Home / iPhone / iPhoneで撮影した写真をパソコンに転送する一番簡単な方法

iPhoneで撮影した写真をパソコンに転送する一番簡単な方法

Pocket

yuka0i9a1561_5_tp_v

私はiPhoneユーザーになってからというもの、デジカメを使わなくなってしまいました。iPhoneさえあればデジカメを持ち歩かなくても高画質な写真が手軽に撮影できるからです。

その手軽さゆえ、いつの間にやら何枚もパシャパシャと大量撮影しています。ですが、撮った写真を何処かへ移さないままにしておくと、ストレージ容量がすぐいっぱいになってしまいますし、画像の加工や印刷はPCでやったほうが楽だし、撮った写真をPCへ移したいですよね。

ここでは、iPhoneで撮影した写真をPCに転送する方法をご紹介します。様々な方法がありますが、今回は一番直感的でわかりやすい、ケーブルでPCと直接接続する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

今回使用した環境

下記デバイスおよびOSを使用しています。バージョン違いにより若干の相違があるかもしれませんが、大きなところは同じです。

  • iPhone:iPhone5c,iOS9
  • PC:Windows7

ケーブルでiPhoneとPCを直接繋ぐ

Ligthtningケーブル(iPhone付属品)を使い、iPhoneのLigthtningポート(ドックコネクタとも言います)とPCのUSBポートを繋ぎます。デジカメの写真取込と全く同じ感覚ででき、最もシンプルかつ直感的な方法です。

1.接続箇所およびケーブル

2.接続後の手順(方法1)

手動でiPhone内のフォルダを開き、PC上の任意のフォルダにコピーまたは移動する方法です。転送させたい画像のみ確実に移すことができ、エクスプローラの感覚で操作できますので、簡単に行えます。

  • 1) 接続すると、PCがiPhoneを認識し、下記フォルダが出現します。少し時間がかかる場合がありますのでご注意ください。
  • connect1
  • 2) 「デバイスを開いてファイルを表示する」を選択すると、エクスプローラが開きますので”Internal Storage”をダブルクリックしてください。
  • connect2
  • 3) “DCIN”フォルダが現れますのでこれをダブルクリックしてください。
  • connect3
  • 4) 下記ウインドウが表示されます。各フォルダ内に画像が収められています。
  • connect4
  • 5) ここから先は、エクスプローラの操作と全く同じです。右クリック→コピー(C)または切り取り(T)→PC上の任意のフォルダにペーストでOKです。
  • connect5
  • 【DCIN内のフォルダ数について】
  • 上記例では”100APPLE”~”102APPLE”の3つのフォルダがあります。このフォルダはiPhoneを再起動する度に増えるようで、必ずしも3つとは限りません。また、保存先のフォルダは画像の時系列順ではなく、どうやらランダムのようですが、一度で転送した複数画像が各フォルダにバラバラにおさめられることはありません。

接続後の手順(方法2)

Windowsの機能である「画像とビデオの取込(インポート)」を使う方法です。大量の画像を一気に転送する場合は便利ですが、iPhone内の全画像が転送されますのでご注意ください。

  • 1) (手順その1)と同様に、iPhoneとPCを接続します。
  • 2) 「画像とビデオの取込」を選択します。
  • import1
  • 3) 画面右下にウインドウが開き、読込が始まるのでしばらく待ちます。読込が終わると、下記のようになります。
  • import2
  • 4) 読み込み(M)ボタンを押すと転送が始まります。ファイル名を一貫させたい場合は、「これらの画像をマーク」に任意の名前を入力してください。※ファイル名は”任意の名前+連番”となります。
  • import3
  • 【読み込み設定について】
  • 「読み込み設定」で、保存先やフォルダ名、ファイル名を設定することができます。取込前に設定してください。また、デフォルトではPCへ転送後、iPhone側の画像を全て消去する設定となっています。消去したくない場合は「読み込み後にデバイスから消去する(E)」にチェックを入れておいてください。
  • import4

注意点

iPhone側で「許可しますか?」という画面が出る場合

iPhoneとPCを接続した際、「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」と表示される時があります。

keikoku

「許可」を選択すると、上記転送は普通に行うことができます。「許可しない」を選択すると、PC上でDCINフォルダを開いても下記の如く何も見えない状態になります。

keikoku2

一度「許可しない」を選択してしまうと次回以降、iPhoneとPCを接続しても「このデバイスに・・・」画面が出なくなり画像転送等ができなくなります。間違って「許可しない」を選択してしまった場合の対処法を下記に示します。

  • 1) 設定をタップします。
  • kaijo1
  • 2)「一般」を選択します。
  • kaijo2
  • 3) 一番下までスクロールし、「リセット」をタップします。
  • kaijo3
  • 4) 「位置情報とプライバシーをリセット」をタップします。
  • kaijo4
  • 5) パスコードを設定している場合は入力を求められるので入力します。
  • 6) 「設定をリセット」をタップします。
  • kaijo5

ケーブルを再接続すると、「このデバイスを・・・」画面が再び表示されるようになります。

Lightningケーブルについて

Lightningケーブルは、iPhoneを購入時付属品として入っていますが、このケーブルはあまり強くなく、使っているうちにケーブル内部が断線して接触が悪くなることが多いです。断線によって接続が不安定になると画像の転送に支障を来し、最悪の場合ファイル消失/破損も考えられますので、断線を感じるようになったら早めの交換をお勧めします。

純正品以外にも様々なケーブルが販売されていますので、価格や性能でお好きなものを選べばよいと思います。フラットケーブル状になっているものの方が断線に強くお勧めです。ただし、お使いの環境によってはiPhoneを認識しない等、接続がうまくいかない場合もありますのでご注意ください。私が使っているケーブルは下記のようなフラットケーブルタイプで、ワゴンセールで1000円以下で購入しましたが、2年以上問題なく使えています。

cable

ケーブルを使わない方法

ケーブルを使わない方法としては、iCluodを利用した「フォトストリーム」と呼ばれるものがあります。iPhone側で

    • 1) 「写真」をタップ
    • 2) 画面下の「アルバム」をタップ

上記1)2)を操作すると、「マイフォトストリーム」というカテゴリを確認できます。

photostream

iPhoneがWi-Fi環境下に入ると、このカテゴリ内の画像が全て、PC側の「フォトストリーム」というフォルダ内へ自動転送(同期)されます(PC側の「フォトストリーム」は、エクスプローラにて確認できます)。ケーブルが不要なのでその点では便利ですが、下記に注意します。

  • ・Wi-Fi環境下でしか使用できない
  • ・ネットワーク経由となるため、表示されるまでに若干時間がかかる
  • ・不要な画像まで転送してしまう

Lightningケーブルが不要なので便利と言えば便利ですが、転送したい枚数が少ないのであれば、PCとiPhoneを直接ケーブルで繋ぐ方法のほうが、簡単かつ早くできると思います。

まとめ

iPhoneで撮影した写真をPCへ転送する方法をご紹介しました。LightningケーブルでPCとiPhoneを直接繋ぐ方法であれば、デジカメの延長感覚で操作できますので、PCやスマホに特に詳しくなくても、やり方は頭の中にすんなり入ってきます。ケーブルが必要という煩わしさはあるもの、個人的にはこちらの方が素早くでき、おすすめです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です