Home / Windows / Windows10でWindowsフォトビューアーを使用するための設定方法

Windows10でWindowsフォトビューアーを使用するための設定方法

Pocket

win25-1

Windows7までは、画像ファイルを開くのに「Windoewsフォトビューアーというアプリケーションが使用されていましたが、」Windows10では、デスクトップやエクスプローラから画像ファイルを開くと、「フォト」アプリが立ち上がります。

Windows8シリーズから追加されたこの「フォト」アプリは、Windows10にアップグレードして使いやすくはなったのでしょうが、慣れの問題もあるのか、以前からある「Windowsフォトビューアー」を使いたいと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

既定のアプリは「フォト」に変更になりましたが、Windowsフォトビューアーがなくなったわけではなく、Windows10にも「Windowsフォトビューアー」は付属しています。本記事ではWindows10での既定アプリを「Windowsフォトビューアー」に設定し、「フォト」ではなく「Windowsフォトビューワー」を使用するための設定方法をご紹介していきます。

Windows10でもWindowsフォトビューワーを利用したい方は、是非本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.Windowsフォトビューアーがない時

Windows10をお使いの方は、古いバージョンからアップデートされたか、クリーンインストールされたか、Windows10のPCをご購入されたかのいずれかかと思います。

実はWindows10を入手された上記の方法によって、Windowsフォトビューアーが残っているかどうかが決まります。結論からいうと、クリーンインストールによってWindows10をパソコンに導入した場合、プログラムとしてのWindowsフォトビューアーは消えてしまっています。しかし、ファイルとしては残っているので、レジストリを操作することでファイルを復元することができます。

レジストリの操作は失敗をするとWindowsの不具合に直結するため、操作を行う際は自己責任の元に、慎重に行う様にしましょう。

レジストリを操作してWindowsフォトビューアーを復元する

Windowsフォトビューアーを復元するためには下記の手順を順番に行います。

1.下記のコードをWindowsのメモ帳に貼り付ける

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open] “MuiVerb”=”@photoviewer.dll,-3043”
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\command] @=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\ 00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\ 6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\ 00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\ 25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\ 00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\ 6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\ 00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\ 5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\ 00,31,00,00,00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\open\DropTarget] “Clsid”=”{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}”
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print]
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\command] @=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,00,74,00,25,\ 00,5c,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,72,00,75,00,\ 6e,00,64,00,6c,00,6c,00,33,00,32,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,22,00,25,\ 00,50,00,72,00,6f,00,67,00,72,00,61,00,6d,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,73,00,\ 25,00,5c,00,57,00,69,00,6e,00,64,00,6f,00,77,00,73,00,20,00,50,00,68,00,6f,\ 00,74,00,6f,00,20,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,5c,00,50,00,68,00,\ 6f,00,74,00,6f,00,56,00,69,00,65,00,77,00,65,00,72,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,\ 00,22,00,2c,00,20,00,49,00,6d,00,61,00,67,00,65,00,56,00,69,00,65,00,77,00,\ 5f,00,46,00,75,00,6c,00,6c,00,73,00,63,00,72,00,65,00,65,00,6e,00,20,00,25,\ 00,31,00,00,00
[HKEY_CLASSES_ROOT\Applications\photoviewer.dll\shell\print\DropTarget] “Clsid”=”{60fd46de-f830-4894-a628-6fa81bc0190d}”

2.拡張子を「◯◯.reg」と名付けて保存する

3.保存したファイルをダブルクリックする

4.ファイルを開く方法にWindowsフォトビューアーが追加されているかを確認する

上記の方法でWindows10にWindowsフォトビューアーを復元することができました。次から、利用可能になったWindowsフォトビューアーを実際に使用する方法を見ていきましょう。

2.一時的に「Windowsフォトビューアー」を利用する

ファイルエクスプローラで画像を確認しようとダブルクリックして「フォト」が立ち上がった時に、設定を変更するほどではないけれど、一時的に「Windowsフォトビューアー」を利用したいときがあります。

他人のパソコンで一時的に作業をするような場合には設定を変えてまで「Windowsフォトビューアー」を使うわけにはいきません。

そんな時は、エクスプローラで目的の画像を右クリックします。メニューから「プログラムから開く」を選択して「Windowsフォトビューアー」をクリックします。

win25-2

ここで、この後も「Windowsフォトビューアー」を利用する場合は「別のプログラムを選択」をクリックします。

win25-3

ここで、「常にこのアプリを使って.***ファイルを開く」にチェックを入れると、その拡張子のファイルは常に「Windowsフォトビューアー」で開くことになります。

3.「フォト」から「Windowsフォトビューアー」で開く

「フォト」から「Windowsフォトビューアー」を開くこともできます。「フォト」にも慣れたい場合には右クリックよりも良いかもしれません。

エクスプローラで画像をダブルクリックして「フォト」が立ち上がったら、画像を選択して右上に表示された「・・・」をクリックして表示されたメニューの「プログラムから開く」を選択します。

win25-4

プログラム一覧が表示されたら「Windowsフォトビューアー」を選択します。ここで「常にこのアプリを使って.***ファイルを開く」にチェックを入れると同様にそれ以降常に「Windowsフォトビューアー」で開くことになります。

4.「既定のアプリ」を変更して常に「Windowsフォトビューアー」で開く

Windows10では、拡張子と関連付けられたアプリの管理は「設定」で行います。「設定」の「システム」をクリックします。

win25-5

「システム」ウィンドウ左メニューの「既定のアプリ」をクリックします。「フォトビューアー」をクリックします。

win25-6

「アプリを選ぶ」から「Windowsフォトビューアー」を選択します。

win25-7

フォトビューアーが「Windowsフォトビューアー」に変更できました。拡張子によって開くアプリを変える場合は「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」を選択します。

win25-8

逆に拡張子ごとにばらばらになってしまった「既定のアプリ」を統一するには「Microsoftが推奨する規定値にリセットする」ボタンをクリックするか、「アプリによって規定値を設定する」をクリックして「既定のプログラムを設定する」ウィンドウで目的のアプリを選択して「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリックします。

win25-9

Windows10でのWindowsフォトビューワーの設定方法のまとめ

Windows10からは、Microsoftも本格的に「フォト」への移行を考えているように思います。Windows10ではまだ「Windowsフォトビューアー」が付属していますが、今後は「フォト」に一本化して「Windowsフォトビューアー」が付属しなくなるかもしれません。今後のことを考えると「フォト」を使いこなすことが必要なのかもしれません。

しかし、今までの「Windowsフォトビューアー」ユーザーにとってまだまだ「フォト」が使いにくいことは確かです。「Windowsフォトビューアー」が付属しているうちに両方を使い分けながら「フォト」に慣れていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e23cddedba00c063db7feb19728aee7e_t

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …

Facebookでのご購読が便利です