Home / Microsoft / PDFのデータサイズを小さくするポイントとは?PDF圧縮方法

PDFのデータサイズを小さくするポイントとは?PDF圧縮方法

ソフトを使う場合

オンラインで利用する圧縮ソフトではなく、パソコンに圧縮ソフトをダウンロードして圧縮することもできます。

オンライン上の圧縮ソフトも一定時間でファイル消去されるのでそこまで心配することではありませんが、情報流出が心配な方や、とても重要な文書を扱う場合は、オンライン上の圧縮ソフトではなく、圧縮ソフトをダウンロードして使用することをオススメいたします。

PDF Compressor

リンク: PDF Compressor
対応OS: Windows

PDF圧縮用ソフト。画像データをメインに圧縮するため、画像を中心に構成されたPDFファイルの場合大きな圧縮率が見込めます。

複数同時圧縮や暗号化されたPDFファイルの圧縮にも対応しています。Mac非対応なのが残念。

PDF Cleaner

リンク: PDF Cleaner
対応OS: Windows

ファイル上に存在する不要なゴミを削除してくれる圧縮ソフト。PDF版「デフラグ」のような働きをしてくれます。

未使用オブジェクトの削除、削除済みオブジェクトの削除(相互参照テーブルから)など、人間の目では認識できないような不要な情報を消すことでファイルサイズ圧縮をしてくれます。こちらもMac非対応

Macのプレビューを利用する

Macには、標準搭載のアプリ「プレビュー」にPDF圧縮機能が備わっています。

かなりの圧縮率を誇るということで、Macを所有されている方はまず「プレビュー」を使ってみると良いかもしれません。

プレビューを使った圧縮手順

  1. PDFファイルを右クリックし「プレビュー」を選択して開く
  2. 「ファイル」メニューで「書き出す」を選択
  3. 「Quartzフィルタ」から「Reduce File Size」を選択
  4. 保存

PDFが圧縮出来ない場合の対処法

圧縮ソフトを使っても満足いく圧縮結果が得られない場合もあります。

限界まで圧縮している場合がほとんどですが、圧縮ソフトを使う以外にも、親ソフトでもある「Adobe Acrobat」を使った圧縮方法もあります。

Adobe Acrobatを使って圧縮

Adobe Acrobatを使った圧縮手順

  1. Adobe AcrobatでPDFファイルを開く
  2. ファイル
  3. その他の形式で保存
  4. 最適化された PDF
  5. OK
  6. パネルメニューから画像を選択
  7. 詳細な圧縮設定後、OK

それでも解決しない場合

圧縮もうまくいかず原因も究明できない場合は、最悪の手段にはなりますが、挿入した画像ファイルを何点か削除する、画像を小さくする、画質を下げて挿入するといった手段を取るしかありません。

圧縮する理由としてはファイルサイズが大きいためにメール送付できない場合が多いと思いますので、その条件をクリアすることが第一と考えるのであれば、やむ無しです。

PDFのファイル容量が大きくなる原因

PDFの圧縮は便利ですが、作成時にそもそもPDFのファイル容量が大きくなりすぎないようにすることも大切です。

PDFの容量が大きくなってしまう主な原因は次の通りです。

  • 必要以上に大きなサイズで保存している
  • 必要以上に高画質な画像を使用している
  • 圧縮していない画像を使用している
  • illustlatorなどでWeb用にせずPDF化している

上記の点に注意してPDFを作成することで、ページ数が多くない限り圧縮の必要がないPDFを作りやすくなります。ぜひお試しください。

PDFのファイルサイズが原因でメールの送受信ができない時の代案

PDFの圧縮も虚しく、メールの送受信ができるサイズまで減らなかった場合には、メール以外の方法でファイル共有をする必要があります。

メールの代案としては次の二点です。

  • ファイル転送サービス
  • クラウドストレージサービス

ファイル転送サービス

ファイル転送サービスは、大容量のファイルを共有するためのサービスです。

代表的なファイル転送サービスは次の通りです。

どちらも無料ですぐ利用することができますので、メールでの送受信ができずに困った場合はぜひ利用を検討してください。

クラウドストレージサービス

クラウドストレージは、クラウド上にファイルを保存して、どこからでもファイルにアクセスできるようになるサービスです。

複数端末で作業をする時に、クラウドストレージにファイルがあると、いつでもファイルの確認・編集ができるようになり非常に便利です。

クラウドストレージの代表的なサービスには次のものがあります。

zipファイルに圧縮する

PDFのファイルサイズが重すぎてメールに添付できない場合は、zipファイルに圧縮するのも一つの手段です。

Windowsの場合のPDFファイルをzipに圧縮する手順は次の通りです。

  • 圧縮したいPDFを右クリック
  • 「送る」にカーソルを合わせる
  • 「圧縮(zip形式)フォルダー」を選択

Macの場合のDFファイルをzipに圧縮する手順は次の通りです。

  • 圧縮したいPDFを右クリック
  • 「”ファイル名”を圧縮」を選択

これでMacでもPDFに圧縮できました。なお、WindowsとMacでzipに圧縮したPDFファイルをやりとりすると文字化けしてしまうケースがあります

この場合はzipの解凍ソフトを利用することで解決できますので、Macユーザーの方は「The Unarchiver」、Windowsユーザーの方は「CubeICE」などを利用してzipファイルを解凍してください。

まとめ

PDFの特徴や圧縮方法についてご紹介してきました。PDFは大変有用なファイル形式であるため、ある程度理解しておくことも大切だと思います。

ご紹介した各種ツールも圧縮方法や圧縮率が様々ですので、色々使ってみるのをオススメします。

満足のいく圧縮結果が得られれば何よりです。

1 2

Check Also

高画質を保った圧縮設定とは?写真を圧縮するサイトとソフト

高画質を保った圧縮設定とは?写真を圧縮するサイトとソフト3選

Webサイトなどに貼り付けられ …