iPhoneでメモリをクリアして動作を軽くする方法

LINEで送る
Pocket

f17f3eb2c785b453dd685ff13ef9e4b7_s

今回は、iPhoneでメモリをクリアして動作を軽くする方法について紹介していきます。「最近、iPhoneの動作が重い、、」「購入当時に比べるとサクサクと動かなくなった、、」など、iPhoneの動作の遅さに不満がある方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

メモリをクリアして動作を軽くする方法

バックアップで動いているアプリを完全に終了させる

iPhoneのバックグラウンドで動いている各アプリを完全に終了させることで、iPhoneのメモリ消費を抑え動作を軽くすることができます。日々、iPhoneの各アプリを使いますが、画面を閉じただけではアプリの動作は完全に終了しておらじ、表に出ていないだけでアプリは動いています。

アプリが動作していることにより、当然iPhoneのメモリは消費されており、バックグラウンドで動いているアプリが多ければ多いほどメモリ消費が多くなりiPhoneの動作に影響がでる可能性があります。バックグラウンドで動作しているアプリを完全に終了する方法は、iPhoneのホームボタンを2回連続で押します。すると、バックグラウンドで動作している各アプリが画面に表示されます。

完全に終了させるためには、アプリ画面を上にスワイプしていきます。スワイプして画面から消えたら完全に終了した証です。この方法で、今バックグラウンドで動いているアプリをすべてスワイプし完全に終了をさせていきましょう。そうすることで、アプリの動作によるメモリ消費をなくし、iPhoneの動作を軽くすることができます。簡単できる操作なので、普段から定期的におこなうようにすると良いです。

設定で視覚効果を減らす

iPhoneの視覚効果を減らす設定をすることで、メモリ消費を少なくすることができます。特に最近のiPhoneではホーム画面がiPhoneを持つ角度によって画像が動いたり・傾いたりしたり、画面を閉じたり、開いたりする際も特殊な画面切り替えの表示になったりと、視覚効果が働くような設定となっています。

この設定があることで、楽しめる部分もたくさんありますが、設定があることにより、iPhoneのメモリも消費し、iPhoneの動作が重くなってしまいます。したがって、この視覚効果を減らすことにより、メモリ消費が抑えることができ、iPhoneの動作も軽くなります。視覚効果を減らす方法は、iPhoneの設定アイコンを開き、一般を選択します。

次に、アクセシビリティを開きます。そして、「視覚効果を減らす」が最初はオフになっていますのでオン設定に変更します。これで、視覚効果が減らされますので、メモリ消費を抑えることができます。これにより、ホーム画面の画像がiPhoneの角度により傾いたりしなくなります。また、各画面を開く際や閉じる際も、視覚効果のないシンプルな動作になります。

キーボード設定を簡素化する

iPhoneのキーボード設定は、実はいろいろな機能が付いており、メモリを消費しています。意外にキーボードにはそこまで機能は重視しない人が多いので、機能を外し極力簡素化してメモリ消費を抑えるようにしましょう。

キーボードの設定を変更するには、設定アイコンから一般を選択します。そして、キーボードを選択します。すると、自動修正や文字プレビュー、音声入力、自動大文字入力、スペルチェック、Caps Lockの使用、、、など、いろいろな機能が一覧として表示されています。

これらの各機能で必要のないものはオフ設定に切り替えるようにしましょう。そうすることで、iPhoneの動作が軽くなりますし、さらに、キーボードを使って文字入力する際もよりスピーディに入力していくことができます。

iCloudの同期を少なくする

iPhoneの1つの特徴でもありますiCloud。何もしなくてもWi-Fiネットワーク接続環境であれば、自動で写真や連絡先、メール、カレンダーなどがiCloudに保存され、他の端末からもアクセスできるようになります。

iCloudは、iPhone端末のデータが消えた際に、バックアップにもなりますので非常に便利なシステムなのですが、iCloudを使うことによりiPhoneのメモリが消費され、iPhoneの動作に影響を与えてしまいます。そのため、iCloud設定を解除、または少なくすることにより、メモリ消費をを少なくしiPhoneを軽くすることができます。

iCloudの設定変更の仕方は、設定アイコンより一般を開きます。そして、iCloudを選択します。連絡先やメール、リマインダー、カレンダー、メモ、Safariなど、iCloudで同期することができる各項目一覧が表示されています。ここで、同期するのに必要のないものはオフ設定に切り替えましょう。

全項目のオフ設定は難しかったとしても、いくつかオフ設定にするだけでも、iPhoneのメモリ消費をを抑えることができます。人によりますが、メモやWallet、リマインダーなど、あまり使っていないものがあればそれらをオフ設定に切り替えると良いでしょう。

iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動させることで、不要なメモリを削除することができ、不要なアプリのバックグラウンドでの動きも終了させることができます。再起動は簡単におこなうことができますし、初期化と異なり、iPhoneのデータが消える心配もありません。

iPhoneを再起動する方法は、スリープボタンを長押しするだけです。スリープボタンを長押しすると、画面に「電源オフ」の表示とスライドが表示されますので、表示通りスライドさせることで電源がオフになります。少し時間を置いて、再度、スリープボタンを長押しすると電源が入りiPhoneの再起動の完了となります。iPhoneの調子がおかしいときなども、再起動することで状態が改善されることはよくあります。

専用アプリを使う

iPhoneのメモリを抑え軽くするための専用アプリがあります。専用アプリを使うと、メモリ消費を抑えiPhoneを軽くするための作業をすぐにおこなってくれます。

また、メモリ消費量や、何がどれくらいメモリを消費しているか?という詳細まで知ることができます。有料のものもありますが、専用アプリを使うことで、日々メモリ消費を管理していくこともできます。

iPhoneを初期化する

最終手段にはなりますが、iPhoneを初期化することにより、iPhoneを購入当時の状態にリセットすることができます。これにより、端末内のデータやアプリなども消去されますので、メモリも最大の状態に戻ります。初期化することで、iPhone端末内のすべてのデータが消えてしまいますので、必ずバックアップを取っておく必要があります。初期の状態にすべてが戻ってしまいますので、あくまで最終手段となります。

iPhoneを初期化したい場合は、設定を開き、一般を選択します。そして、一番下にあるリセットを開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。あとは、パスコードを入力すれば、iPhoneの初期化が完了します。初期化されたあとは、購入時同様、初期設定からスタートとなります。

まとめ

今回、iPhoneでメモリをクリアして動作を軽くする方法について紹介いたしました。どの方法も簡単におこなえてメモリ消費を抑えることができますので、iPhoneの動作が遅いな、、と感じている方は、1度、試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です