アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法

LINEで送る
Pocket

iPhone2

今回は、アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法について紹介いたします。iPhoneは保証内容が充実していますが、故障内容や条件によっては、iPhoneを無償交換してもらえます。

各条件と保証内容について記していますので、iPhoneを使用していてご存知ない方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneを無償交換してもらえる条件

無償交換できる条件:①Appleの保証期間であること

iPhoneを無償交換するためには、Appleの保証期間に加入していないといけません。Apple製品限定保証であれば購入日から1年間が保証対象期間になります。

また、AppleCare+for iPhone保証に加入するとことで、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。

まず、これらの各保証期間内であることが条件となります。これらの保証期間であれば、仮に無償交換できなかったとしても、サービス料金で修理することができます。

特に、AppleCare+for iPhoneの保証は任意となりますので、加入しているかどうかは事前に確認しておくと良いでしょう。

使用しているiPhoneの保証期間があとどれくらいあるのか確認することもできます。Appleの公式ホームページに保証期間を確認するサイトがありますので、そこでシリアルナンバーを入力すれば、残りの保証期間や保証の有無をすぐに確認できます。

無償交換できる条件:②iPhone自体に問題がある場合

故障した際も、故障内容によって無償交換できるかどうかが決まります。故障内容というのは、iPhoneが故障した原因が故意や過失がある場合は無償交換にはならず、iPhone自体に問題があって故障した場合は無償交換対象となります。

あくまで、iPhone自体に故障の原因がある場合でしか無償交換対象にはなりませんので、使っていて物にぶつけたり、濡らしてしまったり、落としたりしての故障は対象外です。

極端な話、購入したばかりなので、iPhoneが動かなくなった、、など、明らかにiPhoneに問題がある場合しか無償交換にはなりません。

わざとではなくても使っている最中に故障させてしまった場合や、使い方が雑で破損した場合などは有償となりますので、覚悟しておきましょう。

基本的には、無償交換できるハードルは高いです。

無償交換してもらえるには①と②の両方の条件が必要

iPhoneを無償交換してもらえるには、①のAppleの保証期間内であることと、②のiPhone自体の問題で故障した場合の両方の条件が揃っている場合のみです。

そのため、Appleの保証期間内であったとしても、落下や水没など明らかに自身の扱い方が問題で故障したり破損したした場合に関しては有償交換になってしまいます。また、iPhone自体の問題と思われる故障だったとしても、保証期間外であれば、無償交換の対象になることはありません。

あくまで①と②の条件が揃っている場合のみが無償交換の対象となることを把握しておきましょう。

条件が限定的ですので、保証期間は極力長く加入していた方が無償交換でも有償交換でも得する可能性が高いと言えます。

iPhoneを無償交換する際の手続き方法

①まず、iPhoneの保証期間があとどれくらいあるのか調べましょう

事前に使っているiPhoneの保証期間があとどれくらいあるのか確認しておきましょう。Appleの公式ホームページから簡単に調べることができます。

調べる時に、iPhoneのシリアル番号が必要になりますので、シリアル番号も確認します。

シリアル番号は、設定を開き、一般を選択し、情報を開きます。すると、アルファベットと数位の組合せのシリアル番号が記載されています。

そしてAppleの「保証状況とサービス期間を確認する」というページを開きます。

開くと、シリアル番号入力欄がありますので、そこに先ほど確認したシリアル番号を入力します。すると、iPhoneの残りの保証期間がすぐに表示されます。

この方法で確実に保証期間内であることを事前に確認します。万が一、保証期間外であれば、予想に反して修理料金がかかってしまうことがあります。

②Appleカスタマーセンターへ連絡する

Appleカスタマーセンターへ連絡し、今の状況を正確に伝えましょう。そのうえで近くにAppleStoreがある場合は持込み、ない場合は郵送で対応します。

③AppleStoreへ持って行く

近くにAppleStoreがある場合は、事前予約したうえでiPhoneを持って行きましょう。

そして、スタッフにiPhoneの故障状況などを確認してもらいます。故障状況の確認により、無償交換対象なのか有償交換対象なのかが分かります。もし、無償交換対象の場合はその場で新しいiPhoneに交換してもらえます。

データ移行などもしてくれます。もし、無償交換対象の故障等でないと判断された場合は、有償交換となります。

その場合は、店頭では修理できないですので、Appleの修理センターへ店舗から郵送されて修理となります。修理が完了し戻ってくるまでに1週間程時間がかかります。

配送の場合も同様です。配送の時の方が時間がかかることが多いです。Appleのホームページ、または、電話で配送修理を頼みます。依頼が完了するとApple指定配送業者が自宅にiPhoneを受取りに来ます。

業者の配送員にiPhoneを渡せばあとは修理が終わって戻ってくるのを待つだけです。その後、無償交換対象か否か確認後、無償交換対象の場合もそうでない場合も1週間ほどで新しいiPhone、または修理済みのiPhoneが送られてきます。

iPhoneの保証内容

製品限定保証と任意のAppleCare+for iPhone保証

iPhoneには、製品購入後1年間必ずついている製品限定保証があります。新しくiPhoneを購入した際は必ず1年間加入となります。さらに、90日間は、無償でAppleスタッフより使い方や操作に困ったときの電話サポートを受けることができるようになっています。

この期間中はiPhone自体に問題があって故障した場合は無償交換対象となります。しかし。水に濡れたり落として破損した場合は、保証加入者のみのサービス料金でiPhoneの修理を受けることができます。

さらに、AppleCare+for iPhoneという任意の保証に加入している場合は、保証とサポートがiPhone購入日からプラス1年の2年間に延長されます。

さらに、AppleCare+for iPhoneの保証に加入している場合は、特典として通常有料のエクスプレス交換サービスが無料で利用できるようになります。

エクスプレス交換サービスといのうは、iPhoneを修理するためにAppleにiPhoneを送っている間、iPhoneが戻ってくるまで別の代替機が届くことです。

これによりiPhoneをAppleに送っている間もスマホがない、ということを防ぎ、不自由なく使うことができます。代替機のiPhoneは配送業者が自宅に届けてくれます。

まとめ

今回、アップルストアでiPhoneを無償交換してもらえる条件と手続き方法について紹介いたしました。

無償交換になる条件はかなり限定はされますが、内容によっては無償交換対象となりますので、事前に確認をしておきましょう。

また、仮に有償交換の場合も保証期間内であれば、サービス料金で修理を受けることができますので、保証期間内かどうかは確認しておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です