iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

LINEで送る
Pocket

今では多くの人が手にしているiPhone、その中にはアプリとして入ってはいるけれど普段使いする中ではあまり使っていないアプリも多いのではないでしょうか。

特によく聞くのは「入ってはいるけどiPhoneの標準アプリはなかなか使わない」、と言う声ですね。最近ではコントロールセンターから標準アプリのライト・タイマー・電卓・カメラを呼び出せるようになったりと、少しずつ日の目を見るようになったアプリもありますが、今回は「ボイスメモ」の使い方を取り上げてみたいと思います!

スポンサーリンク

ボイスメモってどんなアプリ?

「ボイスメモ」とは、ボイスレコーダー機能がアプリになったもの。テレビや雑誌の取材記者がインタビューなどによく使われているものですが、皆様一度は耳にしたことや目にしたことはあるのではないでしょうか。さて、この「ボイスメモ」機能ですが、思いついたアイディアや、会議などの内容を音声として録音することが出来ます。

また、ステレオマイクを接続すれば、より高音質でクリアな音声を録音可能です。起動すればすぐに録音が可能ですが、アーティストの有料ライブやコンサート、映画館などでの録音行為は禁止、犯罪です。お控えくださいね。

ボイスメモの使い方

それでは、いよいよ「ボイスメモ」の使い方を見ていきましょう。「ボイスメモ」アプリはiPhoneに標準搭載されているアプリですので、削除してしまった、何てことはありませんよね。

スクリーンショット 2016-02-09 11.12.57

私は普段あまり使わないアプリはこんな感じでフォルダにまとめてしまっています。「ボイスメモ」アプリのアイコンは画像で赤く囲んだもの、まずは探して起動してみてください。

スクリーンショット 2016-02-09 11.13.19

さて、「ボイスメモ」を起動させるとこのような画面が表示されます。iPhoneは全機種に本体マイクが搭載されているので(そうでなければ電話が出来ませんからね)、そのまま録音が出来ます。通常はモノラルでの録音となりますが、外付けのマイクなどを接続することでステレオでの録音も可能となります。このマイクがあると広い会議室での録音などでの録音が便利になりますよ。

スクリーンショット 2016-02-09 11.13.32

中央の赤丸ボタンをタップすると、録音開始の音が鳴り、そのまますぐに録音が始まります。録音中にこの「録音開始ボタン」をタップすると録音は一時停止状態になり、もう一度タップすると録音が再開されます。「録音開始ボタン」の右横にある「完了」をタップすると、録音は終了します。

スクリーンショット 2016-02-09 11.13.42

録音が終了すると、このような「ボイスメモを保存」という画面が出ます。わかりやすいように録画した音源に名前を付けることが出来ます。

スクリーンショット 2016-02-09 11.13.50

録音が終わり、名前を付けると、録音済みのボイスメモ一覧を確認することが出来ます。この画面でまた「録音開始ボタン」をタップすると、すぐに新しい録音が始まります。

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.01

録音済みのボイスメモ一覧画面で、録音したボイスメモを選んでタップすると、このように選択項目が出て来ます。

・左上の項目「 ▶ ︎」……再生
・右の項目「ゴミ箱」……削除

この他に左の項目の「共有」、真ん中の「編集」の項目もありますが、これについては後ほどご説明しますね。
因みに、この段階でボイスメモの名前をタップすると名前を変更することも出来ますので、適当に名前を付けても問題はないと思いますよ。

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.09

さて、それではまず「編集」を見ていきましょう。先程の画面で「編集」をタップすると、このような画面に変わります。画面中央の波形の部分を左右にドラッグすると、再生位置を変更出来ます。

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.18
スクリーンショット 2016-02-09 11.14.27

次に「トリミング」を見てみましょう。赤い細い縦線で区切られていますが、この赤い線を左右にドラッグさせると、切り取り開始位置、終了位置を変更出来ます。位置を調整したら、「トリミング」をタップします。すると、「オリジナルをトリミング」か「新規録音として保存」するかを選ぶ画面が出て来ますので、どちらかお好きな方を選んでください。

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.35

もう一つ、先程出て来ました「共有」について触れてみます。この「共有」をタップすると、このようなメニューが表示されます。

「Air Drop (エア・ドロップ)」は、このボイスメモを「Air Drop機能」を使って近くにいるiPod・iPad・iPhone端末にワンタッチで送信することが出来ます。「メールで送信」では、このボイスメモをEメールで送信出来、「メッセージ」はこのボイスメモをiMessage/MMSで送信することが出来ます。

スクリーンショット 2016-02-09 11.14.44

上記の手順だけでも充分ですが、「ボイスメモ」はパソコンとiPhoneを「iTunes」を経由して同期することでパソコンに転送され、保存が出来ます。「iTunes」に「ボイスメモ」という名前でプレイリストが自動的に作成され、その中に収納されます。同期しても録音した音源はiPhoneの中に残ります。

一旦パソコンに音源を転送すると、iPhone本体からその「ボイスメモ」を削除してもパソコンにはその音源が残ります。間違えて音源を消してしまった場合も安心ですね。但し、パソコンに保存した音源を「iTunes」から削除した状態で同期すると、iPhone本体にある音源も削除されてしまうので要注意!

使ってみると意外と便利な「ボイスメモ」

さて、「ボイスメモ」のご紹介は如何でしたでしょうか?長く説明してしまいましたが、実際に使ってみると案外簡単に手軽に録音出来ますので是非一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です