Home / Apple / iPhone / あなたは大丈夫?iPhoneで大切なメールを保存する方法

あなたは大丈夫?iPhoneで大切なメールを保存する方法

iPhoneで大切なメールを保存する方法

iPhoneのメールで大切なメールが来た時には保存したくなる時もありますが、既定のiPhoneのメールアプリにはメールの保存機能がついていません

ガラケーの場合は、全体の保存容量が少なかったため、古いメールは徐々に削除されていきました。そのため、削除されたくないメールを残しておくために保存機能と呼ばれるものがありました。今はiPhoneをはじめスマートフォンは大きな容量を確保することができているため、メールの保存機能が外されている、という事情が変化の背景にあるようです。

しかし、iPhoneで大切なメールを扱うこともあるため、削除してしまわないように何かの形で保存しておきたいという方もいるでしょう。iPhoneの設定でメールの保護をおこなったり、安全な場所に保管したり、といった方法があります。本稿ではiPhoneで大切なメールを保存する方法をご紹介しますので、是非参考にされてください。

大容量メールサービスを使用するのがおすすめ

docomo、au、Softbankといった携帯電話キャリアと契約してiPhoneを使用している方がほとんどでしょう。日本の携帯電話キャリアは、それぞれ独自のメールアカウントを提供してフィーチャーフォン(ガラケー)との互換性を保つようにしています。

しかしながら、携帯電話キャリアのメールアカウントは、そのキャリアと契約している間しか使用できません。MNPなどでキャリアを乗り換える際に、それまで受信したメール(大切なメールも含めて)は破棄するか、別のメールアカウントへコピーするか、使用できないアカウントを無駄に放置しておかなければならず、面倒が生じてしまいます。

そこで、iPhoneではキャリアが提供するものとは別のメールアカウントで運用することをおすすめします

iCloudメールやGmail、Outlook.comメールなどが、大手が提供する大容量でフリーのメールサービスです。これらのようなキャリアとは無関係のメールアカウントならば、MNPの際に面倒が起きません。

また、メールという用途にしては十分に大きな保存容量(ストレージ)が提供されているので、メールを削除するという行為が不必要になります。さらに、不意にiPhone等のデバイスが故障しても、メールはすべてサービス上に保存されているので問題ありません。必要であれば、新しい端末にダウンロードをすればよいのです。

保存専用フォルダを作成してiPhoneのメールを保存する

いきなり、フリーアドレスに切り替えたりも難しいと思います。とはいえ、今の傾向として、キャリアが提供する格安プランでは、キャリアメール機能がもともとなく、フリーアドレスを持つ前提で利用提供をしていますから、今後の流れは、そういった方向にいくのかもしれません。

一般的にiPhoneのメールボックスをお使いの場合は、重量で保護しておきたいメール用に専用のフォルダを作成して、集めておくのも方法のひとつです。メールアカウントごとに専用のフォルダを作成し、重要なメールはそこへ移動させると良いでしょう。

今回は「保存」という名前のフォルダを作成してみましょう。以下の手順にしたがって操作してください。

1. メールボックス画面で「アカウント」からフォルダを作成したいアカウントをタップしてください。

11

2. ナビゲーションバーの「編集」をタップしてください。

12

3. ツールバーの「新規メールボックス」をタップしてください。

13

4. フォルダの名前を入力して「保存」をタップしてください。

14

5. ナビゲーションバーの「完了」をタップしてください。

15

メールをフォルダに移動させるには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 移動させたいメールを開いてください。
2. ツールバーのフォルダアイコンをタップしてください。

16

3. 移動先のフォルダをタップしてください。

17

迷惑メールフォルダに関する注意

迷惑メール のフォルダに入ったメールは、30日に1度のタイミングで自動的に削除されます。なんらかの拍子に、大事なメールが迷惑メールのフォルダに入っていないとも限りません。迷惑メールのフォルダも月に2回程度は中身をチェックしておきましょう。大事なメールが入っていたら、受信メールのフォルダへ移動させるか、先ほど作成した「保存」フォルダへ移動させておきましょう。

VIPフォルダで活用してiPhoneのメールを保存する方法

iPhoneのメールボックスにある「VIP」というフォルダを利用していますでしょうか?こちらも実は保存に便利なフォルダです。

まず、VIPリストを作成し、VIPと指定したメールアドレスから受信したメールについては、自動的に「VIP」フォルダに振り分けられます。指定方法は、差出人のメールアドレスを利用します。

1。メールボックスの「VIP」をタップします。
2.「VIPを追加」をタップするとVIPリストの画面となり、「連絡先」が表示されます。
3.追加した相手を選択します。
4.続けてVIPに追加していくには、今の画面で「VIPを追加…」をタップして、追加していきます。

右上の「編集」ボタンで、VIPに追加したアドレスを削除することもできます。不要になったアドレスは削除しておきましょう。振り分けがなくなるだけで、受信には影響ありません。

アーカイブ機能を利用してiPhoneのメールを保存する方法

使用しているメールアカウントがiCloudメールやGmail、Outlook.comメールなどの大容量メールサービスの場合、メールは基本的には削除しない方針で運用しましょう。

読み終わって用を済ませたメールは、削除せずにアーカイブします。「アーカイブ」は用が済んだメールを入れておく特別なフォルダ、「アーカイブする」とはメールをアーカイブ用のフォルダに移動させることという認識をしておけば良いでしょう。

メールをアーカイブするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. アーカイブしたいメールを開いてください。
2. ツールバーのアーカイブアイコンをタップしてください。

01

3. 「メッセージをアーカイブ」をタップしてください。

02

iCloudメールの場合、アーカイブしたメールは「アーカイブ」フォルダに移動されます。

03

フラグ機能を利用してiPhoneのメールを保存する方法

1 2

Check Also

iPhoneで撮影した写真をパソコンに転送する方法

iPhoneで撮影した写真をパソコンと共有・転送する方法

Appleが販売するiPhon …