Home / Apple / iPhone / 場面ごとにモードを切り替えよう!iPhoneのマナーモードの設定方法

場面ごとにモードを切り替えよう!iPhoneのマナーモードの設定方法

iPhoneのマナーモードの設定方法

劇場や映画館でスマホの着信音がなると、まわりに多大な迷惑をかけるので、電源をオフにするよう、アナウンスやチェックがあります。一部の映画館や劇場では、新型コロナの「接触アプリ」のため、電源オフではなく、マナーモードにしておくようアナウンスするところもあるようです。

しかし、iPhoneには、Android端末にある「マナーモード」といった項目がありません。それでは、どこでマナーモードを設定するのでしょうか?

iPhoneは画面のタップではなく、「着信/サイレントスイッチ」で切り替えをします。サイレントスイッチをオンにしても、着信音や通知音、バイブレーションの発生の有無が異なります。iPhoneのモードをカスタマイズし、人によって音の種類を変えるといったことも適切に使い分けることで、より快適なiPhoneライフを送ることができるようになるでしょう。

本記事ではマナーモード(消音モード)を中心に、iPhoneの各モードの概要とカスタマイズ方法についてご紹介していきます。

[ad1]

iPhoneでのモード別機能

iPhoneにはいくつかのモードがあり、それぞれのモード毎に着信音や通知音、アラームがなるかどうかが設定されております。

適切なモードを選択してiPhoneを利用することで、音は鳴らさずにバイブレーションだけ発生させたい時や、バイブレーションも鳴らさずに完全なサイレントにしたい時など、生活の中の様々なシーンで快適にiPhoneを利用することができます。

まずはiPhoneの各モードについて、デフォルトの設定がどのようになっているのか見ていきましょう。

着信モード

着信モード」は聞き慣れないモードかもしれませんが、これはiPhoneの通常モードのことを指しています。iPhoneの画面に向かって左側に設置してある「着信/サイレントスイッチ」の切り替えスイッチで、オレンジ色が見えないように切り替えると、この着信モードに設定することができます。

iPhoneの着信モード時のデフォルト設定は下記のようになっております。

  • 着信音:なる
  • 通知音:なる
  • アラーム:なる
  • シャッター音:なる

上記のように基本的に着信モードでは全ての音がなるようになっています。デフォルト設定からカスタマイズするためには、「設定」アプリから「サウンドと触覚」を選択することとなります。

設定画面が表示されますので、バイブレーションの有無や好みのサウンド、音量などに設定していきましょう。

マナーモード(消音モード)

マナーモードにあたるものはiPhoneでは「消音モード」とも呼ばれています。iPhoneの画面に向かって左横に設定してある「着信/サイレントスイッチ」の切り替えスイッチで、オレンジ色が見える側に切り替えることで設定することができます。マナーモードは仕事中や移動中など、人が大勢いる場所で設定するのに非常に便利な機能です。

iPhoneのマナーモードのデフォルト設定は下記のようになっています。

  • 着信音:ならない
  • 通知音:ならない
  • アラーム:なる(目覚ましのみ)
  • シャッター音:なる

着信音や通知音は基本的にマナーモードの時はならず、代わりにバイブレーションが発生します。バイブレーションの種類も「サウンドと触覚」からカスタマイズすることができますので、電話とメールで種類を変えておくなどして、振動によって着信の種類を把握できるようにしていきましょう。

また、アラームについては目覚まし機能のアラームはなるようになっていますので、iPhoneを目覚まし時計代わりに利用している方も安心です。ただし、「時計」機能のタイマーはデフォルトでは音は鳴らずにバイブレーションのみになりますので注意しましょう。

おやすみモード

おやすみモード」はその名の通り、就寝する時に設定しておくと非常に便利な機能です。

iPhoneユーザーの方もおやすみモードを使っていない方が多くいますが、カスタマイズも柔軟に可能ですので、とてもおすすめの機能になっています。デフォルの設定は下記の通りです。

  • 着信音:ならない
  • 通知音:ならない
  • アラーム:なる(目覚ましのみ)
  • シャッター音:なる

おやすみモード中は、スリープ画面の場合電話やメールの通知がされないため、サイレントの状態を保つことができます。また、ロックを解除すると通知が再開され、連絡先に掲載されている人を指定して通知を許可することもできますので、非常に使い勝手が良いです。

「設定」アプリの「おやすみモード」からオンオフを切り替えることができるだけでなく、毎日定時におやすみモードになる時間設定を行うことも可能です。またコントロールセンターの「月」マークをオンにすることでも、おやすみモードに切り替えることができます

機内モード

機内モードはキャリア回線やWi-fi、Bluetoothといった通信を遮断する機能です。

飛行機に乗る時に設定するのに便利な機能ですが、通信量の節約やバッテリー消費の抑制などにも効果がある機能で、このモードを使いこなすことができるようになれば、iPhoneユーザーとして熟達してきたと言えるでしょう。デフォルトの設定は下記の通りです。

  • 着信音:ならない
  • 通知音:ならない
  • アラーム:なる(目覚ましのみ)
  • シャッター音:なる

また、機内モードはコントロールセンターからも設定することができ、機内モードをオンにした上でWi-fiマークをオンにすると、キャリア回線は接続せず、Wi-fiのみ利用可能な状態となります。

機内モード中はGPS機能もオフになりますのでバッテリー消費も抑えることができ、バッテリーがピンチの時には是非活用してみてください。

ただし、通知音がならないだけではなく、キャリア回線をとめてしまっていますので、メールや電話が送信されていても遮断されています。そのままにしておくと、メールも電話も届きません。機内モードにした際は、用事が終わったらオフにする習慣をつけておきましょう。

次ページ:着信・通知に関する詳細設定

1 2

Check Also

解約したiPhoneの便利な使い道

意外とまだまだ使える?解約したiPhoneの便利な使い道

今回、解約したiPhoneの便 …

Facebookでのご購読が便利です。