されたらホームボタンから指を離します
  5. パソコンの画面上にダイアログが表示されるため「復元」をクリックします

これによりリカバリーモードで初期化が完了し、iPhoneは向上出荷時の状態に戻ります。

4.今後パスコードを忘れた場合のためのお勧めの設定

3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
「絶対にパスコードを忘れることはない!」という方はいいかもしれませんが、「もしかすると忘れるかも。。」という方は、万が一のことを考え下記設定をしておくといいでしょう。忘れた時にきっと役に立ちます。

1.iCloudバックアップを有効にする

万が一、パスコードを忘れた場合は初期化しなければならず、iPhoneのデータがすべて削除されます。そのため、日頃からデータのバックアップを取っておくことが非常に大切です。iCloudバックアップを有効にしておけば、パソコンに接続しなくても自動でバックアップを取ってくれるので時間や手間もかかりません。

  1. 設定アイコンを開き「iCloud」を選択します
  2. 「バックアップ」を選択し「iCloudバックアップ」をオンにします
  3. 「iCloudバックアップを開始」という確認画面が表示されるため「OK」をタップします

これによりWi-Fi接続時に自動でバックアップを取ることができます。また、その場ですぐにバックアップを取りたい場合は「今すぐバックアップを作成」を選択します。

2.iPhoneを探すを有効にする

iPhoneを探す機能を有効にしておけば、パスコードを忘れた際に初期化する方法が1つ増えます。また、万が一iPhoneを紛失した際も有効的な機能です。

  1. 設定アイコンを開きます
  2. 「iCloud」を選択します
  3. 「iPhoneを探す」を選択し、次の画面で「iPhoneを探す」をオンにします

iPhoneを探す機能の有効化により初期化だけでなく、紛失した場合に遠隔操作できるようになります。

5.初期化しないでパスコードを解除する方法はあるのか?

Appleサポートでは、初期化することでパスコードを再設定する方法を、公式ポートして掲載しています。

iPhone上のデータをバックアップしていない場合、なんとか初期化しないでロックされたパスコードを解除できないものか?と思う方も多いのではないでしょうか?残念ながら、突破できても一時的な解除となり、どこかでパスコードが必要となるため、最終的には初期化をおこなうこととなります。

それであれば、もっと簡単に初期化してパソコードの解除ができるほうが良いですよね。

PassFab iPhone Unlocker

iPhoneのパスコード解除をするための専用ソフトです。iTunesやiCloudを使わず、パスコードを解除します。

  1. PassFab iPhone Unlockerをパソコンにインストールします
  2. 「画面ロックを解除」で「解除開始」ボタンを選択します
  3. iPhoneをパソコンと接続して、iPhoneが認識されたら「開始」をクリックするとリカバリーモードになります
  4. 画面ロックを解除する前に最新のiOSをダウンロードします
  5. 「ファームウェアのダウンロードに成功しました」と表示されたら、「解除開始」ボタンを選択します
  6. 「パスコード解除中です」が表示され「パスコードの解除に成功しました」で完了です

バックアップがされていれば、iCloud等から、ロックを解除した後に復元することができます。

PassFab iPhone Unlocker :わずか3ステップでiPhone画面ロックを解除

まとめ

a08905a9d7ad985b07f4bef94381448a_s

もしiPhoneのパスコードを忘れた場合は、AppleStoreや修理店に持っていっても状況は改善されません。パスコードを思い出すか初期化しか方法はなく、初期化方法もiPhoneの状況によって異なります

日頃からパスコードを別のデバイスなどに記録しておくなど「パスコードを忘れないようにする工夫」と、iPhoneを探す機能やバックアップなど「忘れた時のための備え」をしておくようにしましょう。

Check Also

解約したiPhoneの便利な使い道

意外とまだまだ使える?解約したiPhoneの便利な使い道

今回、解約したiPhoneの便 …

Facebookでのご購読が便利です。