WindowsXPを初期化する手順

LINEで送る
Pocket

WindowsのOSで人気の高いWindowsXP。サポートが終わった今でも利用するユーザーが俄然多くいます。(延長サポートはあっています)。操作性や機敏性など優れたOSのために、XP以降のOSに抵抗がある方も多いようです。今回はそんなWindowsXPの初期化する手順についてご紹介します。人気OSということもあり、初期化手順はいろいろな人がオリジナリティ高いものも含め紹介されていますが、公共性という意味で、今回はDellの公表しているWindowsXPの初期化手順をベースにご紹介します。初期化手順とともに初期セットアップ方法もありますので、ご興味のある方はぜひ、ご覧ください。

1 (28)
出典:photo-ac

スポンサーリンク

初期化とは

パソコンの初期化はリカバリーとも言います。工場出荷時や1番最初の状態に戻すことです。初期化した場合、1番最初の状態に戻るわけですので、後からインストールしたソフト、保存していないデータ、カスタマイズした設定などは全て消えます。ウイルスに感染していた場合は、ウイルスも消えます。

初期化することのメリット、デメリット

初期化することのメリットは、不具合があるシステムなどが元に戻り、パソコンが軽く速くうごくようになります。気づかないうちに入っていたスパイウェアなどがいれば、消すことができます。デメリットとしては、各種ドライバーやソフトウェアを再度インストールし直さなければいけません。バックアップしていない場合、保存していた写真や音楽、文章などが全て消えてしまいます。セキュリティパッチなどが古くなり、最新にするまでに不安定な状態になります。

Windows XPの初期化について

Windows XPの初期化方法に関して紹介します。基本的にイメージリカバリを利用することで、従来のWindows再インストールより簡単な操作で工場出荷時の状態(初期化)へ戻すことができます。先に注意事項としては、●ハードディスクのフォーマットをおこなうと、既存のデータは全て消去されますので、事前にパックアップを取っておいてください。●周辺機器や増設機器は全て外した状態で作業をおこなってください。●ノートパソコンをお使いの場合は、ACアダプタに接続した状態で作業をおこなってください。

Windows XPを初期化する手順(dellの場合)

①コンピュータの電源を入れ、3秒〜4秒経過すると、「www.dell.com」の画面が表示されます。この画面が表示されたらすぐにキーボードの「CTRL」キーを押しながら、「F11」キーを5回程押します。※画面が表示されている間に、キー入力がされない場合は、Windowsが起動してしまいます。その場合は、1度コンピュータの電源を切り、再度やり直してください。 ※この後パソコンの構成によって【パターン1】【パターン2】に分けられ作業が異なります。 

【パターン1】②「SymantecによるDellPCの復元」画面が表示されたら、「復元」項目をクリックします。 ③「確定」をクリックします。 ④インジケータが表示され、イメージの復元が実行されます。復元に要する時間は10分ほどです。 ⑤復元が終了したら、「終了」をクリックします。 ⑥「継続するには、、、」と表示されたら「はい」をクリックします。この後、コンピュータは自動的に再起動されます。 

【パターン2】②「ユーザー使用許諾契約」画面が表示されたら、「同意する」ボタンをクリックします。 ③「Stymantec Recovery Disk」画面が表示されたら、「コンピュータをDellの元の設定に復元」をクリックします。 ④「Recover My Computer Wizard」画面が表示されたら、「はい」をクリックします。 ⑤再度、「Recover My Computer Wizard」画面が表示されたら、「はい」をクリックします。 ⑥画面が表示されて、復元が始まります。復元に要する時間は10分程度です、インジケータが100%になるとコンピュータは自動的に再起動されます。 ※ここから先は【パターン1】【パターン2】再び共通の作業になります。 ⑦再起動後、初期セットアップ画面が表示されるので、画面の指示に従い、セットアップをおこなってください。 ※初期セットアップ画面とは、工場出荷後、最初に電源を入れた際に表示される設定画面のことです。初期セットアップ終了後、Windows®が使用可能となります。

Windows XPを初期セットアップする手順(dellの場合)

①「Dellエンドユーザーソフトウェア製品ライセンス契約」のお画面が表示されます。キーボードの任意のキーを押してください。 
②XPが起動します。 
③「Microsoft Windowsへようこそ」の画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。 
④「システム設定の選択」の画面が表示されたら、全て日本語になっていることを確認し、「次へ」をクリックします。 
⑤「使用許諾契約」の画面が表示されたら、「同意する」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。 
⑥「コンピュータを保護してください」の画面が表示されます。「自動更新を有効にし、コンピュータの保護に役立てます」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。 
⑦「コンピュータに名前をつけてください」の画面が表示されます。任意のコンピュータ名を入力して「次へ」をクリックします。 ※後で変更が可能です。デフォルトでサービスタグナンバーが入力されます。 
⑧「管理者パスワードを設定してください」の画面が表示されます。必要な場合は任意のパスワードを入力して「次へ」をクリックします。不要であれば何も入力せずに「次へ」をクリックします。 ※後で設定が可能です。確認のために2回入力します。 
⑨「インターネット接続を確認しています」の画面が表示されます。「インターネットに接続する方法を指定してください」の画面が表示されます、該当するものがあればチェックを入れます。「省略」しても後ほど設定できます。「次へ」をクリックします。 ※省略すると⑪へ移動します。 
⑩「高速接続のセットアップを行います」の画面が表示されます。該当するものがあればチェックを入れ、固定IPアドレス等があれば入力します。「省略」しても後ほど設定できます。「次へ」をクリックします。 
⑪「Microsoftにユーザー登録する準備はできましたか?」の画面が表示されます。チェックボックスで選択して、「次へ」をクリックします。 ※ユーザー登録しなくても使用には問題ありません。 
⑫「このコンピュータを使うユーザーを指定してください」の画面が表示されます。任意のユーザー名を入力して「次へ」をクリックします。 
⑬「会社名をお知らせください」の画面が表示されます。会社名を入力して「次へ」をクリックします。 
⑭「設定が完了しました」の画面が表示されます。「完了」をクリックします。 ⑮再起動がかかり、XPが起動します。 
⑯デスクトップ画面が表示されれば完了です。

まとめ

今回、WindowsOSの中でも特に人気の高い、WindowsXPの初期化手順と初期セットアップについてご紹介しました。XPは本当に優秀なOSで未だ使われている人が多いのも納得できる使いやすさです。既にサポート期間が終わってしまっていますので、(延長サポートはおこなっています。ただし更新プログラムはおこなわれません)なかなか難しい部分もありますが、XP利用している方で初期化、初期セットアップに関心のある方に少しでもご覧いただければ幸いです。細かい詳細や不明点に関しては、マイクロソフト社、もしくは、Dell社のサポートセンターへ直接お問い合わせください。初期化、セットアップは、WindowsXPに限らず、どのパソコンでも関係することですので、大まかな流れなどは把握していおいて損はないですし、1度実行すると別のOSなどでする場合も、実行しやすくなりますので、バックアップした後に試せる方は1度、試してみてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です