Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / PC基礎知識 / 無料で使える!!PDF翻訳ツールの特徴と使い方

無料で使える!!PDF翻訳ツールの特徴と使い方

Pocket

仕事や学業で英語のPDF資料を読む場合、語学力がないと英語を自分で翻訳するのは大変な作業です。翻訳精度が高い有料の翻訳ソフトも販売されていますが、高額のため個人で購入することは難しいのが現状です。

本記事では誰でも無料で使える、便利なPDF翻訳ツールをご紹介したいと思います。英語のPDF文書の翻訳に悩まれている方は是非本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

PDF文書の翻訳ツール①「Google翻訳」

「Google翻訳」での翻訳手順

Google翻訳」を使ってPDF文書を翻訳する手順は下記の通りです。翻訳する資料がPDFファイルであればそのまま下記手順で翻訳することができますが、本や新聞などを翻訳したい場合は、スキャナや携帯でスキャンをしてPDF形式のファイルにしましょう。

  • Google翻訳」にアクセス
  • 「ドキュメント」項目を選択
  • 「ドキュメントを選択してください」という部分の「パソコンを参照」を選択
  • 翻訳したいPDFファイルを選択してアップロード
  • 元言語(「言語を検出する」の左側)を選択
  • 翻訳後の言語(「言語を検出する」の右側)を選択
  • 「翻訳」を選択して翻訳を実行する
  • 翻訳後のテキストのみが表示

また、Google翻訳を使ってPDFを翻訳する場合には下記の点について留意しておくことが必要です。

  • 元ファイルの画像は翻訳結果に表示されない
  • 翻訳後の文章と注釈が重り見にくい箇所が一部発生する可能性がある
  • 表示された訳文にカーソルを合わせると原文のテキストが表示される

Google翻訳では、上記手順でPDF文書を簡単に翻訳することができます。

「Google翻訳」は容量が大きくないファイル向け

Google翻訳ではドキュメント翻訳のファイル容量が1MB以内に設定されています。そのため、そ1MB以上のファイルを翻訳する際はファイルを分割するなどして、1MB以下にしないといけないなどの無料翻訳ツールとしての制限があります。

1MB以上のファイルを選択すると、上記画面が表示され翻訳することができませんので注意しましょう。

「Google翻訳」の翻訳精度

Google翻訳は他のツールに比べ精度が高いということが評価されています。しかし一方で、Google翻訳はあくまでも機械翻訳であり、特に日本独特の言い回しなどは正しく変換されずに誤訳されることがあります。

言語的に文法的に近い言語(日本語と韓国語、英語と中国語など)の精度は高い方ですが、中国語から日本語などに変換する際は特に誤訳されていないか確認が必要です。

「Google翻訳」で翻訳精度を上げるには

Google翻訳で翻訳精度を上げる方法には、下記の4つの手法があります。

  • ややこしい言い回しをシンプルにする
  • 省略可能な主語、述語、目的語を入れてみる
  • 同音異義語などはできるだけ漢字にできるものは漢字にする
  • 翻訳した文章をそのまま元の文章に再翻訳する

ややこしい言い回しをシンプルにする

Google翻訳の精度を上げるためには、ややこしい言い回しはシンプルに変えましょう。

長文になればなるほど翻訳精度も下がってしまうため、ポイントをすっきりとして余計な修飾語や副詞などは取り除いてしまいましょう。また、接尾語が何度も入るような文章の場合は複数の文章に分けることも精度を上げるコツになります。

省略可能な主語、述語、目的語を入れてみる

省略可能な主語、述語、目的語を入れてみましょう。

特に日本語では、前後の流れから文章が成り立つ場合、主語を省略するなどがあるため、省略をされた主語を入れるだけで精度が上がります。

学生時代の英語の教科書の翻訳のように日本人が少しオーバーと思うぐらいの主語、述語、目的語を入れるのも翻訳精度を上げるコツになります。

同音異義語などはできるだけ漢字にできるものは漢字にする

同音異義語などはできるだけ漢字にできるものは漢字にすることを試してみましょう。

機械翻訳では文章を理解して翻訳をされないことが多くあるため、特に同音異義語には注意するのも一つのコツになります。

翻訳した文章をそのまま元の文章に再翻訳する

翻訳した文章をそのまま元の文章に再翻訳してみましょう。それで文章的に間違っていないことは少ないですが大まかな意味は伝わるはずです。

余談ではありますが、例えば、日本語から中国語などに翻訳する場合は、日本語から中国語に直接翻訳するのではなく、一度日本語から英語に翻訳をし、修正、再びそのニュアンスが日本語と英語で合っていると確認をした後、英文を中国語に翻訳すると、翻訳の精度が高まります。

翻訳した中国語文章を再度直接日本語に変換すると、ニュアンスの確認などはできると思います。

PDF文書の翻訳ツール②「DocTranslator」

「DocTranslator」での翻訳手順

DocTranslator」を使ってPDF文書を翻訳する手順は下記の通りです。

トピックタイトル

  • DocTranslatorにアクセス
  • 「今、翻訳する」を選択
  • 「ここにファイルをドラッグ&ドロップ」にファイルを置く or 「ファイルをダウンロード」をクリックし、PDFファイルの保存先から翻訳するファイルを選択
  • 翻訳前後の言語を選択
  • 「翻訳する」を選択
  • 自動的に翻訳されたPDFファイルがダウンロードされる

「DocTranslator」では、翻訳前のレイアウトやデザインが元のファイルと変わらず、本文のみが翻訳されます。

「DocTranslator」ではレイアウトが崩れない

DocTranslatorでは、Google翻訳と異なり、画像を含めレイアウトが元ファイルと同じ形式(今回の場合はPDFファイル)でダウンロードすることが可能です。

DocTranslatorの機械翻訳はGoogle翻訳を利用しているため、精度を上げる方法に関しては、先にご紹介したGoogle翻訳を利用するのと同じようにすればよいでしょう。

デザイン性のある資料や新聞などの記事のPDF資料を丸ごと翻訳するのであれば、DocTranslatorはとても便利な無料ツールだといえます。

「DocTranslator」は容量が大きいファイルにもおすすめ

Google翻訳のファイル制限は1MBとても小さいですが、DocTranslatorの容量制限は10MBとなっており、Google翻訳の10倍もの容量のファイルを翻訳することが可能です。

そのため、画像を含んだ容量の大きなファイルをレイアウトを崩さずに一括翻訳することができます。10MBを超えると上記画像のようなエラーが出ます。

まとめ

元々PDFファイルはPDF編集ソフトを利用しないと編集できないファイル形式ということが特徴であったため、以前はPDFファイルを直接翻訳できるサービスなどがなく、PDFファイルをオンラインコンバーターサービスを使って、Wordに変換をし、ちゃんと変換できていないところは手入力をし、テキストをコピーして翻訳サイトに張り付け、翻訳。翻訳修正をして再度オンラインコンバーターサービスでPDFに変換する手順が必要でした。

また、デザインを伴う資料の場合は、本文のみを別ファイルで準備してオンライン翻訳し、修正後デザインファイルに翻訳した本文を張り付けて、それに合わせてレイアウトも修正するなどと手間がかかりすぎていました。

容量の少ない文字のみの資料や特に特殊な改行などのレイアウトのない(論文や小説)などの資料の翻訳はGoogle翻訳、写真や画像を含んだデザイン的な資料や、膨大な量の翻訳はDocTranslatorがおすすめです。上手に使い分けて快適にPDFを翻訳しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

煩わしいけど重要!パソコンのアップデートをストレス0で行う方法

いきなりパソコンのアップデート …

Facebookでのご購読が便利です