Webサーバーって何?Webサーバーの種類と特徴、選び方

LINEで送る
Pocket

74881629bce5872b6db811f225d69630_s

Webサーバーをご存知ですか。私達が普段Webサイトを閲覧するのも、自分で構築したWebサイトを人に見てもらうのも、Webサーバーがなければできません。ここでは、「Webサーバーって何?Webサーバーの種類と特徴、選び方」について紹介いたします。

スポンサーリンク

1.Web サーバーとは?

3ec9bcdb9fd5a158f1e2fd13b2987c03_s

WEBサーバーとは、訪問者の要求に応じてホームページのデータを訪問者のWebブラウザーに送るサーバーのことを言います。Webサーバーは、HTML文書や画像などのデータをブラウザーへ送り、ブラウザーがHTMLを解釈してホームページデータを表示します。Webブラウザーとは、GoogleChromeやInternet Explorer、Safari、Firefoxなど、パソコンやスマートフォンでインターネットを使用する際に使うソフトのことです。

ホームページなどを見る際には、WebサーバーとWebブラウザーが必要です。サーバーにIIS(Internet Information Server)やApache、Peer Web ServicesなどのWebサーバーのソフトウェアをインストールすることで、Webサーバーを立ち上げ利用することができます。ホームページを見る側はブラウザーさえあれば大丈夫です。ホームページなどを提供する側はセキュリティ対策など施したうえで、Webサーバーの準備が必要です。

Webサイトやページの表示をサービスするものをWebサーバーと言い、メールの送受信データのサービスを提供するものをメールサーバー、データの参照、更新などのサービスを提供するものをデータベースサーバー、ファイルの共有などのサービスを提供するものをファイルサーバー、

アプリケーションサービスを提供するものをアプリケーションサーバー、アカウント管理サービスを提供するものをアカウント管理サーバー、ホスト名やIPアドレスの変換などを提供するものをDNSサーバーとも言います。

2.Webサーバーソフトの種類

Webサーバーソフトには、さまざまな種類があります。ここでは、一部の種類を紹介します。

1.IIS(Internet Information Services)

IIS(Internet Information Services)は、Microsoft社が提供するWebサーバーソフトです。Windows上で稼働するソフトで、Webサーバーの機能の他にも、SMTP、NNTP、HTTP/HTTPSなどサポートしています。

2.Apache

Apacheは、世界中で利用されているWebサーバーソフトです。無料で利用ができ、OSに依存しないため、WindowsでもLinux、UNIX、MacOSなど、さまざまなOS上でも稼働します。オープンソースソフトウェアとして、多くの利用者、プログラマーにより、日々改善され多くの利用実績があります。

3.GoogleWeb Server

GoogleWeb Serverは、Googleが使用しているWebサーバーのことです。一般に開放していないため、使うことができませんが、Webサーバーを語るうえで、知っておいて損はないサービスです。Googleだけで使われていますが、世界的にもシェアの高いWebサービスです。

4.nignx

nignxは、エンジンエックスと呼びます。オープンソースソフトウェアで、よくApacheと比較されるほど、利用されている主流のWebサーバーソフトです。HTTPのサービスに特化しているApacheとは違い、nignxはさまざまなサービスに対応できるように設計されています。HTMLの画像やドキュメントを高速で処理し、消費メモリが少ないWebサーバーです。余計な機能を付けていないため、多くの同時リクエストの処理など素早く行えます。

3.レンタルサーバーの種類と選び方

Webサイトを構築する場合は、Webサーバーが必要です。Webサーバーを準備するには、さまざまな方法がありますが、個人などでも手軽に準備できる方法の1つにWebサーバーをレンタルして使用する、レンタルサーバーがあります。ここでは、Webサーバーをレンタルする場合の選び方やレンタルサーバーの種類について紹介いたします。

1.レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは、大きく4つの種類に分けることができます。共用サーバー、専用サーバー、VPS、クラウドサーバーの4種類です。共有サーバーは、複数ユーザーで利用し、料金が安いのが特徴です。月額100円〜など、非常にリーズナブルな料金で利用できます。共用という名前のとおり、1つのサーバーの一部を借りて利用しますので、他のユーザーの影響を受けることがあります。

逆に、サーバーに負荷をかけて他のユーザーに影響を与え迷惑を掛けることもあります。そのため、負荷のかかりやすい大規模サイトには向かず、小規模サイトが対象です。専用サーバーは、複数ユーザーで利用する共用サーバーとは違い、単独で利用できますので、他のユーザーの影響を受けることも、迷惑を掛けることもありません。自由度が高まる分、料金は上がりますが、大規模サイトも展開できます。

設定なども必要になりますので、専門知識が必要です。VPSは仮想専用サーバーのことです。仮想なので、自由度が高く、サーバーの構築や設定を自由に行えます。複数ユーザーが利用しますが、大規模サイトも展開できます。

料金は専用サーバー並に高い場合もあります。クラウドサーバーは、複数の仮想サーバーを自由に構築できます。複数ユーザーで利用できますが、VPS同様、自由度が高く小規模サイトから大規模サイトまで展開できます。設定から行わなければいけませんので、専門知識が必要です。

2.Webサーバーの選び方:ディスク容量で選ぶ

たくさんのファイルを設置したいのであればディスク容量が多いWebサーバーを選ぶべきです。ディスク容量が少なすぎると何もできなくなってしまいます。多くのファイル設置や更新を予定している場合は、ディスク容量の多いものを選びましょう。

3.Webサーバーの選び方:サポートがあり評判の良いレンタルサーバー会社を選ぶ

レンタルサーバーを利用すると、分からない点が出てくることが大変多くあります。いつでも電話サポートしてくれる会社など、分からないことがあってもサポートしてくれる会社を選ぶようにしましょう。特に初めての方であれば尚更です。また、Webサイトを運営するわけなので、回線が安定していなければ満足のいくサービスの提供ができません。数あるレンタルサーバー会社のなかでも、評判の良い会社を選ぶようにしましょう。

4.Webサーバーの選び方:使用目的に合ったレンタルサーバーを選ぶ

どんなWebサイトの提供をしたいかによって、利用するレンタルサーバーを選びましょう。例えばネットショップなどを運営したい場合は、サーバーダウンなど、お客さんに迷惑の掛かることが起きてしまっては、信頼を失ってしまいます。

安定したWebサービスを提供するためにも、専用サーバーやクラウドサーバーなどを使って、セキュリティの高い安定したサービスの提供を行いましょう。また、自由度も高いので、適した仕組みを構築もできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回「Webサーバーって何?Webサーバーの種類と特徴、選び方」について紹介いたしました。さまざまなWebサーバーがありますので、サービス提供をしたい方は、使用用途にあったものを選ぶようにしましょう。気になるレンタルサーバーなど、ぜひ確認してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です