Home / Wi-fi / ソフトバンクの端末でテザリングする方法と料金、注意点

ソフトバンクの端末でテザリングする方法と料金、注意点

Pocket

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

テザリングはスマートフォンをモバイルwi-fiルーターのように使うことができ、非常に便利な機能です。外出先で公衆wi-fiネットワークが使えなくても、スマートフォンでテザリングをすれば、パソコンなども自由に使えます。

ここでは、「ソフトバンクの端末でテザリングする方法と料金、注意点」について、紹介いたします。これから、テザリングを使おうか迷っている人や、使用にあたっての費用が気になる方、メリットやデメリットが知りたい方など、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.テザリングする方法と料金や注意点

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-03-12-0-23-52

ここでは、ソフトバンクの端末でテザリングを行う場合の方法や、利用料金、注意点について、紹介いたします。

1.テザリングオプションに加入する

ソフトバンクでテザリングをしたい場合は、まず、テザリングオプションへ加入する必要があります。テザリングオプションへ加入をする場合は、MySoftBankか電話かソフトバンクショップ店頭で申し込みをします。

MySoftBankか電話の場合は24時間受付が可能です。電話の際はソフトバンクカスタマーサポートの157へ連絡をし、自動音声でオプション加入ができます。まずは、オプションに加入しましょう。

2.テザリング対応機種

ソフトバンクでテザリングに対応している端末は下記のとおりです。

  1. iPhone・・・iPhone7、iPhone6s、iPhone6sPlus、iPhone6、iPhone6Plus、iPhoneSE、iPhone5s、iPhone5c、iPhone5
  2. iPad・・・9.7インチiPadPro、12.9インチiPadPro、iPadAir2、iPadAir、iPadmini4、iPadmini3、iPadmini2、iPadmini、iPadRetinaディスプレイ
  3. スマートフォン・・・各4Gスマートフォン
  4. タブレット・・・基本的にすべて対応
  5. ケータイ(ガラケー)・・・AQUOSケータイ2

3.テザリングの利用料金

ソフトバンクの対応端末でテザリングを利用するには、オプションに加入しなければなりません。オプションに加入すると月額使用料がかかります。使用料に関しては、加入しているデータ定額サービスによって異なります。

  1. データ定額20GB/30GB 1,000円
  2. 家族データシェア50GB/100GB 1,000円
  3. データ定額ミニ1GB/2GB 500円
  4. データ定額5GB 500円
  5. データ定額S 500円
  6. 上記以外のデータ定額サービスもしくは料金プラン 500円

4.iPhoneでテザリングする方法

ソフトバンクのiPhoneでテザリングする場合は、下記の方法で行います。

  1. iPhoneのホーム画面で設定アイコンを開きます。
  2. 設定画面を開いたらメニュー一覧の中から「モバイルデータ通信」を選択します。
  3. モバイルデータ通信の画面で、メニューの「インターネット共有」をオンに設定変更します。
  4. インターネット共有の画面で、メニューの「インターネット共有」をオンに切り替えます。
  5. wi-fiやBluetoothがオフ設定の場合は、その旨の画面が表示されます。
  6. wi-fiのネットワーク名と、パスワードが表示されますので、テザリング接続デバイスで入力すれば、インターネットに接続できます。
  7. テザリングが成功すると、iPhoneの画面上部が青く表示されます。

5.テザリングする際の注意点

ソフトバンクの端末でテザリングを行う場合は、まず事前にテザリングオプションに加入するようにしましょう。オプション加入していないと、テザリング設定画面まで進めず設定できません。そして、テザリングを使用する場合は、月額500円〜料金が別途必要です。

また、ソフトバンクの端末に限らずですが、テザリングをする際は「バッテリー消費」と「速度制限」にも気を付けなければなりません。iPhoneやAndroidスマートフォンなど、テザリングを行う場合は、バッテリー消費が通常よりもかなり速まります。

USBケーブルで接続してテザリングする場合は、スマートフォンの充電ができますが、wi-fiやBluetoothでのテザリングの場合は、長時間のテザリングで激しくバッテリーを消耗する場合があります。

バッテリーがあまりない場合は、USBでのテザリングか(スマートフォンが充電できるデバイスの場合)、wi-fiよりもバッテリー消費が少ないBluetoothテザリングを行いましょう。そして、速度制限にも十分に気を付けなければなりません。

テザリングすることで、接続デバイスでインターネットを利用するわけですので、動画視聴や複数台のデバイスと接続した場合は、かなりのデータ容量を消費します。大きなデータ容量を使う場合は、極力テザリングではなく、公衆wi-fiネットワークが使える場所でパソコンなどを使いましょう。

6.iPhoneでテザリングを利用する方法

別のソフトバンクの端末でテザリングをし、iPhoneでそのテザリングを利用する方法について紹介します。利用する方法は下記のとおりです。

  1. iPhoneのホーム画面で設定アイコンを開きます。
  2. 設定メニューの中から、「wi-fi」を選択します。
  3. wi-fi画面で「wi-fi」の設定をオンに切り替えます。
  4. wi-fiネットワーク一覧が表示されますので、テザリングしている端末のネットワーク名(SSID)をを選択します。
  5. パスワード画面が表示されますので、設定しているパスワードを入力します。
  6. パスワードの入力が完了したら、画面右上にある接続をタップします。

これによりテザリング接続が完了し、ネットワークを提供している端末も、テザリングを利用するiPhoneも接続の旨の表示が現れます。

7.テザリングを使うメリット

テザリングを使うことで、通信料金を節約できる可能性があります。通常、外でパソコンなどを使う場合は、カフェや施設などが提供している公衆wi-fiネットワークを使うか、モバイルwi-fiルーターを持ち接続して使うかのどちらかです。

モバイルwi-fiルーターに関しては、毎月の利用料金が3,000〜4,000円程度はかかります。スマートフォンを使ったテザリングであれば、月額500〜1,000円はかかるものの、モバイルwi-fiルーターの利用料金との差額2,000〜3,500円は節約できることになります。

パソコンなどで使うデータ容量が小さく、スマートフォンが速度制限にならないようであれば、モバイルwi-fiルーターを持つよりもお得です。テザリングの場合は、携帯電話会社のネットワークを使いますが、wi-fiルーター同様、国内のほとんどの場所で利用できます。

そのため、パソコンやゲーム機を外で使う場合も、テザリング用に特別な物を持って出る必要がありません。普段持ち歩いているスマートフォンを持っていくだけで対応できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「ソフトバンクの端末でテザリングする方法と料金、注意点」について、紹介いたしました。月額500〜1,000円でテザリングが利用できます。バッテリー消費や速度制限など、注意すべき点もありますが、使い方によってはモバイルwi-fiルーターよりも、お得に利用ができます。テザリングオプションへの加入もすぐにできますので、興味がある方は、ぜひ利用してみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

purse-1359848_1920-660x330

Wi-fiルーターの価格相場とおすすめ商品

スマートフォンやタブレットは、 …

Facebookでのご購読が便利です