Home / Apple / iPhone / アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

Pocket

iPhone2

今回は、アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法についてご紹介いたします。iPhoneは保証内容が充実しており、故障内容や条件によっては、iPhoneを無償交換してもらうことができます。

各条件と保証内容、手続き手順について記していますので、iPhoneを使用していてご存知ない方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneを無償交換してもらえる条件

無償交換できる条件:①Appleの保証期間であること

iPhoneを無償交換するためには、Appleの保証期間に加入していないといけません。Apple製品限定保証であれば購入日から1年間が保証対象期間になります。

また、AppleCare+for iPhone保証に加入するとことで、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。

まず、これらの各保証期間内であることが条件となります。これらの保証期間であれば、仮に無償交換できなかったとしても、サービス料金で修理することができます。

特に、AppleCare+for iPhoneの保証は任意となりますので、加入しているかどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

使用しているiPhoneの保証期間があとどれくらいあるのか確認することもできます。Appleの公式ホームページに保証期間を確認するサイトがありますので、そこでシリアルナンバーを入力すれば、残りの保証期間や保証の有無をすぐに確認できます。

無償交換できる条件:②外的損傷や破損がなく、iPhone自体に問題がある場合

故障した際も、故障内容によって無償交換できるかどうかが決まります。故障内容というのは、iPhoneが故障した原因が故意や過失がある場合は無償交換にはならず、iPhone自体に問題があって故障した場合は無償交換対象となります。

また、故意や過失がなくてもiPhoneの外的損傷や破損がある場合は、iPhone自体に無償交換が認められるような故障の直接的な原因があったとしても無償交換の対象から外れますので注意が必要です。

あくまで、iPhone自体に故障の原因がある場合でしか無償交換対象にはなりませんので、使っていて物にぶつけたり、濡らしてしまったり、落としたりしたことによる損傷や破損が原因の故障は対象外です。

極端な話、購入したばかりなのに、iPhoneが動かなくなった、、など、明らかにiPhone自体に問題がある場合しか無償交換にはなりません。

わざとではなくても使っている最中に故障させてしまった場合や、使い方が雑で破損した場合などは有償となりますので、覚悟しておきましょう。。

また、故障の直接的な原因がiPhone自体にあっても、物にぶつけたり、濡らしたり、落としたりしたことによる外的損傷や破損が見受けられる場合は無償交換ができませんので注意してください。

基本的には、無償交換できるハードルは高いです。

無償交換してもらえるには①と②の両方の条件が必要

iPhoneを無償交換してもらえるには、①の「Appleの保証期間内であること」と、②の「外的損傷や破損がなく、iPhone自体の問題で故障した場合」の両方の条件が揃っている場合のみです。

そのため、Appleの保証期間内であったとしても、落下や水没など明らかに自身の扱い方が問題で故障、破損した場合に関しては有償交換になってしまいます。

また、iPhone自体の問題と思われる故障だったとしても、保証期間外であったり、外的損傷や破損が見受けられる場合には、無償交換の対象になることはありません。

あくまで①と②の条件が揃っている場合のみが無償交換の対象となることを把握しておきましょう。

条件が限定的ですので、保証期間は極力長く加入していた方が無償交換でも有償交換でも得する可能性が高いと言えます。

iPhoneを無償交換する際の手続き方法

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

故障なのか心配!iPhoneに検索中の表示がある場合の原因と対処法7つ

iPhoneに「検索中」と表示 …

Facebookでのご購読が便利です