Home / Microsoft / Windows / Windows10でWindowsフォトビューアーを使用するための設定方法

Windows10でWindowsフォトビューアーを使用するための設定方法

4.「既定のアプリ」を変更して常に「Windowsフォトビューアー」で開く

Windows10では、拡張子と関連付けられたアプリの管理は「設定」で行います。「設定」の「システム」をクリックします。

win25-5

「システム」ウィンドウ左メニューの「既定のアプリ」をクリックします。「フォトビューアー」をクリックします。

win25-6

「アプリを選ぶ」から「Windowsフォトビューアー」を選択します。

win25-7

フォトビューアーが「Windowsフォトビューアー」に変更できました。拡張子によって開くアプリを変える場合は「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」を選択します。

win25-8

逆に拡張子ごとにばらばらになってしまった「既定のアプリ」を統一するには「Microsoftが推奨する規定値にリセットする」ボタンをクリックするか、「アプリによって規定値を設定する」をクリックして「既定のプログラムを設定する」ウィンドウで目的のアプリを選択して「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリックします。

win25-9

フリーソフトを利用してフォトビューワーを復活

レジストリの操作に不安がある方も多いと思います。そこで、フリーソフトを利用してフォトビューワーを復活される方法をご照会します。復活のためのフリーソフトがあること自体、フォトビューワーは人気だったということですね。

1.「Restore Windows Photo Viewer to Windows 10」というフリーソフトを検索しましょう(英語のサイトです)
2.真ん中あたりの「Download Now (1.26 MB) – Version 1.22. 100% Freeware. Free download, free for use」をクリックするとダウンロードが始まります。
3.ダウンロードした実行ファイルを起動します。
4.英語ですすみますが全て「Next」ですすみ、「Finish」までいきます。
5.「Restore Windows Photo Viewer」アイコンがデスクトップにできていたらインストールの完了です。

ここから設定に入ります。

1.アイコンを右クリック「管理者として実行」として起動させます。
2.起動したら「Photo & Picture File Type」全てにチェックを入れ、「Restore Windows Photo Viewer」ボタンをクリックします。
3.「Exit」ボタンをクリックして設定を終わらせたら完了です。

規程のアプリとして設定したい場合
1.Windows の「設定」から「アプリ」を選択して「規定のアプリ」を表示します。
2.「フォトビューア」を見つけたらクリックし、一覧にある「Windows フォトビューアー」を選択します。

もし一覧に無かった場合は、何か画像を右クリックして「プログラムから開く」から「別のプログラムを選択」をクリックします。「その他のアプリ」「その他のアプリ」の中に「Windows フォトビューアー」が入っているので「常にこのアプリを使って(画像の拡張子) ファイルを開く」を選ぶと、次回以降、選択した拡張子の画像はフォトビューワーであがってきます。拡張子ごとに設定は必要になりますが、一度設定すれば次回以降いつもフォトビューワーで見ることができるようになります。

Windows10でのWindowsフォトビューワーの設定方法のまとめ

Windows10からは、Microsoftも本格的に「フォト」への移行を考えているように思います。Windows10ではまだ「Windowsフォトビューアー」が付属していますが、今後は「フォト」に一本化して「Windowsフォトビューアー」が付属しなくなるかもしれません。今後のことを考えると「フォト」を使いこなすことが必要なのかもしれません。

しかし、今までの「Windowsフォトビューアー」ユーザーにとってまだまだ「フォト」が使いにくいことは確かです。「Windowsフォトビューアー」が付属しているうちに両方を使い分けながら「フォト」に慣れていきましょう。

1 2

Check Also

Windowsでスクリーンキーボードを使用する方法

キーボードを画面上で操作する!Windowsでスクリーンキーボードを使用する方法

Windowsでは、「スクリー …