Home / ソフトウェア / パワーポイント / パワーポイントのスライドの背景を自由自在に変更するコツ

パワーポイントのスライドの背景を自由自在に変更するコツ

Pocket

5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_s

プレゼンテーション用資料などを作成する際に使うことが多いPowerPoint。WordやExcelと違い、スライドの背景を好きなように変えれるデザインにもこだわったソフトです。本記事では、「パワーポイントのスライドの背景を自由自在に変更するコツ」について、紹介いたします。

スポンサーリンク

1.PowerPointのスライドの背景を変更する方法

51d0f2d5fc9ecdbb54d9fa40a48d456e_s

PowerPointのスライドは背景を変更することができます。ここでは、その変更方法について紹介します。

1.書式設定から背景を変更する方法

PowerPointのスライド背景は、書式設定から変更することが可能です。書式設定から背景を変更する方法は下記のとおりです。

  1. メニューのデザインを選択します。
  2. 「ユーザー設定」のなかにある「背景の書式設定」を選択します。
  3. 画面右側に「背景の書式設定」メニューが表示されますので、「背景グラフィックを表示しない」にチェックを入れると既定の背景グラフィックを非表示にすることが可能です。

2.スライド背景を塗る方法

スライド背景を変更する場合は、塗りつぶす方法もあります。塗りつぶすことで、スライド背景を変えたい場合は下記の方法で行います。

  1. メニューでデザインを選択します。
  2. 「ユーザー設定」にある「背景の書式設定」を選択します。
  3. 画面右側に「背景の書式設定」メニューが表示されますので、メニューのなかから塗りつぶしを選択します。
  4. 塗りつぶす際の色と透明度を自分で調整できますので、希望の色と透明度に設定します。

これにより、希望の単色で背景の塗りつぶしができます。また、同様の方法で、背景の書式設定メニューのなかから「塗りつぶし(グラデーション)」にチェックをすることで、スライド背景をグラデーションにすることが可能です。

グラデーションに関する設定画面も表示されますので、希望のグラデーションにすることができます。もし、「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」にチェックを入れると、ファイルやクリップボード、オンラインなどから既存のテクスチャなどを選ぶことができます。他にも「塗りつぶし(パターン)」があります。

3.PowerPointのテーマを使って背景を変更する方法

PowerPointには、最初からデザインテンプレートのテーマ機能が搭載されています。テーマを使ってスライドの背景を変える方法は下記のとおりです。

  1. PowerPointのメニューのなかから「デザイン」を選択します。
  2. さまざまなデザインのテーマが表示されますので、希望のデザインをクリックします。

これにより、希望のテーマのデザインに変更することができます。テーマを使ってスライド背景を変える場合は、すべてのスライドが対象となり、同デザインに仕上がります。もし、すべてのスライドを同デザインにするのではなく、一部のスライドの背景テーマを変えたい場合は、変更したいスライドのみを選択して、同様にテーマから変更したいデザインを選択します。

スライドを選択する場合は、Ctrlや、Shiftを押しながら選択することで、複数のスライドを同時に選択できます。もし、特定の1枚だけのスライドの背景を変えたい場合は、テーマを選ぶ際に、希望のテーマデザイン箇所で右クリックを押し、表示されるメニューのなかから、「選択したスライドに適用」をクリックします。これにより、特定の1枚のスライドだけ背景を変更することができます。

また、オンライン上のテーマを使用してもスライドの背景デザインを変えることができます。オンライン上のテーマからデザイン変更したい場合は下記の方法で行います。

  1. ファイルを開き、メニューのなかから「新規」を選択します。
  2. メニュー右側に新規テーマの一覧が表示されます。
  3. 希望のテーマを選択すると、詳細確認ができますので、問題なければ「作成」を選択します。

4.テーマのカスタマイズにより変更する方法

テーマ機能を使ってスライドのデザイン変更をしたものを、カスタマイズして更にデザイン変更することができます。カスタマイズして変更する方法は下記のとおりです。

  1. メニューのデザインを選択します。
  2. 「バリエーション」のデザイン一覧が表示されますので、希望のバリエーションデザインを選択します。

これにより、デザインがバリエーションで選択したものに変更されます。さらに、背景スタイルを変更したい場合は、背景スタイルのメニューから、背景のスタイルを選びクリックします。
選択した背景スタイルがスライドに反映されます。

2.PowerPointで使える基本技

ここでは、PowerPointで使える基本技を紹介します。

1.PowerPointのファイルにパスワードを設定する

PowerPointのファイルにパスワード設定をすることができます。パスワード設定をすることで、他人がファイルを閲覧したり編集したりすることができなくなります。セキュリティを考えてもパスワード設定はしておいた方が良いです。ファイルにパスワードを設定する場合は、下記方法で行います。

  1. メニューから「名前を付けて保存」を選択し、表示される画面の「ツール」から「全般オプション」を選択します。
  2. 全般オプションの画面で「読み取りパスワード」もしくは「書き込みパスワード」の該当する方を選択しパスワードを入力します。

これにより、ファイルにパスワードを設定できます。

2.PDFに変換したい場合

PowerPointはPDFに変更することもできます。変換する方法は下記のとおりです。

  1. 「ファイル」を選択して「名前を付けて保存」を選択します。
  2. 名前を付けて保存の画面が表示されますので、「ファイルの種類」をPDFにします。
  3. 最適化の種類を選び、保存ボタンをクリックすればPDFへの変換が完了です。

該当ファイルのアイコンもPowerPointから、PDFファイルに変わります。

3.ショートカットキー一覧

PowerPointにも多くのショートカットキーがあり、使うことでよりスムーズに作業できます。PowerPointで使えるショートカットキーの一部を紹介します。

  1. 新規スライドを作成・・・「Ctrl」+「N」
  2. スライドショーの実行・・・「F5」
  3. スライドショーのプレビュー・・・「Shift」+「F5」
  4. フォントサイズを大きくする・・・「Ctrl」+「>」
  5. フォントサイズを小さくする・・・「Ctrl」+「<」
  6. プレゼンテーションを開く・・・「Ctrl」+「O」
  7. プレゼンテーションを閉じる・・・「Ctrl」+「W」

4.ファイルサイズを小さくする

PowerPointのファイルサイズが大きくなりすぎた場合は、下記方法でファイルサイズを小さくすることができます。サイズを小さく変更したい画像を選択して、図ツールの「書式タブ」を選択します。そして「図の圧縮」を選択すれば、ファイルサイズを小さく変更ができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「パワーポイントのスライドの背景を自由自在に変更するコツ」について紹介いたしました。PowerPointのスライド背景は自由度は比較的高いですので、好みのデザインやオリジナルデザインにすることが可能です。

よほどの違和感が出ない限りは、スライド背景を変更してプレゼン内容や訴求したい商品やサービスを彷彿させるようなデザインにしてもおもしろいかもしれません。普段、PowerPointを使っている方は、試しにやってみてください!

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

8ece3c3163cd5d4fd5e7851a07f22d4b_s

無料でパワーポイントの機能を使う方法と無料互換ソフト

プレゼン資料の作成などで活躍す …

Facebookでのご購読が便利です