Home / デザイン家電 / テレビ / HDMI端子がなくても大丈夫?パソコンをテレビに接続する方法

HDMI端子がなくても大丈夫?パソコンをテレビに接続する方法

Pocket

ノートパソコンを使っていたりデスクトップパソコンを使っていたりするとき、メールやブラウザなどを複数利用していると画面が手狭に感じることがよくあります。

「もっとモニターがあれば良いのに…」と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時には、パソコンのディスプレイにテレビを追加することをおすすめします。

テレビをパソコンに接続することによって、テレビをパソコンのディスプレイとしても使えるようになるため、作業できるディスプレイが増えることになります。

今回は、パソコンをテレビに接続するための方法について詳しくご紹介致します。

スポンサーリンク

パソコンをテレビに接続する方法

早速、パソコンをテレビに接続するための方法についてご紹介致します。

また、現在ではスマホやタブレットもテレビに接続できるようになっているため、そちらの方法に関してもご紹介致します。

HDMIケーブルを使おう

パソコンをテレビに接続するためには、まずはHDMIケーブルが必要となります。この方法を活用するためにはパソコンとテレビにHDMI端子が付いている必要があります。

ここ数年で発売されたパソコンやテレビであれば少なくとも1つはHDMI端子が付いているため、台形に似た形をしたHDMIと書かれた端子を探しましょう。

HDMIケーブルは、おおよそ1,000円前後で購入することが可能です。長さによっても価格は異なりますが、1,000円あれば購入できると考えると購入しやすいです。

HDMIでは画像ファイルの他に音声ファイルも取り扱うことができるため、テレビからも音を出力することが可能です。

テレビ画面で表示しているブラウザから発生する音がパソコンのスピーカーから聞こえるのではなく、ちゃんとテレビから音が出るようになります。

パソコンとテレビを接続する一般的な方法はこうしたHDMIでの接続のため、まずはパソコンとテレビにHDMI端子があるかどうかを確認して、必要な長さのHDMIケーブルを購入して接続しましょう。

HDMIでパソコンの画面をテレビに出力する方法

パソコンとテレビを接続すると、パソコンはテレビをディスプレイとして認識します。ですが、既にパソコンのディスプレイがある場合はテレビをサブディスプレイとして設定する必要があります。

これを、マルチモニターやデュアルディスプレイと呼びます。以下に、Windows10でマルチディスプレイを設定する際の設定方法についてまとめます。

  1. デスクトップ画面で右クリックをしてメニューを起動
  2. 「ディスプレイ設定」を選択
  3. 「複数のディスプレイ設定」から「表示画面を拡張する」を選択
  4. 「ディスプレイの設定を維持しますか?」のダイアログで「変更を維持」を選択
  5. 設定が反映されると、設定画面からドラッグ・アンド・ドロップで画面を設定可能になる

上記の手順で、マルチディスプレイの設定を行うことが可能となります。

Windows10からはマルチディスプレイの設定がかなり簡単となっています。

ディスプレイの「表示画面を拡張する」を選択することによってテレビがディスプレイとして認識され、メインディスプレイとサブディスプレイの場所を自由に配置することが可能となっています。

スマホやタブレットもテレビに接続できる!

パソコンをテレビに接続したときのようなマルチディスプレイとしての活用は、スマホやタブレットごとに専用のドックを使うことが多いです。

ですが、GoogleのChromeCastやAppleのAppleTVを活用することによって、Wi-Fiでスマホの画面のテレビに表示することが可能となります。

すべての表示が可能というわけではなく、YoutubeやhuluやNetflixなどの対応したアプリのみが表示可能となります。

対応しているアプリは映像関係のビデオ・オン・デマンドサービスが多く、スマホで普段見ていいる画面をテレビの大画面に映し出すことが出来ます。

次ページ:HDMI端子がない場合の接続方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

tv

HDMIケーブルが安価で便利!スマホの画面をテレビに映す方法6つ

あなたは、スマホの画面をテレビ …

Facebookでのご購読が便利です