iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の設定方法と使い方

LINEで送る
Pocket

Safariは、iPhoneに標準でインストールされているWebブラウザです。最初からインストールされているので、何となく使っておられる方も多いのではないでしょうか。また、Windows系のPCに慣れている方だと、Internet explorerやChromeとはかなり使い勝手が違うため、使いにくい印象を持たれているかもしれません。

実はSafariには色々と便利な機能があり、知ってしまうと便利で手放せなくなるアプリです。ここでは、Safariの設定方法と使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

Safariの起動

ホーム画面で、Safariのアイコンをタップすれば起動します。特に何も設定していなければ下記のごとく、画面下方のDOCKと呼ばれる場所にあります。

safariicon

Webページを開く

初回起動直後の画面です。この例では、アイコンが4つ並んでいます。

top

上記のサイトにアクセスしたい場合は、上方の「検索/Webサイト名入力」欄に、行きたいサイトやキーワードを直接入力します(http://・・・で始まるアドレスを直接入力しても可)。ひとまず、Googleのトップページを表示しようと思います。”goo”まで入力したら、Safariが予測してくれました。

top2

タップしたら即ジャンプしました。Safariをこのまま終了(ホームボタン2度押し→上へスワイプ)すると、次回起動時は最後に開いたページが即表示されます。

top3

設定でより便利に

上記だけでもWeb閲覧は可能ですが、画面下方にある3つのアイコンを使いこなすと、より便利になります。

benri

では、それぞれの使い方を説明します。

1.共有アイコン

タップすると下記ウインドウが開き、アイコンをタップすることで色々な設定ができます。数が多いので、主なもののみ説明します。

  • A.「メッセージ」「メールで送信」
  • 今開いているページのアドレスを、メッセージやメールの文面に追加します。
  • B.「PDFをiBooksに保存」
  • 今開いているページをPDFにしてiBooksへ保存します。iBooksがインストールされている必要があります。ない場合はAppStoreから入手してください(無料)。
  • C.「その他」
  • 今開いているページのアドレスを転送するアプリを追加できます。タップすると、「アクティビティ」が開きますので、スライドオンして完了すればOKです。試しに、Twitterを追加してみます。
  • twitter3
  • Twitterのアイコンをタップすれば、あとはコメントを入れて投稿するだけ。LINEなどSNS系アプリでも、同じように追加すればリンク付の投稿ができます。おすすめサイトのお知らせをするのに便利です。
  • twitter4
  • D.「お気に入りに追加」「ブックマークを追加」
  • 今開いているページを、お気に入りやブックマークへ追加します。
  • E.「リーディングリストへ追加」
  • 今開いているページが、ブックマークするほどではないが後から読みたいという時は、ここをタップします。「リーディングリスト」に追加されて、そのページをいつでも開くことができます。
  • F.「ホーム画面に追加」
  • パソコンのショートカットアイコンと同じです。ここをタップすると、今開いているページへのリンクアイコンがホーム画面に追加されます。
  • link
  • ニュースサイト、天気予報など、頻繁にチェックするページのアイコンを作っておくと便利です。
  • G.「ページ内を検索」
  • ページ内の指定語句を検索できます。ヒット箇所が黄色で表示されています。
  • kensaku
  • ※共有アイコンメニュー内のアイコン表示順序を変更する
  • 「その他」→「アクティビティ」で表示される各項目について、順番を入れ替えることができます。ここで上にあげた項目ほど、共有アイコン立ち上げ時に、より左の方へ表示されます。よく使うものを上にあげておくと、共有アイコンメニュー使用の際いちいちスクロールしなくていいので便利です。
  • order3
  • 上記例は共有アイコンメニューの上段について設定していますが、下段の項目(お気に入りやブックマークなど)に対しても、下段の「その他」から設定すると、同じことができます。
  • order4

2.ブックマーク

タップすると、開いたウインドウの上の方に、アイコンで表示された3つのメニューがあります。

menu
  • A.ブックマーク(本のアイコン)
  • 登録済リンクや履歴の編集ができます。
  • ・それぞれの項目をタップすると、そのページを開くことができます。
  • ・左へスワイプすると削除ボタンが現れ、項目を削除することができます。
  • ・「お気に入り」をタップすると、お気に入りに登録しているリンク一覧が表示されます。表示された後の操作は上記と同じです。
  • okiniiri
  • ・「履歴」をタップすると、過去にこれまで閲覧したサイト履歴が表示されます。各項目をタップすると、そのページを開くことができます。
  • rireki
  • 履歴の削除もできます。各項目を左にスワイプ→削除ボタンでの個別削除もできますが、右下の「消去」をタップすると、立ちあがったメニューから履歴をまとめて消去できます。
  • rirekisakujo
  • B.リーディングリスト(メガネのアイコン)
  • ・リーディングリストに登録したリンク一覧が開きます。項目をタップすると、そのページを見ることができます。
  • readinglist
  • ・各項目を左にスワイプすることで、「未読にする」「既読にする」「削除」といった操作ができます。
  • kidoku_midoku
  • ・右下の「未読のみ 表示」をタップすると、リーディングリストから開いたページは非表示となります。読み残しを確認するのに便利です。再度タップ(表示が「すべて表示」に変わっている)すると、未読/既読に関係なく全て表示されます。
  • kirikae
  • C.共有リンク(@のアイコン)
  • RSS対応サイトを追加しておくと、の新着情報を表示します。Webサイトチェックの手間が省けます。対応しているかどうかは、サイトを開いた状態でブックマークアイコンを長押しし、メニューに「共有リンクに追加」が出るかどうかで判断できます。出なければそのサイトは非対応です。
  • kyoyuulink
  • Twitterアカウントなどにも適用できますが、やりすぎるとパケット量をものすごく消費することになるのでご注意ください。

3.ウインドウ追加・編集

タップすると下記のような感じで、今開いているサイトの一覧を確認することができます。

tsuika

  • ・見たいページをタップするとそのページが表示されます。
  • ・各ページ左上の「×」をタップするか、ページを左にスワイプすると、そのページを消すことができます。
  • ・下方の「+」をタップすると新規ページが追加されます(お気に入りが表示されます)。
  • ・「完了」をタップすると一番手前のページ(この場合だとGoole)が表示されます。
  • ・「プライベート」をタップすると「プライベートブラウズ」モードとなります。
  • privatemode
  • 画面の上下が黒くなっています。このモードを使うと、閲覧したWebサイトや検索の履歴が残りません。パスワードの入力履歴なども残りませんので、気になる方は使われてもいいかもしれません。

まとめ

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の使用方法についてご紹介しました。PC用のブラウザに比べると不便だと思われがちですが、実はいろいろな機能があり、使いこなせばかなり便利なアプリであることがわかります。デフォルトでインストールされていますし、使わない手はありません。Safariの多彩な技を駆使して、充実したiPhone生活を送りましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です