WindowsよりもMacをおすすめする3つの理由

LINEで送る
Pocket

1

さて、今日のお題は「WindowsよりもMacをおすすめする3つの理由」です。みなさんは、会社やお仕事で使っているコンピュータは、WindowsそれともMac?

たいていのビジネスパーソンが「Windowsに決まっているよ」と答えるのではないかと思います。それもそのはず、全世界におけるデスクトップPCのOS別シェアを見てみると、Windowsが90.42%なのに対してMacはわずか9.02%、なんと10倍もの差があるのです。

しかし、Windows全体のシェアがわずかながら減りつつあるのに対し、Macのシェアは逆に増加していることがわかっています。

さて、WindowsにはないMacの魅力とは何なのか、今回は3つの理由をみなさんにお伝えいたします。

スポンサーリンク

理由その1: 高級感漂う美しい外観

2

Macを選ぶ理由の一つにあがるのが「見た目の美しさ」にあるのは間違いないでしょう。Windowsマシンを圧倒的に凌駕するこの特徴について、いくつかポイントを上げてみます。

●ポイント1: ユニボディ

3

ユニボディ(Unibody)とは、1枚のアルミ板を切削、研磨して製造された製品本体(筐体)のことです。よって、ユニボディ・デザインを採用しているMacの本体は、ただひとつのパーツだけで構成され継ぎ目や凹凸はまったくありません。

ユニボディが初めて採用されたのはMacBookだけでしたが、のちに他のMac製品(iMac、MacBook Pro、Mac mini)に応用され、現在ではiPhoneやiPadにもこのデザインが使われています。

ユニボディの利点は、他のパソコンには到底真似できない高級感を醸し出せることと、ボディを「薄く」「軽く」「強く」できることです。そしてそれはユーザーの「所有する喜び」を刺激することにもつながってくるのです。

ポイント2: 同僚にウケがいい

4

使っているコンピュータの外観がカッコいいということは、まわりの人たちから見た自分もカッコよく見える、ということです。

会社で仕事に使っているパソコンは、十中八九Windowsマシンであることが多いです。仕事用のパソコンならば仕事で問題なく使えさえすればそれでいいわけで、見てくれなどは二の次の個性のないマシンになっています。ハンマーやドライバーなどと同じ、単なる「道具」に過ぎません。

ところがMacは違います。たとえ自分が自他共に認める「ブサメン」だったとしても、Macを軽々と使いこなして仕事をすれば、あなたの同僚や女子社員、あるいはあなたの友達の間での評判は、少なく見積もっても三割増しになることでしょう。アベノミクス風に言うと「デフレ脱却」ということになるのでしょうか。

ただし、Macの操作に慣れてなくてまわりの人たちに質問しまくっていたりすると、単なる「教えて君」になってしまいますので、気をつけてくださいね。

理由その2: トラックパッドが優秀かつ多機能

5

これは、ノート型コンピュータに限られることにはなるのですが、みなさんはWindowsパソコンを使うとき、マウスを使いますか?それとも、マウスとタッチパッド両方を使いますか?

「場合によって使い分ける」器用な人もおりますが、大半の人は「少なくともマウスは必ず使う」と答えることでしょう。

ところが、Macのノートコンピュータを使ってみると、トラックパッド(Appleではタッチパッドのことをこのように呼びます)のあまりの使い勝手の良さに、マウスを使うことを忘れてしまうほどです。どのように便利なのか、いくつかのポイントを見ていきましょう。

ポイントとクリック

Windowsマシンで「右クリック」「左クリック」を行うには、タッチパッドの下にある右ボタン、左ボタンを押しますよね。

ところがMacでは、一本指でタップすると通常のクリック、二本指でタップすると右クリックメニューを表示できるのです。

6

実はコンピュータのメーカーによっては同じ操作ができるのですが、マウスのホイールを指で回す操作のほうが簡単で良く知られていますし、したがってこのような機能があることを知らない人も多いです。

スクロールとズーム

インターネットを見ている時に、画面を上下にスクロールしようとすると、マウスホイールを使うか、ブラウザの右側にある「スクロールボタン」をクリックしますね。

ところがMacでは、この操作がトラックパッドで簡単にできてしまいます。トラックパッドの上に二本指を乗せ、上下にスライドするだけで、その動きに連動して画面が動いてくれるのです。

7

そのほか、こんな操作もトラックパッドに置く指を変えることで行うことが可能なんです。

1. 三本指を上下スライド→起動中のウィンドウを一覧表示[9.jpg]
2. 親指+三本指でピンチイン→ソフトウェアを一覧表示[10.jpg]
3. 三本指でピンチアウト→デスクトップを表示[11.jpg]

ここまでの操作ができるのは、Macのトラックパッドだけ。いますぐマウスを使うのをやめてもまったく問題ありません。

理由その3: 特徴のあるアイコン

Macを選ぶ理由の一つにあがるのが「特徴のあるアイコン」にあるのは間違いないでしょう。

Windowsマシンを圧倒的に凌駕するこの特徴について、ポイントを2つ上げてみます。

デザインの可愛さ

アイコン自体はWindowsマシンにもあるので、別に珍しくも何ともないのですが、同じアイコンでもMacのアイコンはその作り込みの気合いの入り方が違うのです。

例えていえば、Windowsマシンのアイコンがどこででも売っている「コンビニ弁当」だとすると、Macのアイコンは毎朝お母さんが手塩にかけて作ってくれる「キャラ弁」みたいなものでしょうか。

ここ数年は「フラットデザイン」というトレンドによって、WindowsとMacのアイコンの差がなくなりつつあります。しかしながら、それを差し引いたとしてもMacのアイコンは特別なものであり、LINEスタンプと比較しても見劣りしない「カワイイ」アイテムなのです。

起動時の動作の可愛さ

Macのアイコンは通常、アプリケーションフォルダに格納されていますが、よく使うソフトはディスプレイ下部の「ドック」と呼ばれるエリアに置いておくことができます。Windowsでいうと「タスクトレイ」にあたるものですね。

WindowsもMacもダブルクリックでアイコンが起動することに違いはありませんが、Macの場合はこのドックに置かれているアイコンの動作がとても面白いのです。

例えばMacのアイコンを起動させると、ドックの中でアイコンがピョンピョン飛び跳ねて「今、このソフトウェアが起動中だよ!」と、強烈に自己主張してくれるのです。

逆に今開いていたソフトを最小化したり終了したりすると、今度はウィンドウがまるでドックに吸い込まれるようにドックに収まるのです。まるで、鬼太郎に出てくる妖怪の「一反木綿」のような細長い形で。

ここまでの遊びゴコロ満載のユーザーインターフェイスが備わっているMacを使っていれば、仕事だろうが趣味だろうが、楽しくないわけがありません。

まとめ:Macを手に入れて快適なIT環境を実現しよう

WindowsよりもMacをおすすめする3つの理由について、順を追って説明してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

ここに上げている理由をじっくりと読んでいくと、もうWindowsマシンなど使う理由がどこにも見当たらないのがおわかりいただけることでしょう。

そもそもデスクトップやアイコンなどの専門家でなくてもわかるインターフェイスや、マウスによる操作をパソコンという形で最初に発表したのはAppleであり、Microsoftはそれに似せてWindowsを作ったのです。ですから、操作性においてMacがWindowsより優れているのは、当然といえば当然ですね。

今回お伝えしたiPhoneMacテクニックで、あなたの生活がもっと便利で楽しいものになるといいですね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です