Home / iPhone / iPhoneに保存されている写真をパソコンに保存する手順

iPhoneに保存されている写真をパソコンに保存する手順

Pocket

1

この方法はWindows8.8.1での写真を保存する方法です。他のOSは少し仕様が違うのでご注意下さい。

iPhoneに保存されている写真をパソコンに保存する手順について説明しています。これらの説明の前に一つしとかないといけないことがあります。まずiTunesでiPhoneの自動同期設定を解除することです。

これをしておかないと、iPhoneをパソコンに繋げた時、自動でパソコンとiPhoneの同期が始まってしまい、iPhone内のデータが消えてしまう恐れがあるからです。

解除の方法は簡単です。iPhoneを繋げないで、iTunesを起動し、左上の(赤○1)の部分を押します。そして、設定をクリックします。するとポップアップが出てきます(写真1)(青○)のデバイスのタブをクリックし、「iPod,iPhone,およびiPadを自動的に同期しない」にチェック(紫○3)を入れ「OK」をクリックします。これで完了です。

では、写真の保存作業について説明していきましょう。方法は2つありますので順番に説明していきます。

スポンサーリンク

1、ケーブルで繋ぐ方法

iPhoneをUSBコードで繋ぎます~いつも充電するコードです。初めてiPhoneとパソコンを繋いだ時はiPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」の文字がでますので、信頼するをタップして下さい。すると、パソコン右上に青い文字で「ここをタップ」とでますので、タップし、その中から画像の取り込みを選び、Play Memory Homeの初期設定をして下さい。1、2分で終わります。

2

3

すると、以下のような画面が現れます。すべてを取り込むか、選んで取り込むかをチョイスして、保存先を参照で選ぶことができます。そのままだとピクチャに保存されます。「取り込み開始」を押すと取り込みが開始します。時間は容量によって違います。数分から10分程度かかる場合もあります。

4

すると図2の画面になります。この時点で、すべて取り込むか、選択して取り込むかを決めて下さい。保存先は何もしないなら、ピクチャへ行きますが、参照を押して自分の取り込みたいフォルダに決めることもできます。あとは、取り込み開始を押せば自動で始まります。時間は容量によって違うのですが2,3分から10分程度で終わります。

2、PCメニューをクリックして保存する方法

こちらもケーブルで繋ぐのですが、どちらも、慣れればそんなに難しくはありません。その前に買いたてのパソコンではPCメニューが表示されていないので、それを出す方法を説明します。

デスクトップの何も無い所で右クリックします、一番下の「個人設定」をクリックするとコンピュータの「視覚効果と音を変更します」が立ち上がり、左上のデスクトップアイコンの変更をクリックします。するとポップアップの画面が立ち上がります。

5

6

私は、コンピュータの他、ごみ箱、ユーザーのファイル、コントロールパネルにもチェックを入れています。色々便利ですよ。最後にOKを押して終了です。簡単でしょ?では、説明に入ります。Phoneとパソコンをケーブルで繋ぎます。次にPCメニューをクリックして、iPhoneを右クリックします。

7

するとメニューが出てきてその中から、「画像とビデオのインポート」をクリックします。すると「画像とビデオのインポート」のポップアップが立ち上がります。

8

次へを押すと「○○個の新しい画像とビデオが見つかりました」と表示が変わります。さらに、次へを押すと、「インポートするグループを選択して下さい」と変わります。ここで、入れたい画像にチェックを入れたり、名前を変えることができます。これらが終わったらインポートを押すとパソコンのピクチャに保存されています。

9

以上で説明は終わりです。

蛇足ですが、私は。ウインドウズ10にアップデートして難儀な目に遭いました。市販ソフトやベクター等からダウンロードしている方は、ウインドウズ10がそのソフトが10に適応しているか確認してからアップデートされることをおすすめします。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です