Twitterで複数アカウントを作成して効率的に運用する方法

LINEで送る
Pocket

TwitterではFacebookと異なり、1人が複数のアカウントを作って運用することが可能です。(※ただし運用数分のメールアドレスが必要)ここでは、複数のアカウントを効率的に運用する方法をご紹介しましょう。
1

複数アカウントの作成

アカウントの作成方法は、1つ目のアカウントを作る場合と全く同じです。ここを閲覧されているみなさんは、すでに1つ以上のTwitterアカウントをお持ちだと思いますので、ここではアカウントの作成方法については割愛させていただきます。

複数アカウントでのログイン

PCの場合

PC(ブラウザ)の場合では、複数のアカウントに同時にログインすることはできません。別のアカウントを使用したい時には、一度ログアウトして目的のアカウントで再ログインしましょう。

スマートフォンの場合

スマートフォンのTwitterアプリでは、複数のアカウントで同時にログインすることができます。まだスマートフォンにTwitterアプリがインストールされていない場合は、PlayStoreやAppStoreからダウンロードし、1つ目のアカウントを設定しましょう。この後、次のように設定を行います。

手順

1、Twitterアプリを開く
2、右下「アカウント(iPhoneの場合)」、右上「・・・」→「アカウント」(Androidの場合)をタップ
3、「+(iPhoneの場合)」、「アカウント管理(Androidの場合)」を選択し、ログイン情報を追加します。

以上です。アカウントの切り替えも同様の手順で行うことができます。この場合は、手順1、2を行い、該当するアカウントを選択するだけです。

複数のTwitterアカウントの使い道

例えば、旧友とコンタクトを取るためのアカウントと、同僚とのコンタクトを取るアカウントに分けるといった使い方をすれば、それぞれに応じたツイートをを取得することができます。また、オンラインゲームを楽しむという方であれば、リアル(現実世界)の友達と、オンライン上での友達を分けてコンタクトを取ることができます。これは、プライバシー保護の観点からも非常に有効な手段であるともいえます。ネット社会は非常に怖いもので、ふとしたツイートを組み合わせれば個人が特定できてしまう場合も多いものです。

まとめ

Twitterアカウントを複数用意し、効率的かつより安全に運用する方法をご紹介しました。1つのアカウントだけでは不便を感じている方、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です